1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. イギリス
  4. スタンリー

スタンリーの概要

スタンリー

画像の出典元: en.wikipedia.org

人口-
都市コードPSY
人気の航空会社-
飛行時間----時間
スタンリー発の航空券情報はこちら

スタンリーまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。スタンリーの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてスタンリー旅行を有意義に楽しみましょう。

南米に浮かぶイギリスの港町「スタンリー」

アルゼンチンの南東に浮かぶイギリス領・フォークランド諸島の首都、スタンリー。首都と言えどもその規模はコンパクトで、人口2000人ほどの小さな港町です。町中の至るところに100年以上前に建てられた歴史ある建物が広がっているのがスタンリーの最大の特徴。多くの歴史的建造物の中でも、120年以上の歴史を持つ沿岸の教会、クライストチャーチ大聖堂は外すことはできません。スタンリーのランドマークとも言われ、かわいらしいその姿と、すぐ横に広がる綺麗な海とのコントラストは必見です。また、郊外には豊かな自然を体験できるツアーが多く用意され、観光客からの人気を集めています。

スタンリーの歴史

1845年にスタンリーがイギリス領・フォークランド諸島の首都となり、その後は島の主要な港として栄えました。1982年にはアルゼンチンとの領有権争いから紛争が勃発。スタンリーも被害を受けましたが、復興の際にイギリスから支援を受けてインフラを整備させ、さらなる発展を遂げました。現在でもスタンリーは170年以上首都としてフォークランド諸島を支え続けています。

スタンリーの経済

主要産業は、沿岸部という立地条件を活かした貿易業や漁業です。町中では新鮮な魚介類を楽しむことができるレストランが人気です。また、近年ではスタンリー周辺に油田が発見されたことから、石油産業も経済を支える重要な要素となっています。

スタンリー行きの格安航空券について

スタンリーのマウント・プレザント空港に就航している国際便はラン航空によるチリのサンティアゴからの便のみとなっています。日本からサンティアゴまでは、アメリカン航空によるダラス経由の便が一般的。また、ジェットスターなどのLCCの格安航空券でシドニーまで向かい、シドニーからカンタス航空を利用してサンティアゴへアクセスするプランもオススメです。

スタンリーの気候

ツンドラ気候に属し、年間通じて一日の平均気温が10度を下回る寒冷なスタンリー。観光には比較的暖かい11~3月がオススメです。日中は15度近くまで上がり、夜は氷点下まで冷え込むことはほとんど無いので過ごしやすいでしょう。一方で、冬季である6~9月は厳しい寒さは続くため、あまり観光には向きません。降雨日数は日本と比べて多いので、雨具を携帯しておくと良いでしょう。

スタンリーの主な交通手段

スタンリーは非常に小さな町なので、町中を循環するバスなどの公共交通機関はありません。地図を片手に、徒歩で観光することも十分可能です。フォークランド諸島の他の町へ行く際には、民間空港であるポート・スタンリー空港を利用するのが良いでしょう。諸島内であればほぼ全ての町へと気軽にアクセスすることができ、料金もお手頃です。

スタンリー行き航空券利用者の声

成田空港⇔マウント・プレザント空港 55歳男性

チリにいる知人を訪ねに行くついでに、観光も兼ねてスタンリーへ行ってきました。航空券は安いものと思い、アメリカン航空のダラス経由でサンティアゴまでと、サンティアゴで一泊してプンタ・アレーナス経由、マウント・プレザント空港をラン航空運航の航空券を購入しました。成田空港から深夜フライトということで飛行機に乗ったら食事を済ませ、映画を観たら眠くなったのでそのまま寝ました。座席が窮屈だったので、何回か目が覚めました。長距離だと格安の航空券でなく、ビジネスクラスにすれば良かったかもしれないです。ダラス空港への到着は30分ほど遅れてました。元々乗り換えに4時間弱あったので、乗継はできました。そこからサンティアゴへ無事に到着。ホテルまでのミニバスが運行しているとのことだったので、ホテルへ直行しました。友人がホテルで待っており、一緒に夕食を済ませ、その日は早めに寝ることに。翌日、朝早くにサンティアゴを出発し、夕方くらいにスタンリーへ到着しました。スタンリーのマウント・プレザント空港はイギリス空軍の基地なので、降りたら銃を持った兵士がたくさんいました。タクシーなど一切なく、あるのは市内に行く唯一のバスのみです。ホテルまで送ってくれます。帰りも必要な場合は予約が必須とのことでした。スタンリーはレストランだったりが転々としていますが、大きくないので町中散策は歩いてもできます。行くのは大変ですが、ペンギン達は可愛くて癒されました。帰りは成田空港行きの便が遅れてましたが、それ以外は問題なく、友人との時間も過ごせました。

