西欧にも黄金郷として知られたアフリカの都!マリの世界遺産トンブクトゥ

画像出典:クール 村岡 / PIXTA(ピクスタ)

西欧にも黄金郷として知られたアフリカの都!マリの世界遺産トンブクトゥ

西アフリカのニジェール川中流域にあるマリ共和国中部の街トンブクトゥ。マリ帝国やソンガイ帝国の時代にサハラ交易で繁栄し、西欧からも「黄金の都」として知られる都市でした。16世紀以降は次第に衰退してしまいましたが、その独特の文化と歴史的建造物は「人類の歴史上重要な時代を例証するもの」として、1988年にユネスコの世界遺産に登録されています。

トンブクトゥが最も栄えたのは15世紀ごろ。サハラ砂漠の南側にあるトンブクトゥは、北方からキャラバンによって運ばれた岩塩と、ニジェール川の水路で運ばれてきた南部の金の交易が行われた場所。塩と交換された金は欧州へと運ばれ、黄金郷としてその名を轟かせたのです。

目次

西欧にも黄金郷として知られたアフリカの都!マリの世界遺産トンブクトゥ

目次を閉じる

トンブクトゥとは?

出典: www.istockphoto.com

世界遺産のオアシス都市トンブクトゥは、もともとはサハラ砂漠を越えての隊商交易を生業とするトゥアレグ族の野営地でした。アフリカ中部の金や象牙と、砂漠の北から伝えられる岩塩や馬、鉄製品などとの交易が盛んになると、双方の交易品が集まる集積基地として発展。13世紀以降、現在のマリ周辺に興ったマリ帝国やソンガイ帝国の富の源泉となりました。

しかし、15世紀に大航海時代を迎え、アフリカ交易の中心が陸路から海路にシフトすると、トンブクトゥは急速に衰退することになります。1592年にはソンガイ帝国が、1645年にはマリ帝国が滅び、トンブクトゥはますます荒廃。19世紀にこの町を訪れたヨーロッパ人は、トンブクトゥを「泥の街」と表現しました。

トンブクトゥへのアクセス

トンブクトゥには空港がありますが、唯一就航していたエール・マリが2012年から休止しているため、現在のところ空路の利用はできません。

マリの首都バマコからは、途中のモプティを経由して陸路で行くことになります。バマコからモプティまではバスでおよそ8時間ほどです。モプティからトンブクトゥへは、車をチャーターするのが一番。そのほか、この地を流れる大河ニジェール川を利用する乗合船があるので、これを利用する方法もあります。

日本からバマコへ向かうのに最も便利なのは、エールフランスでパリを経由するルートです。日本から1回の乗り継ぎで行けるルートはこれだけです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マリでおすすめの記事

マリのアクセスランキング