1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. ボスニア・ヘルツェゴビナ
  4. サラエボ

サラエボの概要

サラエボ

画像の出典元: Michał Huniewicz

人口-
都市コードSJJ
人気の航空会社
  • 全日空
  • ターキッシュ エアラインズ
  • スイスエアラインズ
飛行時間13~15時間
サラエボ発の航空券情報はこちら

サラエボまでは飛行機でおよそ13~15時間で行くことができます。サラエボの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてサラエボ旅行を有意義に楽しみましょう。

サラエボ行きの最安値を比較

歴史に翻弄された渓谷の首都「サラエボ」

三角形をしたボスニア・ヘルツェゴビナの重心となる位置にある首都サラエボ。ミリャツカ川の両岸に細長く伸びるこの渓谷の都市は、90年代の紛争で長期にわたる包囲戦の舞台となりました。復興の真っただ中にあるサラエボでは、最新のビルディング群の新設と歴史的建造物の再建で建設ラッシュが起こっています。街を歩けば、サラエボ事件の現場となったラテン橋や、オスマン・トルコに征服されていた時代のモスクやバザールなど、観光資源も豊富。また、サラエボの南西12キロの地にあるボスナ川の源泉「ヴレロ・ボスネ」も、ボスニア・ヘルツェゴビナの自然を代表する景勝地として人気です。

サラエボの歴史

13世紀にスラブ人の要塞が築かれ、都市の基礎がつくられました。15世紀にオスマン帝国に征服され、トルコ語で「宮殿のある平地」という意味の「サライ・オヴァス」と名付けられたのがサラエボの語源です。1914年には、ヨーロッパを戦場と化した第一次世界大戦の引き金となったサラエボ事件が起きたことで知られています。1992年からのボスニア・ヘルツェゴビナ紛争では、セルビア人勢力によって4年にわたり包囲されました。

サラエボの経済

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都にして最大の経済都市ではありますが、まだ紛争から完全に立ち直っているとはいいがたい状況です。外貨の獲得は同国の経済回復には欠かせないので、ホテルやスキーリゾートといった観光・サービス業は重要な主軸産業となっています。製造業の分野では、ビールやたばこの生産が盛んです。

サラエボ行きの格安航空券について

現在、日本からサラエボ国際空港への直行便はありません。成田空港や関西国際空港からは、ドバイを経由するエミレーツ航空かイスタンブール乗り継ぎのトルコ航空がもっともリーズナブルな格安航空券です。中部国際空港からも、乗り継ぎが3回となりますが、エティハド航空の格安航空券プランがあります。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争では戦場ともなったサラエボ空港ですが、今日ではバルカン半島の重要なハブ空港となっています。

サラエボの気候

サラエボは内陸のうえ標高約500メートルとやや高地にあり、年間を通じて冷涼な気候です。とくに冬季は寒く、気温が氷点下になることもしばしば。雪が適度に降るのでウィンタースポーツに向いており、1984年には冬季オリンピックの会場となりました。年間を通して降水量は少ないですが、観光で訪れるならば晴れている日が多い夏がベストシーズンでしょう。夏季は比較的高い気温となり過ごしやすいです。

サラエボの主な交通手段

サラエボの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

サラエボは山岳地帯の渓谷の街なので、周辺諸国からのアクセスは空路がメインとなります。市内は公共交通機関が発達しており、路面電車・トロリーバスおよび路線バスでの移動が一般的です。とくに路面電車は、終日運転しているのでたいへん便利。市街地への自動車の乗り入れは制限されているので、歩行者にも安心な都市といえます。

サラエボ行き航空券利用者の声

成田空港⇔サラエボ空港 31歳男性

サラエボへ格安航空券を購入して行ってきました。航空券は往復ともにカタール航空のものです。成田空港から、まずはドーハ空港へ向かいます。成田空港でチェックインを済ませ、セキュリティチェック、出国をして出発を待ちます。そんなに混雑してないかなと思っていましたが、格安ツアーのグループでほぼ満席に近い状態でした。機内に乗って12時間のフライトです。夜だったので、機内ではほとんど寝て過ごしました。ドーハ空港でたくさんの乗継ぎ客がいました。自分もサラエボ行きの便に乗り継いで、6時間で到着しました。サラエボ空港は国際空港ですが、とてもコンパクトでした。人もガラガラだったので、入国審査や帰りの出国もすぐに終わりました。サラエボではサラエボ事件の博物館やオリンピックの博物館など、戦争の傷跡に触れるものが多かったです。ヨーロッパなのにイスラムの雰囲気もある独特な街でした。帰りはまたカタール航空です。ドーハ経由で成田へ帰りました。格安航空券でも今回は乗継ぎ時間が程よく余裕があり良かったです。

