1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. トゥール

トゥールの概要

トゥール

画像の出典元: Daniel Jolivet

トゥールまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。トゥールの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてトゥール旅行を有意義に楽しみましょう。

ロワール古城巡りの拠点「トゥール」

「フランスの庭園」とも称されるトゥーレーヌ地方の中心都市トゥール。パリから高速鉄道TGVで1時間弱で到着するロアール川沿いの古都は、古くは歴代フランス王が好んで訪れたリフレッシュの地です。ロワールの谷筋には今も数多くの美しいシャトーが点在しています。トゥール自体も、ローマ時代から司教や大聖堂が置かれた政治・宗教上の重要都市でした。サン=マルタン聖堂とならんで旧市街の大きな見どころとなっています。青や白のスレート屋根の美しい旧市街を観光した後で、ロワール渓谷の古城めぐりのバスツアーに参加するコースが定番です。

トゥールの歴史

紀元前からこの地に住んでいたケルト人の「トゥロネス」と呼ばれる人々がトゥールの語源です。紀元後1世紀にはローマ帝国によって現在の大聖堂の前身が建造され、3世紀後半にはトゥール司教が置かれます。15世紀のフランス王シャルル7世以降、トゥール付近の城館が王族の別荘としてしばしば愛用されました。第二次世界大戦初期には、ナチス・ドイツに敗れたフランス政府が一時トゥールに首都を遷しています。

トゥールの経済

かつては巡礼路「トゥールの道」の宿場でもあり、今なお観光を中心とした宿泊業で栄えています。ロワール渓谷の古城めぐりの起点ないし中継点として、多くの観光客がこの町を訪れます。また、トゥール一帯のトゥーレーヌ地方はブドウ栽培がさかんなことでも有名。当然ながら、フランスでも有数のワイン産地としても名を馳せています。

トゥール行きの格安航空券について

トゥールのトゥール・ロワールバレー空港からは、ロンドンのスタンステッド空港、モロッコのマラケシュ・メナラ空港およびポルトガルのポルト空港との間に定期便が出ています。日本からスタンステッド空港への直行便はないので、ポルトガルのフランシスコ・サ・カルネイロ空港を経由するのが、もっとも格安な空の便です。ポルトガルへは、成田空港や関西国際空港からトルコ航空を利用する乗り継ぎ1回の格安航空券もあります。

トゥールの気候

気温は年間を通じて穏やかなです。月平均降水量にもあまり変動はありませんが、11月から2月にかけての冬季には曇りがちになります。逆に、夏季の6月から8月にかけては日差しが降り注ぎ、最高気温も25度前後と快適。湿度も低くカラッとしているので、観光のベストシーズンといえるでしょう。

トゥールの主な交通手段

トゥールの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

トゥール市街を南北に貫くトラムが、2013年に開業しました。このトラムは空港の近くまで走っていますが、ターミナルビルまではやや距離があるので、空港から市中心部へはタクシーを利用したほうが無難かもしれません。旧市街はトゥール駅から徒歩圏内ですが、パリやボルドーなどからの高速列車TGVはこの行き止まり駅には停車しないので注意してください。

トゥール 行き航空券利用者の声

羽田⇔トゥール 35歳女性

兼ねてから憧れていたフランスン古城めぐりの旅にようやく行くことができました!友人と2人で休みを合わせて、トゥールを拠点にして8日間滞在。まずは、ツアーも考えたのですが、自分たちで行く方が気ままで楽しいと思い、まずは航空券を手配。トゥールへの直行便は無いので、どこかで乗り継ぎをしなくてはなりません。格安航空券を調べたところ、安い航空券はやはり2回程度の乗り継ぎが必要なようでした。シーズンによって違うのかもしれませんね。とりあえず一番安かったエミレーツ航空で、ドバイとパリを経由して行くことに。パリでは乗り継ぎ時間がたっぷりあるので、ちょっとした市内観光もできてちょっとラッキーでした。時間に余裕があるなら、格安航空券はおすすめです。私は以前にパリに行ったことがあったので、なんとなくシャルルドゴール空港は覚えていました。乗り継ぎ時間をフルに活用して、パリで1泊。早朝からパリ市内を散策して再び空港へ。そこからトゥールへはあっという間で、とりあえずホテルへ直行。次の日からは念願の古城巡りを満喫しました!滞在中は安宿ばかりでしたが、1泊だけ古城ホテルに宿泊。雰囲気があってとっても素敵でしたよ!帰りの便は乗り継ぎ時間もそれほど長くはなかったので、すんなり羽田へ帰国。本当に充実した楽しい旅行ができました!

