ふるさと納税とは

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は、納税という言葉がついていますが、厳密に言うと地方自治体に対する寄附金のことを指します。一般的には自治体に寄附をした場合、確定申告を行うことで所得税および住民税から寄附金の一部が控除されます。ですが、ふるさと納税では2000円以上を超える寄附をすることで、住民税と所得税から一定の控除を受けることができます(例えば、ある自治体に1万円納税すると、8000円の所得税と住民税が控除されます)。控除額の上限は給与収入や家族構成などによって定められています。

また、ふるさと納税は、納めた寄附金の使い道をお選びいただける唯一の納税です。寄附金の用途は、自然環境の保護や、震災復興、教育指導など自治体によって様々です。それぞれの自治体が公式ホームページなどで公開している、ふるさと納税についての考え方などを見た上で、貢献したい自治体をお選びください。また、寄附金をどのような目的で使ってほしいかを指定することができる自治体もあります。

何のためにつくられた制度?

故郷で生まれ育った際に、その自治体から医療や教育など、様々な住民サービスを受けてきたかと思います。やがて、進学や就職などで都会での生活が始まると、その住んでいる自治体に納税することになります。結果、都会の自治体は税収を得ますが、故郷には税収が入りません。

「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」 (出典:「ふるさと納税研究会」報告書)という想いから始まり、紆余曲折を得て2008年に誕生したのが「ふるさと納税制度」です。居住地以外の自治体に寄附することで、本来支払うべき住民税を減らせる上、地方の活性化が図れるという、両方にメリットがあります。

好きな「ふるさと」を選べます。

ふるさと納税制度は、生まれ育った「ふるさと」に貢献し、そして自分で応援したい自治体を選べる画期的な制度です。1つの自治体だけではなく、複数の自治体に寄附することが可能です。また、自身の生まれ故郷のみならず、どの地域にでも寄附をすることができます。

納めた寄附金の使い道をお選びいただけるのも、ふるさと納税ならでは。寄附金の用途は、自然環境の保護や、震災復興、教育指導など自治体によって様々です。それぞれの自治体が公式ホームページなどで記載している、ふるさと納税についての考え方などを見た上で、貢献したい自治体をお選びください。

例:ランキング(2015年10月)殺処分ゼロへ

保護犬舎を3倍の600頭規模に、世界記憶遺産国内審査通過!杉原千畝を後世に伝えよう!、難病の1型糖尿病の子どもたちを”治す”研究のために、等

嬉しい特典付き!

ふるさと納税の魅力はなんといっても、寄附をすると自治体から進呈品が送られてくることです。自治体のほとんどが進呈品に力を入れており、中には都会では値段が高く、なかなか買うことができない果物や海産物などをご用意している自治体もあります。他、お米や地酒、ギフト券など多種多様な物品を取り揃えております。また、ホテルや旅館を利用できる宿泊券を取り扱っている自治体もあり、普段あまり足を運ぶことがない地方の魅力を知ることができます。

特産品によっては日持ちしないものなどありますので、配送時期も考えることも重要です。また、大量の特産品を一度に頼んでしまうと、消化しきれなくなってしまったり、旬の時期にならないと届かない場合があったりするので計画的にふるさと納税をする必要があります。

また、返礼品と一緒に贈られてくる、寄附金の受領証明書は、確定申告をして還付を受ける際に必要になるので、大切に保管しておいてください。

ふるさと納税の手続きについて

ふるさと納税の申込は、自治体のホームページ、申込フォーム、申込用紙のメール送信などで行なうことができます。ふるさと納税を行なう際の手続きは、自治体によって異なります。各自選んだ自治体の公式ホームページなどでご確認いただくか、直接自治体にお問い合わせください。

手続きには、勤務先からの源泉徴収票、寄附金の受領証明書、還付金受取口座の通帳と印鑑をご用意ください。また、還付金の振込み先(口座番号)がわかるものが必要です。

ふるさと納税の手続きができる時期は決まっている?

ふるさと納税はいつでも行なうことができます。ただ、税の軽減を受けたい場合、1月~12月の1年単位となりますのでご注意ください(例:本年の1月にふるさと納税を申請した場合、その年の12月までの1年が経った後に、その1年間の所得に対する課税の中で取り扱われることになります。)

控除されたお金はいつ戻ってくる?

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の対象ではない方・および申請しない方は、1月~12月に行なった確定申告を、翌年の3月15日までに行ってください。確定申告を行なうと、確定申告を行なった年の所得税と翌年分の住民税から控除されます。また、ワンストップ特例が申請する方は、確定申告を行なう必要がありません。所得税からの控除はなく、ふるさと納税を行なった翌年度以降より住民税から控除されます。

確定申告は必要?

