1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. ストラスブール

ストラスブールの概要

ストラスブール

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードSXB
人気の航空会社
  • エールフランス
  • KLMオランダ航空
  • ブリュッセル航空
飛行時間13~16時間
ストラスブール発の航空券情報はこちら

ストラスブールまでは飛行機でおよそ13~16時間で行くことができます。ストラスブールの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてストラスブール旅行を有意義に楽しみましょう。

ストラスブール行きの最安値を比較

フランス国内からのストラスブール行き 最安値を比較

独仏2つの国の歴史を物語る「ストラスブール」

フランス北東の角に位置するストラスブール。歴史上何度もドイツとフランスの間を行き来した要衝の街は、今ではヨーロッパ統合の象徴とみなされています。運河とアルザスの伝統家屋のコントラストが美しいプティット=フランス地区は、ストラスブール旧市街を代表する景観です。また、尖塔が片方しかないストラスブール大聖堂はゴシック建築の傑作。いずれも世界遺産に登録されています。さらに、第二次世界大戦中に、岩塩鉱に隠されて難を逃れたという大聖堂のステンドグラスも必見です。ストラスブールでは、独仏の折衷がいたるところで見られます。

ストラスブールの歴史

ローマ人によって建設され、9世紀頃から司教座が置かれて発展したストラスブール。ドイツ語で「街道の町」を意味する交通の要衝で、その歴史は独仏両国の係争の舞台そのものでした。第二次世界大戦後にフランス領となり、現在ではヨーロッパの分裂と統合を見続けた都市として「欧州の首都」の1つと呼ばれています。

ストラスブールの経済

語源の通り交通の中継点として栄え、今なおライン川の河港としても機能しています。また、ワインの集積地としても有名です。アルザスワインは、フランスではめずらしく白が主体。週末にはワイングラスを片手に多くの大学生や観光客でにぎわいます。現在、ストラスブールは欧州議会の本会議場や欧州評議会などがあり、ブリュッセルやルクセンブルクと並ぶEUを代表する都市となっています。

ストラスブール行きの格安航空券について

現在、日本からストラスブール国際空港への直行便はなく、パリのシャルル・ド・ゴール空港ないしドイツのフランクフルト空港を経由するのが一般的です。なお、ストラスブールへは前者からは高速鉄道TGVが、後者は直通バスが、飛行機の乗り継ぎとしても運航されています。また、エールフランスおよびルフトハンザを利用する場合は、空港乗り継ぎのチケットでストラスブール市内までダイレクトに乗り入れが可能です。フランクフルト経由の場合は、スターアライアンス系列の格安航空券でも同様のルートを利用することができます。

ストラスブールの気候

一年を通じて、日本よりも冷涼な気候です。ストラスブールのあるアルザル=ロレーヌ地方は盆地地形のため、比較的湿潤。とはいっても蒸し暑くなるということはあまりありません。地域圏としてはほとんどドイツに属するため、とくに冬季は寒さが厳しくなりがちです。防寒対策をしっかり心掛けましょう。

ストラスブールの主な交通手段

ストラスブールの主な交通手段

画像の出典元: Ingolf

ストラスブールは独仏およびスイスの国境に近く、鉄道網が発達していることが特徴。イタリアやベネルクス3国とも陸運でつながっていて、国内だけでなく欧州全体の観光拠点としても便利です。市内の交通機関としてはバスやトラムが発達。同じ交通局によって運営されているため、同じ切符で乗車することができます。

ストラスブール行き航空券利用者の声

成田⇔ストラスブール 32歳男性

以前はフランスリヨンのレストランで修業をしていましたが、一度日本に帰国。再度フランスで働きたいと思いながらも、今回はとりあえず短期でフランスのストラスブールを訪れることに決め2週間の格安航空券を購入。今回行きはKLMオランダでアムステルダムのスキルポール乗換でストラスブール国際空港着なのに、帰りはストラスブール中央駅からTGVでパリに行きそこからエールフランスというミックスの航空券です。フランス語は日常会話は出来ますし、荷物も多くないので値段重視の僕にとっては問題なし。しかし職業柄か機内食を食べる時にもついつい、調味料や材料を考えながら食べてしまう癖が。乗り継のオランダのスキルポール空港も好きな空港の一つです。パリのシャルルドゴール空港は日本からヨーロッパ内へ乗り継をするのに連絡バスに乗らなければいけないので時間が少ない時には厳しいですが、スキルポールは広いながらもわかりやすく便利な所がお薦めです。無事にストラスブール到着後はカフェやレストランで目的の食べ歩き。ストラスブールはドイツの国境近くにあるだけに、料理もドイツ料理とミックスしたような感じが。ただし、町中にあるショコラティエやパティスリーはさすがフランスの味でした。帰りはTGVでパリのシャルルドゴールへ行き、そこからゆっくりと成田まで帰りました。

