春秋航空日本の航空券とホテルのパッケージ予約

春秋航空日本の航空券+ホテルの同時予約のダイナミックパッケージツアーを格安でお申し込みいただけます。
春秋航空日本の航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

春秋航空日本の感想・口コミ

春秋航空日本について

春秋航空日本でご旅行へいくならスカイチケットのダイナミックパッケージのホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインで春秋航空日本のダイナミックパッケージプランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したら春秋航空日本の航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのダイナミックパッケージは春秋航空日本で行く皆さまの旅をサポートします。春秋航空日本は、中華人民共和国(中国本土)の上海に拠点を置く格安航空会社(LCC)の春秋航空公司が出資して設立された日本の格安航空会社で、千葉県成田市に本社があります。筆頭株主は中国の春秋航空公司ですが、航空法の外資規制により出資比率が33%となっています。残りの67%の株式については、日本国内の会社が株主です。春秋航空日本は成田国際空港を拠点にして、日本国内の地方都市や中国の主要都市を結んでいます。会社の正式名称は「春秋(しゅんじゅう)航空日本」ですが、機内アナウンスや公式サイトでは別称であるSPRINGJAPAN(スプリング・ジャパン)のほうが多く用いられています。春秋航空日本の大きな特徴は、無駄なサービスをカットことで運賃が低く設定されていることです。混雑状況によって運賃が異なりますが、成田‐上海便の片道チケットが3千円台で販売されているケースがあります。運賃は距離だけではなくて混雑状況によっても異なり、国際線よりも国内線のほうが高額になる場合があるほどです。春秋航空日本の保有機材は単通路型のボーイング737型機で統一されていて、機内のシートは全席エコノミーの1クラス制です。1機あたりの座席数は189席でシートの構造や機内サービスは全て同じですが、最前列や非常口付近で足元のスペースが広い一部のシート(コンフォートシート・フロントシート・レッグシート)については、座席指定の料金に差が設けられています。座席指定をしなければ運賃が安くなりますが、この場合は空港でチェックインをする際に自動的に席が決められます。春秋航空日本の予約方法ですが、インターネット・コールセンター(電話)・空港カウンターの3種類のチャンネルが用意されています。コールセンターと空港カウンターを利用すると、運賃とは別に1,000円の手数料がかかり、国際線を利用する場合は搭乗者名のスペルをパスポートと合わせる必要があり、間違って入力した際に変更する場合は2,000円の手数料が請求されるので注意が必要です。航空券を購入する際は、クレジットカード・コンビニ払い・銀行振込・空港カウンターでの現金払いの4種類が用意されています。クレジットカードとコンビニ払いを選択すると、1区間ごとに430円(25元)の決済手数料がかかります。往復チケットでも2区間としてカウントされるので、860円の決済手数料が必要です。インターネットで予約をしてネット銀行の振込手数料無料サービスを利用して支払いをすれば、手数料を無料にすることが可能です。チケットを購入すると「予約確認書」が発行され、空港に設置されている専用のチェックイン機にバーコードをかざすと自動的に座席が割り振られます。春秋航空日本の機内サービスですが、飲み物や軽食などはすべて有料です。チケット代に含まれているのは運賃のみで、飲食物は別料金が必要になります。春秋航空日本では国内線・国際線の機内でドリンク・スナック・カップラーメンが販売されていて、予約は不要です。国際線であればお弁当が販売されており、チケットを予約する際に申し込みをする必要があります。機内に食品を持ち込むことができないので、機内で飲食物を購入しない場合は空港で食事を済ませておくといいでしょう。春秋航空日本では、機内に持ち込める手荷物の個数・サイズ・重量に制限が設けられていて、機内に持ち込みができるのは身の回り品(カメラや傘など)と手荷物(三辺のサイズが56cm×36cm×23cm以内)の各1点に限られます。身の回り品・手荷物の合計重量は7kg以下に制限されていて、大手航空会社の重量制限(10kg以下)とは異なるので注意が必要です。受託手荷物の料金ですが、チケットの購入方法によって無料の範囲に違いがあります。一番安いラッキースプリングで予約をすると、受託手荷物が1個でも有料です。スプリングであれば機内持込手荷物との合計が15kgまで無料、スプリングプラスだと合計25kgまで無料となります。この制限を超えるた場合は、超過料金が必要です。受託手荷物の超過料金は予約方法によって異なり、空港で支払いをするよりもインターネットで事前に申し込みをした方が低く設定されています。荷物の重量が分かっているのであれば、インターネットでチケットを予約する際に受託手荷物の申し込みをした方が安くなります。春秋航空日本の受託手荷物の超過料金は、5kg刻みで細かく決められているため注意が必要です。

関連記事はこちら!

航空会社別 ダイナミックパッケージを探す