下町の風情が薫る日本橋!とっておきの観光スポット15選をお届け!

画像出典:momo / PIXTA(ピクスタ)

下町の風情が薫る日本橋!とっておきの観光スポット15選をお届け!

古くから交通・商業の中心地であった日本橋は、どこかレトロでシックな街。そんな下町風情豊かな日本橋、実はひそかな情報発信地なんですよ。老舗百貨店の三越や高島屋と共に、トレンド最前線のコレド室町やコレド日本橋が建ち並ぶなど伝統と流行が心地よく混ざり合い、日々進化を続けています。江戸情緒や、文明開化の頃を思わせるような、美味しいグルメやおみやげもたくさん。そんな日本橋の魅力スポット15選をお届けします!

アクセス便利な立地にある日本橋は宿泊に最適!
▶東京・日本橋でおすすめのホテル9選!手頃なホテルからプレミアムなホテルまで

目次

下町の風情が薫る日本橋!とっておきの観光スポット15選をお届け!

目次を閉じる

1. 日本橋

出典: momo / PIXTA(ピクスタ)

日本橋の観光なら、まずはここから。「お江戸日本橋」とうたわれたように、江戸時代は東海道における旅の起点であった日本橋。最近では箱根駅伝の帰路としても、注目されるようになってきましたね。

街の顔ともいえる石造二重アーチ構造の日本橋は、1911年(明治44年)につくられたもの。2011年(平成23年)に架橋100周年を迎えました。橋の真ん中で街を見守ってきたのは、翼のある麒麟像。この麒麟像、映画化された東野圭吾氏の小説『麒麟の翼』でも脚光を浴びました。少し足を伸ばすと、作品の中に登場した小網神社にもお参りできますよ。

この日本橋をはさんで、北が三越、南が高島屋と2つの老舗百貨店が建ち並んでいます。まずは、北の三越エリアから見ていきましょう。

2. 日本橋三越本店

出典: つきのさばく / PIXTA(ピクスタ)

日本橋の北エリアの重要ポイント、日本橋三越本店。ここ三越、じつは日本でいちばん最初にエスカレーターが設置された場所でもあるんです。1914年(大正3年)のことでした。現在の建物は、1935年(昭和10年)に完成しました。1999年(平成11年)には、「東京都選定歴史的建造物」にも選ばれたんです。日本橋にはこんな風に歴史ある建造物が多いので、観光でははずせませんね。

正面玄関で出迎えてくれるのは、「三越の守護神」でもある勇壮なライオン像。銀座店をはじめ、他の三越にあるライオン像は、ここ日本橋三越本店のものがもとになっているそうです。吹き抜けの中央ホールには、4階までそびえる天女像が。毎週金・土・日には、午前10時30分、正午、午後3時の1日3回、パイプオルガンの生演奏もおこなわれます。また毎年12月末には、一年のしめくくりとしてベートーヴェンの『第九』の生演奏もされるんですよ! 

3. 日本銀行本店 本館

出典: J6HQL / PIXTA(ピクスタ)

日本橋は江戸時代以降、商業や金融の中心地でした。明治時代になってから通貨制度が変わってから今日にいたるまで、国の経済の中枢を担っているのがここ、日本銀行本店本館です。国の重要文化財に指定されている日本銀行本店本館は、事前に予約をしたうえで見学することができます。

大学生以上、10名以上のグループで申し込むと、レクチャー付きの見学も可能ですよ。見学可能なのは月曜日から金曜日まで(年末年始を除きます)。見学希望日の3ヶ月前から1週間前までに、情報サービス局へお電話でお申込みください。国の重要文化財を見学するなんて他になかなかできない体験ができるのも、日本橋観光ならではですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

日本橋でおすすめの記事

日本橋のアクセスランキング