大阪⇔ストラスブール 29歳女性

フランスのストラスブールへ妹を訪ねるため格安航空券を探しました。金土出発は料金が高くなるため、火曜日から木曜日出発に限定し閑散期を狙って安い航空券をゲット!乗換も1回だし良かった、と安心していたら、後日妹からパリのシャルルドゴール空港からは電車でストラスブールまで往復しなければならないことを聞かされ不安に。フランス内で長距離電車を使用したことはなく、事前にインターネットで空港図面などを確認して出発!成田からシャルルドゴールまではゆっくりとシャンパンを飲みながら、リラックス。今回は電車での乗り換えに不安があったため前方の席にしたのですが、後ろでは年配の団体客が多かったようでちょっと賑やかに。なんだかんだでようやくシャルルドゴールに着き、迷路のような巨大ターミナル2を急ぎ足で駆け抜け、TGVへ無事乗ることに。ストラスブール駅で妹と会えた時には一安心でした。滞在中は木枠の家々が可愛らしい世界遺産の「グランド・イル」や印象的なお城「オー・クニグスブール城」などを訪れました。妹のお薦めで隣町コルマールにも行きたかったのですが、生憎時間が足りず今回はストラスブールをじっくり観光して日本へ帰ることに。また帰りの電車や乗換のことを思うと憂鬱で、次回は金額が上がってもストラスブール空港到着の航空券にしようと思いました。

成田⇔ストラスブール 40歳女性

仕事でワインの買い付けにストラスブールを訪れることになりました。仕事がらフランス内の多くの町には行っているのですが、アルザス地方のストラスブールは初めての経験。航空券は変更やキャンセルのきくエールフランスのフレキシブルを予約です。シャルルドゴールからは列車での移動の為、スーツケースも小さく機内持ち込みできるサイズのみで1週間の出張に行くことに。機内では乾燥しやすいのでリップクリームや小さな化粧水は必須です。機内では好きな映画もやっていたのですが、今回は仕事と割り切って見るのを諦め少しでも眠ることに。おかげでさほどジェットラグもせず、無事ストラスブールに着くことができました。ストラスブールのあるフランスアルザス地方のはワインの名産地で、ワイン街道と呼ばれる道々にはリクーヴィルやアンドゥのような美しい小さな町が沢山あります。そこの小さな町にあるワインセラーなどを訪れました。結果商談は全てうまくいき、私も大好きな美味しいワインを沢山飲め満足のいくものでした。あとでわかったのですが、ドイツフランクフルト空港からストラスブールへの直通のバスもあるらしく、次回はそれでもいいかな、と思っています。

ストラスブール旅行 よくあるFAQ

乗継の場合はいったん荷物を引き取らないといけないの?

通常は最終到着地まで荷物をお届けします。ただし、別々の航空会社で予約していたりバスや電車の移動が含まれている場合は引き取らないといけない場合もあります。

妊婦はいつまで飛行機に乗れますか?

35週までは通常通り乗ることはできます。しかし36週以降は医師の診断書が必要だったり、医師の同伴が必要になったりします。その他にも双子の妊娠や早産の経験など、航空会社によって異なりますので、事前に確認することをお薦めします。

出国手続き後に免税店で購入した化粧品やお酒などの液体は、機内に持ち込むことはできますか?

保安検査後のエリアにある免税店などで購入された化粧品やお酒は、問題なく機内に持ち込むことができます。

国際線に乗る時はどれくらい前に空港に行くべきですか?

通常は搭乗時間の2時間前と言われています。ただし、すでに航空券を持っていたりオンラインチェックインをしている場合は1時間から1時間半でも可能です。ただし保安検査や出国審査などで混んでいる場合がありますので、早めに行くことをお薦めします。