シークルーズ マリソル号
格安フェリー予約

マリソル号のフェリーを予約する

マリソル号は、熊本県の天草諸島でシークルーズが運航する高速フェリーです。熊本県宇城市にある三角港から前島の松島港を経由して、下島の本渡港まで就航するダイヤは1日2回から3回。マリソル号を含む3台の高速フェリーが観光客や地元の方の移動手段として活躍しています。マリソル号の外観は独特で、黒字に金色の文字やマークが特徴的。これは連携して運航しているJR九州の臨時特急列車A列車で行こうに合わせたもの。列車をデザインした工業デザイナーがマリソル号のデザインも手掛けています。他の2隻と違うのはキャビン内。向かい合わせに設置されたソファータイプの座席には、列車にも使われた生地が張られ高級感が漂います。豪華でレトロの味わいのA列車とスタイリッシュなマリソル号を利用して天草観光を満喫したい方にはインターネットでの事前予約をおすすめします。

マリソル号の時刻表・ダイヤ

天草三角港発 天草本渡港着
天草三角港発 天草本渡港着 所要時間
11:15 12:12 57分 予約
11:24 12:21 57分※ 予約
13:36 14:33 57分※ 予約
13:40 14:37 57分 予約

※A列車で行こう運航ダイヤ ダイヤは日によって異なりますので、公式ホームページにてご確認ください。

天草本渡港発 天草三角港着
天草本渡港発 天草三角港着 所要時間
12:20 13:17 57分 予約
12:28 13:24 57分※ 予約
14:45 15:42 57分 予約
14:50 15:47 57分※ 予約

※A列車で行こう運航ダイヤ ダイヤは日によって異なりますので、公式ホームページにてご確認ください。

マリソル号について

マリソル号とは
ラグジュアリーなリゾート感

マリソル号は、豪華客船を思わせる外観デザインが特徴の高速フェリーです。上から白・黒・赤というカラーリングが施され、黒字の部分には金色のライン。船名やマークも金色で描かれており、高級感が漂います。キャビン外は、高速船には珍しいウッドデッキが敷かれ、木製のベンチが並んでいます。デッキの両側には、アクリル板が張られた窓があり、潮の香りを感じながらも風は防いでくれますよ。シークルーズが運航する高速フェリーの中で、キャビン内がセミコンパートメント席となっているのはマリソル号だけ。定員は12名で、座り心地の良いソファータイプの座席と、木目の床や壁がラグジュアリーなリゾートの雰囲気を感じさせてくれますよ。

優れた航海速力のマリソル号

マリソル号は定員75名で航海速力は26ノット。国土交通省海事局では、航海速力22ノット以上で高速船と定義していますので、とても優秀な高速フェリーといえるでしょう。マリソル号は天草宝島ラインを就航する3隻の高速フェリーのひとつ。1日2回から3回の就航を支え、天草諸島へ観光に訪れた方や地域の方々の移動手段として活躍しています。キャビン外の座席や2階のデッキからは広い景色を堪能。移動手段としてだけではなく、風景を楽しめる観光フェリーとしても優秀ですね。

エアコン、トイレ完備

マリソル号には、エアコンやトイレなどの設備が整っています。キャビン内は定員12名のセミコンパートメント席で定員は12名。エアコンが完備されていますので、夏の日差しを避けたい方や冬の潮風が冷たい時期などはとても快適に過ごせるでしょう。トイレが2箇所付いているのもうれしい点ですね。乗船時間は短く、松島港と本渡港の区間で35分。松島港と三角港の区間は17分という短時間ですが、その間にトイレが必要になることはあるでしょう。小さなお子様連れでも安心して乗船できますね。

マリソル号の客室
キャビン内
マリソル号のキャビン内はソファータイプの座席が向かい合わせで設置されたセミコンパートメント席となっています。片側の座席が6名用で、両側を合わせた12名がキャビン内の定員。連携して運航しているJR九州の臨時特急列車A列車で行こうでも使われている生地がマリソル号の座席にも使われており、品の良い高級感が漂っています。エアコンも効いているため、真夏や真冬でも快適。両側に窓がたくさんついていますので、景色を楽しむことも出来ますよ。
キャビン外
マリソル号のキャビン外にはベンチタイプの座席が並んでいます。全体の定員75名のうち、約50名がキャビン外の座席に座ることが可能。最後部は屋根とサイドの窓がありませんが、キャビンに近い位置に座ると両側がアクリル板が張られた窓になっており、風が直接当たるのを防ぎます。潮の香りを感じながらの移動は高速フェリーの醍醐味。バリアフリー席も用意されたキャビン外の座席からは、天草諸島の風情ある風景を見ることが出来ます。島と島にかかる天草五橋の下を通るダイナミックな光景は圧巻ですよ。
マリソル号のパブリックスペース
トイレ
トイレ