ふるさと納税を行い、所得税および住民税から控除を受けるためには、原則として確定申告を行なう必要がありました。ただ、2015年の4月からは、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」という、確定申告をする必要のない給与所得者等が、確定申告をすることなく、ふるさと納税による寄附金控除が受けられる制度が創設され、気軽にふるさと納税を利用できるようになりました。ただし適用を受けられるのは、ふるさと納税を行なう自治体の数が5団体以内など条件を満たしている方のみとなります。

確定申告はどこで入手できるの?そしてどこに提出するの?

国税庁のホームページでダウンロードし印刷、あるいは税務署から入手可能です。情報を入力した後は、税務署へ郵送するか、あるいは直接持参することになります。提出期限前後は窓口が大変混雑するので、郵送かe-TAX(インターネットを利用して申告などの手続きが行えるシステム)での提出が推奨されています。

受領書はいつ届く?

自治体によって異なりますので、直接自治体にお問い合わせください。

ふるさと納税による寄附金はどのようなことに使われる?

寄附金の使い道は自治体によって異なります。直接自治体にお問い合わせください。また、ふるさと納税の使い道を選択できる自治体もあります。

同じ家族なら、誰がふるさと納税を行なっても良い?

寄附金の控除を受けるためには、所得税と住民税を納めている方と、ふるさと納税を行なう名義が一致しないといけないため、原則として納税者本人が納税を行なってください。

ふるさと納税の理念

地方で生まれ育ち都会に出てきた方は、誰しも故郷に恩返ししたいという気持ちがあるはず。都会での生活が始まり、仕事に就くと、その居住している自治体に納税することになります。ふるさと納税は、税制を通じて生まれ育った「ふるさと」に貢献する仕組みができないか、という想いのもと創設されました。ふるさと納税には3つの大きな趣旨があります。

第一に、納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その後の使われ方を考えるきっかけとなる制度であること。納税者の税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。
第二に、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域や、これから応援したい地域の力になれる制度であること。それは、人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。
第三に、自治体が国民に取組をアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進むこと。自治体にとって選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。
引用:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/policy/

さらに、納税者と自治体の間に新しい関係を築いていくこともこの制度の重要な意義となっています。自治体は方針の向上を行ない、一方で納税者は地方行政への関心を深めるという、両者が共に高めあう関係になることを目指しています。

ふるさとツアーとは?

当サイトは、ふるさと納税ポータルサイトです。
当サイトから、各自治体へ寄附をお申込いただくことができ、寄附の返礼として寄附先の地域へ訪れる“地域密着型”のツアーをご提供しています。
また、地域発信のブログを随時更新しているので、最新情報や地元の人の生の声をご覧いただけることが特徴です。

地域発信!耳寄り情報満載のブログ

テレビやインターネットの情報だけでは分からない、地元の魅力やイベント情報、または自治体の取り組み等を、地元をこよなく愛する職員が随時お届けします。
ブログによって、普段知ることができない地域の魅力を知ることができるので、是非ご覧いただいて、さまざまな地域に興味を持っていただきたいです。

ふるさと納税におけるパッケージツアーの返礼

当サイトに掲載されているふるさと納税の返礼品は、主にパッケージツアー、通称ふるさとツアーです。
民泊や農業、漁業体験等の地元の人と深く関わるものから、その土地の自然、文化を知ってもらうものまで、その地域でしかできない魅力的な体験ができるふるさとツアーを取り揃えております。
各地域には必ず独自の魅力があり、そのような“地域の個性”を最大限生かしたふるさとツアーを楽しんでいただけます。

ふるさとツアーを始めたきっかけ

ふるさと納税制度では、応援したい地域に寄附することができ、寄附の返礼としてその土地で生産された特産品を贈与することが一般的となっています。
しかし、この返礼品の仕組みでは、地域の魅力を部分的にしか知ることができず、実際に地域に訪れてもらえたら、その地域の魅力を隅々まで知ってもらうきっかけになると考えました。
そこで、地元の人とのふれ合い、食事や宿泊、体験などを通して、訪れる多くの方々に新しい発見をしてもらうため、ふるさとツアーを始めました。

ふるさとツアーが実現したいこと

実際に寄附先の地域を訪れるきっかけを作ることで、
地域の魅力を五感で感じ、写真や言葉では伝わらない感動をして頂きたい。
そして、多くの方々が訪れることで、活気溢れるふるさとを取り戻したいと考えています。
地域に眠る”ならでは”を掘り起こし、多くの方々に興味を持ってもらえる地域づくりを目指すと共に、
訪れる方々の心を満たし、感動を与えられるような“魅力的な体験”となるふるさとツアーをお約束します。