石川県白山市のお祭り4選!かわいい雪だるまから一向一揆を偲ぶお祭りまで

画像出典:tenjou / PIXTA(ピクスタ)

石川県白山市のお祭り4選!かわいい雪だるまから一向一揆を偲ぶお祭りまで

石川県白山市は、金沢市の南に隣接する旧松任市などを含む地域。市名のもととなっている白山は、岐阜県にまたがる日本三名山のひとつで、美しく雄大な山容は昔から多くの人を魅了してきました。その麓に広がる白山市には、古くから伝わる伝統行事やお祭りが多いんですよ。

この記事では、そんな白山市で行われるおすすめのお祭りをご紹介しましょう。

目次

石川県白山市のお祭り4選!かわいい雪だるまから一向一揆を偲ぶお祭りまで

1. 白山まつり

白山まつりは毎年7月中旬の土日に、白山の麓の白峰温泉で開かれます。1300年前に泰澄大師が白山を開山したことに由来するお祭りで、白山が国立公園に指定されたことを記念して1965年から続けられています。

1日目は「かんこ踊りの夕べ」 、2日目は「延命水山台曳き」 や「延命水振舞い」などが行われます。かんこ踊りは、白山から無事下山した泰澄大師に歓喜して村人が踊った舞が発祥で、国指定選択文化財にも指定されています。ステージではこのかんこ踊りのほかにも、白峰・桑島に伝わる多くの民謡踊りが披露されます。

また延命水山台曳きは、お祭りの日の朝に汲まれた延命水と呼ばれる沢水を詰めた酒樽を山車に乗せ、町の人が総出で中央会場まで曳いて行くというもの。大きな山車が見どころです。その後、延命水は見物客に振る舞われます。泰澄大師の下山の様子を再現した泰澄行列では、山伏がほら貝を吹き、弟子や農民に扮した人たちがたいまつを持って町を歩きます。とても見どころの多い白山ならではのお祭りです。

2. 雪だるま祭り

雪だるま祭りは、石川県白山市白峰地区と桑島地区で、毎年2月上旬に行われるお祭りです。1990年に町おこしの一環として青年団が中心になって始めたイベントで、年々趣向を凝らした雪だるまがたくさん作られるようになり、今では日本全国から多くの人が集まるお祭りとなりました。

制作される雪だるまの数はおよそ2000個にもなるのだとか!夜になると雪だるまに一斉にろうそくが灯され、幻想的な雰囲気に包まれますよ。ほかにも地元の商店街や小中学生が地元特産品を使った飲食のお店を出すので、食べ歩きも楽しみの1つです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

白山市でおすすめの記事

白山市のアクセスランキング