関西国際空港⇔サラエボ空港 44歳女性

女一人でサラエボを中心に旅行しました。エミレーツ航空の格安航空券を購入、出発当日は関空から深夜の出発でした。関空でチェックイン、荷物を預けて出国、ゲートに向かって機内に乗り込みます。初めてのエミレーツ航空だったので緊張しました。機内に乗ったら良い匂いのするタオルを配ってくれてリラックス。機内食を食べたら化粧を落としてぐっすり寝れました。10時間くらいのフライトでしたが、エンターテインメントも充実していましたし、サービスも良くてあっとう間にドバイに到着。ドバイに着いたら、サラエボ行きのフライドバイに乗継ぎです。ドバイでの乗継ぎはスムーズだったので、少し空港を見て回りましたが、とても綺麗でした。ショップもたくさんあって、帰りも乗継ぎに時間があったのでお土産を購入しました。サラエボとドバイ間のフライドバイですが、座席はかなり狭いです。サービス等は良かったですが、5時間のフライトは少しきつかったです。
無事にサラエボに着いたら、空港からはタクシーしかありませんでした。値段が高かったです。相場を調べておけばと後悔しました。サラエボでは東ヨーロッパ独特のデザインの雑貨がたくさんあって買い込みました。歴史的にも複雑な文化が混ざり合ったサラエボは歩いていて楽しかったです。帰りは行きと同じ空路で、サラエボ空港からフライドバイでドバイまで、ドバイからはエミレーツ航空で関空まで帰りました。ヨーロッパ方面へ行くときはまたエミレーツ航空の格安航空券を利用したいと思います。

福岡空港⇔サラエボ 29歳男性

ベオグラードの友人を訪ねるついでにサラエボも行きたくて、格安航空券を利用しました。ベオグラードを起点に、サラエボへはベオグラードからの高速バスで行きました。格安航空券は大韓航空とアエロフロートで購入。格安を求めて買ったので、フライト時間は行きは25時間、帰りは30時間かかりました。福岡空港からまずは大韓航空でソウルの仁川国際空港まで行きます。仁川国際空港でアエロフロートに乗り継いで、モスクワ・シェレメーチエボ空港へ向かいます。仁川国際空港からモスクワまでは9時間で到着です。ソウル、モスクワともに乗継ぎ時間がかなり余りました。格安航空券だから仕方ないですが、その分経由地の空港やお土産を見れるのが良かったです。モスクワでベオグラードまでの便に乗りました。ベオグラードまでは3時間とすぐで着きました。ベオグラードで友人と会って遊んだらいよいよサラエボへ。ベオグラードからサラエボまでのバスが出ているのチケットを買って行きました。乗客がかなり少なかったです。スルプスカ共和国内のサラエボバスターミナルに到着したら、またサラエボ市内までのバスに乗り換えました。バスはかなりの時間がかかりますが、時間があって、途中の雰囲気を味わいたい人にはお勧めのルートです。サラエボでは旧市街を中心に周りました。帰りはまた行きと同じ経路です。長旅は貴重な経験になりました。

サラエボ旅行 よくあるFAQ

ボスニア・ヘルツェゴビナはビザはいりますか?

日本との間で査証免除取り決めは結ばれていません。ですが、ボスニア・ヘルツェゴビナ政府の措置で、最初の入国日を起算とする6ヶ月のうち合計90日以内の滞在に関してはビザがいりません。

ボスニア・ヘルツェゴビナはシェンゲン協定圏内ですか?

ボスニア・ヘルツェゴビナはまだシェンゲン協定に加盟していません。

クロアチアから陸路でサラエボに行きます。入国審査はありますか?

クロアチアもボスニア・ヘルツェゴビナもシェンゲン協定には加盟していないので、行き来する場合、出入国審査はあります。入国スタンプがないと、トラブルに巻き込まれる可能性があるので、自分で必ず確認をしましょう。

サラエボに行くのにモスクワで乗継ぎます。乗継ぎでもビザはいりますか?

ターミナル間移動など、乗継ぎで利用する場合ならビザは要りません。ただし、市内に行くにはビザが入りますのでご注意ください。