羽田⇔トゥール 26歳男性

ヨーロッパの建物が好きで、学生時代からお金を貯めては各地を旅していました。今回は少しまとまった休みが取れたので、前から興味があったフランスの古城巡りをしに、一人でトゥールへ行ってきました。時間は割と余裕があったのですが金銭的に厳しかったので、航空券は格安航空券でなるべく安く、ということで見つけたのがカタール航空。乗り継ぎは2回ですが、時間の無駄も無かったので決めました。カタールなんてもちろん行ったことがありません。飛行機も少し不安がありましたが、特に問題なく機内でも快適に過ごすことができました。ドーハとパリで乗り継ぎをして、いよいよトゥールに到着!のんびりとした雰囲気の町で、とっても良い感じでした。予め考えておいたルートで順調に古城を巡って、あっという間に旅も終わり。格安航空券で浮いた予算で、時にはちょっと贅沢なディナーを食べたりして、グルメも満喫できましたよ!フランス語は全然しゃべれませんが、あいさつ程度は覚えておくと何となく旅の雰囲気が楽しめますね。一人旅だと、現地の人と話す機会も増えてより内容の濃い旅ができるとおもいます。帰りは殆ど飛行機の中で寝ていましたが、やりたいことがやり尽くせた充実した旅になりました!

羽田⇔トゥール 23歳女性

社会人になる前に、憧れのフランス生活を体験したいと思い、ショートステイをしてきました。場所は迷ったのですが、古城も近いトゥールに決定。あまり都会過ぎるのも味気ないし、田舎過ぎるのも不安だったので、程よい街だと思います。まずは航空券を検索。あまり予算は掛けられないので、格安航空券で調べました。乗り継ぎも2回くらいの航空券が多く、想定内だったので一番安かったエミレーツ航空にしました。ドバイにもちょっと行ってみたかったので、それもあって決めた感じです。ドバイは空港内をブラブラするだけでしたが、雰囲気は楽しめましたよ!パリで1泊していよいよトゥールへ。フランス語は大学の授業でやっていた程度。実践で使ったことも無かったのですが、身振り手振りで何とかなりました。安いホテルを拠点にして、街中を散策したりかわいいショップを覗いてみたり。お洒落なカフェにも入ったりして、フランスに来たことを改めて実感。何もしなくても幸せでした!後半はいくつか古城を見にショートトリップ。本当はもっといろいろ行きたかったのですが、もう少しお金を貯めてからリベンジするつもりです!安い時期を狙えば、格安航空券ももっと安くなるのかな、と期待して次回またフランスに行きたいと思います。

トゥール 旅行 よくあるFAQ

機内食のリクエストはできますか?

航空会社によって、ベジタリアンメニューやアレルギー対応メニューなど様々なメニューをご用意しております。事前にリクエストいただければ対応できることも多いので、事前に航空会社へご確認ください。

オンラインチェックインというのは何ですか?

事前に航空会社のサイトからチェックインすることができるサービスです。ご出発当日に空港のカウンターでのお手続きがスムーズになるため、時間短縮につながります。対応している航空会社でしたら、ご利用をおすすめ致します。

機内に大きい荷物は持ち込めますか?

機内のお持ち込み手荷物は、大きさに制限がございます。各航空会社によって収納棚に収まる大きさが決められていますので、事前にご確認ください。収まりきらない大きさのお荷物は、お預けお荷物にしていただくか、もしくは追加料金が発生いたしますので予めご了承ください。

座席を指定したいのですが。

航空会社のサイトからオンラインチェックインの際などに、お座席の指定ができる場合もございます。航空会社によって異なりますので、直接航空会社へお問い合わせください。