マリソル号には、ウォシュレット付きのトイレが2つ設備されています。設備されている場所はキャビンの出入口付近。キャビンの中に入ってすぐ両側にトイレのドアがありますよ。

マリソル号の船内での食事
朝食
朝食

マリソル号は天草宝島ラインを就航する高速フェリーのひとつで、最も早く就航するのは松島港を出港してお昼前に三角港に到着するダイヤ。朝食は乗船前に済ませておくと良いでしょう。松島港付近で済ませるなら、リゾラテラス天草内にあるパン屋やカフェがおすすめですよ。

昼食
昼食

マリソル号が就航する天草宝島ラインのダイヤでは、本渡港と松島港間の乗船時間が35分と長めですが、船内に持ち込むよりも昼食を済ませてから乗船するのがおすすめです。どの港にもおしゃれなカフェやレストラン、さらに名物や地物を食べられるような飲食店が豊富にあり、天草のグルメを堪能できるでしょう。

夕食
夕食

マリソル号が就航する天草宝島ラインで最も遅い時間に就航するダイヤは、三角港を出発して松島港に夕方4時10分に到着するダイヤです。下船しても夕食時まで時間がありますが、松島港付近にあるのはリゾート観光施設のリゾラテラス天草。下船後の夕食は、海を眺めながら食事が出来るおしゃれなカフェで決まりですね。

マリソル号の出発到着ターミナル

シークルーズ 三角ターミナル
シークルーズ 三角ターミナル

海のピラミッドと呼ばれるシークルーズ 三角ターミナルは、内側と外側にらせん状のスロープが設置されています。頂上から見渡す景色は雄大で、海に浮かんで見えるのは戸馳島をはじめとする大小様々な島。宇土半島の先端にあるシークルーズ 三角ターミナルは、天草観光の出発地点としておすすめですよ。のどかな島の街並みと穏やかな海の間に建つ美しく整備されたターミナル前広場には、向かいにあるJR三角駅から桟橋まで屋根付きの歩道が設置されています。利用者に優しく景観としても特徴的なシークルーズ 三角ターミナルは、天草観光で欠かせない場所になるでしょう。

住所 熊本県宇城市三角町三角浦1160-179
電話番号 0964-52-2079
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
シークルーズ 三角ターミナルの詳細ページへ
シークルーズ 本渡ターミナル
シークルーズ 本渡ターミナル

シークルーズ 本渡ターミナルは、港町ののどかな風景に溶け込む和やかな雰囲気のフェリーターミナルです。ターミナルの景色は、本渡港駅と書かれた看板と浮桟橋が本渡港の海に長く伸びている様子が印象的。幅も広く全面に日よけが設置されていますので、フェリーの乗り降りも快適ですよ。シークルーズ 本渡ターミナルの営業時間は朝8時から夕方5時まで。待合所の隣には売店があり、お弁当や特産品の品揃えが充実しています。また、ターミナルには、無料の駐車場やバリアフリーに対応したトイレも設置。天草観光で下島を訪れる際は、シークルーズを利用して静かでのんびりとした旅行にしましょう。

住所 熊本県天草市港町1-8
電話番号 0969-23-2133
特徴
  • 年中無休
  • 休憩スペース
  • お土産
シークルーズ 本渡ターミナルの詳細ページへ

マリソル号のサービス

キャビン内は独特なセミコンパートメント

マリソル号のキャビン内は、座席が向かい合わせに設置されたセミコンパートメント席。団体で利用するのも良いですが、向かい合って座った初対面の方と天草諸島の風景について話すのも旅の醍醐味ではないでしょうか。ソファータイプの座席や木製の肘掛がラグジュアリーで和やかな雰囲気を醸し出し、旅の思い出を演出してくれますよ。

キャビン内はエアコン付きで居心地抜群

マリソル号は、乗客がより快適に過ごせるようキャビン内にはエアコンを設備しています。キャビンの外は最後尾まで屋根付きなので日差しを避けること出来ますが、気温の暑さや寒さまでは凌げません。潮風を浴びる船外ではなく、エアコンが効いた室内がお好みの方には、キャビン内の座席をおすすめします。