成田空港⇔マウント・プレザント空港 30歳女性

今回の目的はフォークランド諸島のペンギン目当てでした。格安航空券を探していたのですが、アメリカン航空で成田空港からダラスで乗り継いでのサンティアゴ、サンティアゴからはラン航空でプンタ・アレーナス経由でマウント・プレザント行きという方法にしました。アメリカン航空の機内食は普通でしたが、狭くて眠れずダラスまで寝付けなかったです。ダラスでは入国審査でまさかの長蛇の列。システムトラブルだとかでさらに1時間以上も待ちました。4時間はあった乗継時間は、結局ギリギリで搭乗。ダラスからの飛行機は疲れもあってか爆睡でした。サンティアゴには朝の7時頃に到着。ホテルまでのバスがあったので乗り込み、その日は観光もしました。スタンリーへの日、乗継のプンタ・アレーナスへ!トイレなど想像以上にキレイでびっくりでした。無事にマウント・プレザント空港へ着くと兵士がたくさん。入国審査ではホテルの場所を聞かれました。そしてここではポンドしか使えずUSドルもダメです。町に一軒だけの銀行でクレジットカードのキャッシングが使えたのでポンドを手に入れました。ポンドは事前に多めに用意した方がいいです。そこから一週間、フォークランド諸島を満喫しました。念願のペンギンにも会えて大満足です。帰りはまたサンティアゴで宿泊。サンティアゴからも問題なく、格安航空券でも大丈夫でした。

成田空港⇔スタンリー 26歳女性

両親と結婚前に旅行と思い、南米旅行へ一緒に行きました。スタンリーまで行きたかったのですが、長時間の乗換の飛行機はかなり疲れるだろうと思い、ブエノスアイレスからクルーズを申し込んでスタンリーを一日だけという計画で行きました。ブエノスアイレスまではアメリカン航空でダラス乗継という格安航空券があったので購入。アメリカン航空では食事もスタッフの対応も普通レベルで、格安航空券と考えれば満足でした。ダラスでは入国審査や荷物チェックに時間がかかっていましたが、十分に時間があったので乗り過ごすことなく、無事にブエノスアイレスに着きました。クルーズではとても快適で両親も楽しんでいました。スタンリーの港では、他にも定期船のようなものがありました。入国スタンプをもらって街中散策へ。イギリスっぽい建物が可愛かったです。砂浜の方へいくとペンギン達がいました。クルーズの最終地はサンティアゴだったので、サンティアゴで一泊してダラス経由で成田へ。帰りの機内では画面が壊れていたので退屈でしたが、疲れでほとんど寝ていたので大丈夫でした。格安航空券での長距離は初めてでしたが、特に気になることもなく無事に旅を終えて良かったです。

スタンリー旅行 よくあるFAQ

海外旅行へ行きます。保険は入っていたほうがいいですか?

加入することをお勧めします。
渡航中に身体または財産などに損害が生じた場合、被られた損害を補償できない、傷害の治療費を払えない、または、損害を受けた携行品の補償ができない場合があります。
海外旅行保険は、こういった場合に備え、自身の治療費や携行品の損害補償を担保してくれます。

ヘアスプレーを持っていきたいです。持ち込みはできますか?

ヘアスプレーは、1容器あたり0.5kg以下か0.5L以下のものであれば、スーツケースなどに入れての預け入れになります。入れ物がスプレー缶かどうかに限らず、100mlを超える容器に入った液体物は手荷物として機内に持ち込むことができません。
また、高温、火器注意の表示のあるものは持ち込みでも、預け入れでも禁止されています。

粉ミルクを溶かす用に、瓶にお湯入れて機内へ持ちこめますか。

ベビーミルクやベビーフードは液体物持ち込み制限の対象外です。乳児同伴で検査場を通過してください。
通過時に、瓶の中のお湯を確認後、機内へ持ち込むことができます。

お土産にライターを持っていきたいですが、可能ですか?

ライターはチェックインカウンターで預ける受託手荷物に入れることは出来ません。必ず機内持込み手荷物に入れてください。
また、機内持込み手荷物に入れることの出来るライターには一人1個までです。それも航空会社によって変わるので、事前に確認をお願いします。