破壊され続けたアルメニアの世界遺産!ハフパット修道院とサナイン修道院

画像出典:Rocket Photos/shutterstock

破壊され続けたアルメニアの世界遺産!ハフパット修道院とサナイン修道院

3つの世界遺産を保有するアルメニアは、トルコやジョージアに隣接し、東ヨーロッパの国に含まれることもあります。かつてはエデンの国とも呼ばれる熱心なキリスト教国家で、キリスト教を国家宗教として認めた最古の国。

アルメニアは、アジアやヨーロッパ、中東に囲まれた立地であったことから、多くの国による侵略や破棄を経験しました。アルメニアの世界遺産も侵略による文明の破壊、再建築を繰り返してきており、現存するのは奇跡的なこと。そんなアルメニアの貴重な世界遺産ハフパット修道院とサナイン修道院をご紹介します。

目次

破壊され続けたアルメニアの世界遺産!ハフパット修道院とサナイン修道院

ハフパット修道院とサナイン修道院とは

出典: Daniel Tadevosyan/shutterstock

ハフパット修道院とサナイン修道院は、深い亀裂で隔てられた、高原地帯にある世界遺産です。5~7世紀に栄えた世界遺産ですが、7世紀後半にアラブ人により一度は完全に崩壊されてしまいました。9世紀後半に、再びアルメニアが王国として建国された後に、再建築されたのものが現在のハフパット修道院とサナイン修道院だといわれています。

この世界遺産はアルメニアの歴史で重要な存在ともいわれています。サナイン修道院の中からは、科学論文や人類化学、医学の文献や歴史的な絵画が見つかり、アルメニアの発展に貢献しました。今も多くの考古学者により、研究が進められている世界遺産なので、今後も新たな発見が期待されています。

ハフパット修道院とサナイン修道院へのアクセス

ハフパット修道院は、首都エレバンから約6kmのところにあるAlaverdiという町にあります。サナイン修道院はさらにそこから約2km南東先です。交通手段があまり発達していないなので、ツアーの参加をおすすめします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アルメニアでおすすめの記事

アルメニアのアクセスランキング