【サウジアラビアの治安】渡航する際には現地のルールを必ず守ろう!

【サウジアラビアの治安】渡航する際には現地のルールを必ず守ろう!

2019年9月27日、観光目的で渡航する日本国民に対してビザを発給開始するというニュースが流れ、注目を浴びているサウジアラビア。アラビア半島の85%を占める広大な敷地を持ち、イスラム教徒にとって大切な巡礼の地メッカがあることでも知られています。中東の国々の中では比較的治安が良好で、歴史都市ジッダ、ハーイル地方の岩絵などの世界遺産や、各地に魅力的な観光スポットが多数あります。しかし、サウジアラビアはイスラム教の戒律を厳格に守っている国。ここではサウジアラビアの治安と、訪れる際の注意事項をまとめました。

※2019年11月現在の情報です。公式サイトで必ず最新の情報をご確認ください。

目次

【サウジアラビアの治安】渡航する際には現地のルールを必ず守ろう!

目次を閉じる

日本国民を含む一部外国人に対する観光ビザ発給開始!

サウジアラビア政府は2019年9月27日、日本国民を含む一部外国人に対して観光ビザを発給することを発表しました。滞在日数90日間を上限として観光目的で渡航する日本国民に対して観光ビザが発給されます。ビザの詳細については、在サウジアラビア日本国大使館などのホームページ等で最新情報を確認してください。

また、在サウジアラビア日本国大使館のホームページには、入国審査、通関、服装や滞在中の注意事項なども記載されています。

海外安全情報をチェックしよう

サウジアラビアの渡航危険レベルは、ほぼ全域がレベル1(十分注意)です。しかし、隣接しているイラクやイエメンの国境付近はレベル3(渡航中止勧告)と上がっているため、サウジアラビアに訪れてもその付近は近寄らないでください。

サウジアラビア各地では2015年以降、イスラム過激派組織によるモスクや政府機関への自爆テロ・銃撃テロ事件が発生。また、サウジアラビア東部州の一部などでは抗議デモなども行われています。渡航の際には外務省の海外安全情報を確認の上、テロなどに巻き込まれないよう注意してください。

ラマダン(断食月)やイスラム教の宗教行事がある時に事件が起きやすいので、この時期に渡航される方は人が多く集まる場所へ近づかないなど注意が必要です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

サウジアラビアでおすすめの記事

サウジアラビアのアクセスランキング