空席を検索しています..各航空会社の情報にアクセスしているため時間がかかる場合があります。

雲シルエット

台北 

台北  発の航空券情報はこちら
  • 人口 : 約261.9万人
  • 都市コード : TPE

気軽に行ける観光都市「台北」

台北 

画像の出典元: pang yu liu

日本の沖縄の西にある台湾。その首都となる台北は東京から飛行機で4時間で行けるとして、多くの観光客を引き寄せます。また日本人が親しみを感じやすい風土であり、それが人気の一つの理由となってます。そんな台湾の玄関口である台北、街に出れば大都会が広がり、1歩外へ出れば懐かしさを感じるのどかな風景が広がっています。日本では大変人気のある温泉ですが、台湾にもたくさんの源泉が湧いています。台北では10月~11月が温泉シーズンにあたり、温泉協会がさまざまなキャンペーンを企画します。この時期に家族や友達と一緒に温泉に行くのもいいですね。

台北 の歴史

台北のある台湾の歴史は非常に複雑です。オランダやスペインの植民地であった過去もあれば、中国本土からも支配されており、本土の福建省辺りの漢民や北方の客家人という漂流民の移住が非常に多かったようです。日清戦争の後、台湾は約50年間日本の植民地となりました。ライフラインの充実化や道路や鉄道、港湾などインフラの整備はこのころに充実しました。 また、教育の普及や治安を維持することにも努め、経済的に飛躍的な発展をとげました。現在、日本が中華人民共和国との国交を樹立した際に、日本と中華民国は断交するカタチに公式的にはなりましたが、政治や経済において台湾との交流は維持されています。

台北 の経済

台北の経済は金融、メディア、通信が中心で台湾の心臓部として機能しています。主に第3次産業が台湾経済のほとんどをしめており、卸売り、貿易、金融サービス、物流サービスなどを含んでいます。なかでもコンビニエンスストアの進出店舗数が大きく、人口当たりのコンビニエンスストア店舗数が世界一です。また最近は電子産業、コンピューター通信網が発展しており、台北の収入源となってます。

台北 行きの格安航空券について

台北へ行く場合、台湾桃園国際空港を利用するかと思います。日本から台湾桃園国際空港へはLCCをはじめ、たくさんの航空会社が就航しています。安く行ける時期は5~6月と9~11月。特に10月は台風も来なくなり、気温も下がりはじめるので、おすすめ。また、女子旅をしたいという方には必見!エバー航空にハローキティジェットが誕生し、機体デザインから機内食、客室乗務員さんのエプロンと、キティちゃん色で染まっています。カップルや女子旅に人気があるハローキティジェット、試しに乗ってみてはいかがでしょうか。

台北 の気候

台北は日本と同様に四季があります。春は3月から5月にあたり、汗ばむ陽気に。6月は梅雨に入り、日中でも最高気温が30℃を超える日も。6月から8月の夏は平均気温30℃で気温も湿度も非常に高く蒸し暑いです。特に6~9月は台風の影響を受けやすいので、フライトの際は台風情報を確認しましょう。台北の冬は日本と比べると温かいですが、最低気温が10度前後まで下がることもあり、室内は暖房がきいていない場合が多いので、一枚上着を持っていくと安心です。

台北 の主な交通手段

台北 の主な交通手段

画像の出典元: billy1125

台北の主な交通手段は、タクシーやバス、市街へは鉄道(MRT)があります。台北には「悠遊卡」というチャージ式のICカードがあり、その都度チケットを購入する手間を省くことができるのでお勧めです。台湾は治安は良い方だとされていますが、深夜に1人でタクシーに乗車するのは極力避けたほうがよいでしょう。また汚いタクシーや傷が車体に多いタクシーは極力さけることをお勧めします。万が一停めたタクシーがそのような場合は、乗らないとアピールすれば大丈夫です。

タクシー 台北のタクシーは数も多く、運賃も安いので気軽に利用できて便利です。日本と同様にメーターを使用して距離と時間で金額が変わるシステムです。手を挙げれば流しで拾うこともできます。なお深夜になると深夜料金が加算されますので、事前にお財布の中身を確認しておきましょう。
バス 台北のバスは路線が多く、市内だけで200以上あります。慣れていないと少し乗車は難しいですが、料金も非常に安いので使いこなせれば便利です。路線によって異なりますが、運行時間は朝5時ぐらいから夜23時ぐらいまでです。ただしバス停には時刻表はないので、事前確認をしておきましょう。
鉄道 台湾の鉄道は海岸沿いを中心に発展しています。もちろん市内の鉄道網も発達していて、観光するにはうってつけでしょう。切符は駅の窓口、もしくは券売機で購入できます。安くて交通渋滞に引っかかることもないのでスムーズです。

