イスラエル南部に広がる世界遺産!ネゲヴ砂漠の香の道と都市群

画像出典:Inspired By Maps/shutterstock

イスラエル南部に広がる世界遺産!ネゲヴ砂漠の香の道と都市群

GoToキャンペーンバナー

イスラエル南部のネゲヴ砂漠に位置する世界遺産「ネゲヴ砂漠の香の道と都市群」。その歴史は古く、紀元前2世紀頃から紀元3世紀の頃まで遡ります。代々ナバテア人が暮らしていたこの地は、乳香や没薬といった香料の交易を中心に、とても栄えた都市でした。現在のペトラやガザ、エイラートからは、かつてのネゲヴの都市群を結ぶ交易路が確認されており、交易が盛んであったことを示唆する遺跡が多く残ります。

交易路の付近に点在する城塞や交易路を示す道しるべ「マイルストーン」、キャラバン隊が利用した宿屋なども多く保存されており、1日では周り切れないほど見どころ満載。今回はイスラエルを代表する世界遺産、ネゲヴ砂漠の香の道と都市群の魅力をたっぷりとご紹介します。

目次

イスラエル南部に広がる世界遺産!ネゲヴ砂漠の香の道と都市群

ネゲヴ砂漠の香の道と都市群とは?

出典: Inspired By Maps/shutterstock

「ネゲヴ砂漠の香の道と都市群」が世界遺産に登録されるにあたりメインとなったのは、4つの遺跡。劇場や塔などが残りかつての大きな街を思わせるハルザ遺跡や、ネゲヴ砂漠最小規模の遺跡でありながら保存状態の優れたマムシト遺跡、交易路に沿って移動したキャラバンが利用したと考えられている野営地アヴダト遺跡、ネゲヴ砂漠で農業が行われていた形跡の見つかったシヴタ遺跡など。それぞれ異なった特徴があり、とても見応えのある世界遺産といえます。

またネゲブ砂漠はその名の通り砂漠であったため、キャラバン隊が食料を確保するのに苦労しました。そこで始まったのがシヴタ地区での農業です。砂漠という特質から最も困難を極めたのが水の供給。シヴタではよく考えられた灌漑設備が整っており、現代から見てもその技術には目を見張るものがあります。ナバテア人の遺産が世界遺産登録に貢献したのは言うまでもありません。

ネゲヴ砂漠の香の道と都市群へのアクセス

イスラエル南部に位置するネゲブ砂漠は、首都エルサレムから約150km。まずはネゲヴ砂漠観光への拠点となるベエル・シェバの街へ向かいます。目的地へは、そこからバスかチャーター車で向かうのが一般的。ベエル・シェバからネゲヴ砂漠へは、イスラエルを南北に走っている国道40号線を進みます。

砂漠のど真ん中を走りますが、普通に舗装されたコンクリート造りの国道のため、バスや自動車の乗り心地も快適です。ベエル・シェバから約1時間半でネゲヴ砂漠の中心に位置する街ミッペ・ラモンに到着。比較的充実した街なので、買い物もでき、バスターミナルからは、様々な方面へバスも出ていますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イスラエルでおすすめの記事

イスラエルのアクセスランキング