1. トップ
  2. 南米
  3. ボリビア多民族国
  4. サンタクルス

サンタクルスの概要

サンタクルス

画像の出典元: ernanda Gonçalves

人口-
都市コードSRZ
人気の航空会社
  • 日本航空
  • アメリカン航空
  • ユナイテッド航空
飛行時間21~29時間
サンタクルス発の航空券情報はこちら

サンタクルスまでは飛行機でおよそ21~29時間で行くことができます。サンタクルスの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてサンタクルス旅行を有意義に楽しみましょう。

サンタクルス行きの最安値を比較

首都に対抗するもうひとつのボリビア「サンタクルス」

ボリビア第二の都市、サンタクルス。標高が高く肌寒いというボリビアのイメージとは違い、年中温暖な気候が続いて、独自の文化が広がっています。また第二と言えども市域のみの人口規模は首都ラパスよりはるかに多いのも特徴。そのおかげでサンタクルス市民はラパスに対抗意識を燃やし、地元への愛着もより一層強いのだとか。そんなサンタクルスを訪れた際に欠かせない観光スポットは近郊にある3つの世界遺産です。中でもインカ帝国成立以前に築かれたとされるパワースポット、サマイパタの砦は必訪。ボリビアのマチュピチュとも呼ばれ、巨大岩に描かれた人間や動物の絵は当時のロマンを感じさせてくれます。

サンタクルスの歴史

16世紀、ボリビア支配の拠点として、スペインにより建設されたのがサンタクルスの始まりです。しかしそれ以降あまり栄えることはなくいくつかの建物が点在するだけでしたが、20世紀になると農産物の輸出の拠点として急激に発展。日本人移民も多く受け入れるようになり、現地の農業に従事し農地開発のプロセスを伝えました。現在でもサンタクルス近郊の日系移民居住地を中心に、日本の血を引いた人々が数多く住んでいます。

サンタクルスの経済

主要産業は標高の低さを利用した農業。大豆やサトウキビなど、アンデスの高地では作れないものを、ボリビアの主要な輸出品の供給地として国内経済を支えています。またボリビアの空の玄関口としても栄えていることから観光業も盛んです。ホテルや周辺の世界遺産へのツアーが数多くあり、観光のしやすい都市だと言えるでしょう。政治の中心が首都ラパスだとしたら、サンタクルスは経済の中心です。

サンタクルス行きの格安航空券について

日本からサンタクルスのビルビル国際空港へは、最低2回の乗り継ぎが必要です。オススメはアメリカン航空でシカゴやダラスを経由してマイアミに向かい、マイアミからサンタクルスへ向かうルート。日本からであれば所要時間、乗り継ぎ回数共に最短で、値段も格安となっています。またサンパウロ、リマ、など他の南米諸国の各主要都市からの直行便が多いので、そちらも利用できます。格安航空券は直前だと手に入らない場合が多いので、ご予約はお早めにどうぞ。

サンタクルスの気候

ボリビアは南半球のため、日本とは季節が逆になっています。サンタクルスは一年中温暖な気候で、夏場には30度を超える日も多くあります。観光のベストシーズンは5~8月。最高気温は25度と控えめで、快適に観光をすることができます。また降水量も比較的少ないので雨具を携帯しておく必要もないでしょう。

サンタクルスの主な交通手段

サンタクルス市内の主要な交通手段はミクロと呼ばれる乗り合いバス。いくつもの路線があり、主な観光地や商店街であれば気軽にアクセスすることができます。ミクロが通っていない場所にはタクシーを利用すると良いでしょう。台数が多いのですぐつかまえられますが、観光客相手だと割増の運賃を請求してくる場合もあります。

サンタクルス行き航空券利用者の声

成田⇔サンタクルス 28歳男性

ボリビアの世界遺産やウユニ塩湖を回りたくて、友人と2人でサンタクルスを拠点にボリビアへ。ラパスに行く手段もあったけれど、サンタクルスがよさそうだったのでサンタクルス行きの航空券を探しました。格安航空券とは言え南米行きは結構値段も高く、検索するとあまり耳にしたことがない航空会社のチケットがたくさん記載。少々料金を追加するとアメリカン航空も出てきたので、アメリカン航空を購入しました。成田からダラス・フォートワース国際空港に向けて出発。目的地のサンタクルスまでかなりの長時間の旅になるので、成田からは寝て過ごすように心がけました。機内は空席があったのでそこに移動させてもらい、足を延ばすことができて快適でした。ダラスからマイアミに向かい、マイアミからサンタクルスのビルビル国際空港に行きました。正直言うととても疲れましたが、全て通しのアメリカン航空のチケットだったので、乗り遅れることもなく無事に行けたのでよかったです。サンタクルスではサマイパタの砦などの世界遺産を観光し、ウユニ塩湖にも行ってきました。念願の南米ボリビアへの旅は往復がとても疲れましたが、記念に残るいい思い出です。格安航空券を利用し、ツアーとは一味違った旅が楽しめたので大満足でした。