台北  行き航空券利用者の声

成田↔台北 21歳女性

3連休を利用して母と二人で台湾に行ってきました。フライトの時間も朝の10時出発と丁度良かったし、金額もとても安かったので、スクート航空を利用することにしました。出発当日には、朝の8時ごろに行ったのですが、電光掲示板に新しい出発時刻が記載されており、カウンターで確認をすると、前便到着遅れにより2時間の遅れとのことでした。出発時間がちょうどよかったからこの航空券を購入したので、2時間も遅れるなんで最悪でした。
しかも、遅延をするのであれば事前にメールなどを配信するべきだと思います。そうすれば、もっと家でゆっくりしてから空港に来ることができたし、2時間も空港にいてもとても暇でした。カウンターや搭乗口でも特に遅延に対する謝罪はなく、当たり前のように搭乗を開始していました。正直、この対応の悪さはあり得ないなと思いました。搭乗開始時の手際もとても悪かったです。帰りのフライトは時間通りに運航してくれましたが、今回の一件で、もうスクート航空は利用したくないと思いました。
台北は、観光するところはそこまで多くないので、2泊3日でも十分楽しめました。親日家が多いのか、どの人もとても親切に接してくれました。

成田↔台北 27歳男性

ちょうどスクート航空がキャンペーンをやっていたので、その航空券を購入して台北に行ってきました。現地に友達がいたので、今回は一人旅でした。
行きも帰りもほとんどが中国系の人で日本人はほとんど見かけませんでした。乗務員にも日本人はおらず、全員外国人だったと思います。日本語は通じませんが、英語で接客をしてくれるので、中国語が話せなくても問題ありません。機内での接客はスピード重視という感じで、あまり丁寧さはありません。むしろ雑で、テーブルの上などを勝手にどんどん片づけられました。男性の乗務員も何人かいたのですが、女性よりも優しいです。
帰りのフライトですが、団体客の近くに席が割り当てられてしまったため、フライト中ずっと騒がしかったです。子供がずっと泣いていたり、大人の話し声がうるさかったりなど、まったくゆっくりできませんでした。あまりにマナーがなってない場合は、少し乗務員から注意をしてほしいです。
台北はとにかく物価が安いので、お金を気にせずに遊ぶことができます。特に夜市では多くの屋台が出ているので、がっつり食べたい男の人は絶対行くべきスポットです。

成田↔台北 72歳女性

先日、主人と二人で久しぶりに海外旅行に行ってきました。旅行会社にてパッケージ旅行を予約し、航空会社はANAを指定しました。ANAを選ぶには追加料金がかかってしまいましたが、ローコストキャリアと呼ばれるものや海外の航空会社はあまりいい評判は聞かないので、日系の航空会社にこだわりました。
老夫婦での旅行とわかると、どのANAの係員さんも気さくに話しかけてくれ、とても気持ちが良かったです。搭乗口への行き方を丁寧に案内してくれたり、座席の説明を詳しく説明してくれたりなど、海外旅行になれていない私たちにとってはとてもありがたかったです。機内では寒がりな私のために、ブランケットを多めに貸してくれたりと、とても助かりました。今回の旅行にANAを選んで本当によかったと思います。
台湾ではツアーに参加をし、美麗島駅という有名な観光スポットに行きましたが、ステンドグラスが壁一面に張り巡らされており、息を呑むような美しさでした。台北にこのような場所があるなんて思っていなかったのでとても感動しました。しかし、観光客と地元の人であふれているため、ゆっくりと写真撮影をできなかったのが残念です。
台北では観光スポットが集中しているので、そこまで長い移動もなく、年老いた私達でも無理なく楽しむことができました。

台北  旅行 よくあるFAQ

LCCが急に欠航になった時、どういう保証がありますか?

特に保証は何もありません。振替便なども用意してくれないので、急いで出発をしなければいけない時など、自分で新しく他の航空券を購入するようにしましょう。

マイルの積算率はどのように決められますか?

マイルの積算率は、購入している航空券の種類によって決められます。格安航空券の場合は、マイルが積算されないことがほとんどです。

機内での免税品には数に限りがありますか?

搭載数などには限りがあるので、品によっては完売してしまうこともあります。ですので、ほしい商品がある場合は早めに購入するようにしましょう。

乗り継ぎに間に合わなく、一泊することになった場合、ホテル代は自己負担ですか?

多くの場合、航空会社がホテル代を負担してくれます。しかし、旅客事由で乗り遅れた場合は、振替便も含め、ホテル代はすべて旅客負担となります。