ジェットスター・ジャパンの航空券とホテルのパッケージ予約

ジェットスター・ジャパンの航空券+ホテルの同時予約のダイナミックパッケージツアーを格安でお申し込みいただけます。
ジェットスター・ジャパンの航空券とホテルをそれぞれ別でご予約いただくよりも、セットでまとめて予約することができ、またパッケージツアーが限定価格でお求めいただけて、手続きも簡単です。

ジェットスターの感想・口コミ

ジェットスターについて

ジェットスターでご旅行へいくならスカイチケットのダイナミックパッケージのホテル+航空券が便利でお得です。24時間いつでもオンラインでジェットスターのダイナミックパッケージプランのご予約が可能。贅沢な高級ホテルから格安な宿泊施設など、お好みのホテルを選択したらジェットスターの航空券をプランに合わせて選ぶだけ!迷ってもおすすめのホテルや格安な航空券を簡単な操作で比較・検索することができるので、料金プランを選んで後はネットで予約・支払いをするだけ。スカイチケットのダイナミックパッケージはジェットスターで行く皆さまの旅をサポートします。ジェットスターはオーストラリアの航空会社で、メルボルンを本拠にしています。国内各地の主要都市を結ぶ国内線のほかに国際線も運航していて、低価格でサービスを利用できることで人気のある航空会社です。座席クラスにはエコノミークラスとビジネスクラスがあり、それぞれ機内サービスの内容が異なっています。ビジネスクラスには通常のクラスのほかに、ビジネスマックスという座席もあります。エコノミークラスの料金には機内サービスの料金が含まれていないために、その分ほかの航空会社より低額になっていますが、機内サービスを利用したい場合には、有料で利用することも可能です。飲食物を機内で購入することもでき、食べ物と飲み物がセットになって販売されています。食べ物は乗客が機内に持ち込むことも可能です。アルコールドリンクも有料で注文することができます。エコノミークラスの乗客でも無料で利用できる飲み物として、機内には冷水機も設置されています。また機内で快適に過ごすための用具として、毛布と空気枕、アイマスク、耳栓が一緒になったセットを購入することも可能です。これらの品物は機内で使用した後、そのまま持ち帰ることが可能です。機内では娯楽として映像を鑑賞することもでき、有料でヘッドセットなどを貸し出しています。ジェットスター航空を利用するエコノミークラスの乗客は受託手荷物として、荷物を有料で委託することができます。荷物を委託するのに必要になる料金は預ける荷物の重さによって異なっていて、15キログラムから40キログラムまでの重さの荷物を預けることが可能です。料金は5キログラム単位で細かく設定されているために、必要な重さの料金だけを支払って委託することができます。預けることができる受託手荷物には数の制限がないために、合計で40キログラム以内ならば、何個でも預けることができます。ですが、一つの荷物の重さが32キログラムを超えるものは、有料でも委託することができません。受託手荷物はサイズにも制限があり、一辺の長さが1メートルを超えるものを預ける場合には、通常の料金のほかに追加料金の支払いが必要になります。なお重さやサイズが規定の範囲内であっても、危険物や一部の品物については受託手荷物として預けることができない場合があります。車椅子やベビーカーを使用している乗客は、これらの器具をチェックインのときに無料で預けることが可能です。無料で委託できる品物にはそのほかに、折りたたむことができる揺りかごやチャイルドシートなどがあります。搭乗ゲートで荷物の重さやサイズが超過していることが判明した場合には、その場で超過分の料金を支払う必要がありますが、空港で購入する超過分の輸送料金は、前もって予約時に支払う料金よりも高額になっています。ビジネスクラスもしくはビジネスマックスクラスの乗客の場合には、受託手荷物を30キログラムまで無料で預けることが可能です。それ以上の手荷物を持ち運んでいる乗客の場合には、さらに有料で10キログラムまでの荷物を預けることができますが、委託できる荷物の総量はエコノミークラスの乗客と同じ40キログラムまでです。受託手荷物の一部は、持込み手荷物として客室に携帯することができます。エコノミークラスの乗客が客室に持ち込むことができる手荷物は、乗客一人につき7キログラムまでです。荷物はキャリーケースなどの大型の種類のものと、身の回りに携帯する小型の荷物の、合計2個を持ち込むことができます。ビジネスクラスなどの乗客の場合には、最大で14キログラムまでの手荷物を機内に携帯することが可能です。なお、エコノミークラスの乗客でも追加で7キログラムの手荷物を客室に携帯できるサービスを購入することにより、ビジネスクラスの乗客と同様に14キログラムの手荷物を携帯することが可能です。このプラス7キログラムのサービスには一つの航空便ごとに数の上限があるために、売り切れの場合には購入することができません。どうしても多くの手荷物を機内に持ち込む必要がある場合には、予約をする際にあらかじめ申しこんでおく必要があります。予約時に購入したほうが、オプションの料金も低額です。ただし、14キログラムの荷物を持ち込める場合でも、一つの荷物の重さは10キログラム以内でなければいけないという決まりがあります。機内に持ち込むことができない荷物は、受託手荷物として預けておくことができます。

関連記事はこちら!

航空会社別 ダイナミックパッケージを探す