成田⇔サンタクルス 32歳男性

世界遺産を巡るのが趣味で、ボリビアのサンタクルスを拠点に世界遺産に行ってきました。ツアーだと費用がかなり高くなることもあるため、もっぱら格安航空券を探しています。サンタクルス行きに利用したのはアメリカン航空。往路は乗り継ぎが3回もある大変なルートだったけど、ボリビアを訪れるにはこれが普通らしいです。まずは成田からシカゴのオヘア空港まで約12時間のフライト。オヘア空港までは日本航空とのコードシェア便でした。長時間の空の旅でしたが、エンターテイメントが充実していたので特に飽きることもなく過ごせました。オヘアに到着し乗り継ぎ時間が3時間弱ありましたが、アメリカなので色々と手続きに時間がかかってしまい結構ギリギリでした。乗り継いでマイアミまで飛び、マイアミからサンタクルスのビルビル国際空港にようやく到着。成田からはサンタクルスはトータル34時間くらいかかった長い旅でした。サンタクルスに到着後は世界遺産のチキトスのイエズス会伝道などをメインに色々と観光しました。あっという間に滞在期間が終わり、再び長い空の旅。帰りはサンタクルスからマイアミ、マイアミからダラスというルートです。長時間フライトで疲れたのが本音ですが、ボリビアはとても魅力的な国でした。

成田⇔サンタクルス 60歳男性

以前日本に住んでいたボリビア人の友人を訪ねて、観光も兼ねて妻と二人でボリビアのサンタクルスに行きました。友人宅に数日滞在するので、個人で格安航空券を調べました。サンタクルスへは直行便はなく何度か乗り継ぎが必要で、聞きなれない航空会社を利用するのは少々抵抗がありました。その結果、馴染みのあるアメリカン航空の格安航空券を購入。成田からアメリカのダラス・フォートワース国際空港までは、日本航空とのコードシェア便でした。機内はほぼ満席でしたが、サービスもよかったです。12時間という長時間のフライトだったので、途中で立って歩いたり、ストレッチをするよう心がけました。定刻より30分ほど早く到着し、乗り継いでマイアミへ。アメリカは入国などに手間がかかりましたが何とか乗り継ぎができ、マイアミに到着後は最終目的地のサンタクルスのビルビル国際空港に向かいました。成田から1日以上かかりましたが、無事に到着できてよかったです。空港で友人と再会し、サンタクルス大聖堂やサマイパタの砦などを観光しました。ボリビアはあまり治安がよくないと聞いていましたが、現地の友人が色々と案内してくれたので、トラブルに巻き込まれることもなく楽しい旅行ができて大満足です。

サンタクルス旅行 よくあるFAQ

海外旅行をする際、飛行機の出発が急遽翌日になった場合などどうすればよいですか?

利用する予定の航空会社のカウンターで、代替え便の予約や手続きを行ってください。また、空港近くの宿泊施設や食事などの提供する場合もあるので、航空会社に問い合わせてみましょう。尚、悪天候など不可抗力による欠航の場合は、基本的に提供しません。

乗り継ぎ時間が2時間しかないけど、大丈夫でしょうか?

各空港には「最小乗り継ぎ時間」というものが定められています。航空券の購入時に、同じ航空会社の乗り継ぎの航空券を購入している場合は、最小乗り継ぎ時間を満たない便は発券されません。

空港には出発のどのくらい前に到着していればいいですか?

出発の2時間前には到着してください。また、シーズン時はチェックインカウンターだけでなく、手荷物検査などにも時間がかかるので余裕を持って到着するようにしましょう。

子供と一緒に行きますが、子供向けの機内食はありますか?

利用される航空会社や目的地によって異なりますが、多くの航空会社がチャイルドミールを用意しています。利用される航空会社のウェブサイトで確認し、事前予約することをおすすめします。