1. トップ
  2. アジア
  3. パキスタン
  4. ペシャワール

ペシャワールの概要

ペシャワール

画像の出典元: Joseph Bautista

人口-
都市コードPEW
人気の航空会社
  • カタール航空
  • ガルフエアー
飛行時間14~17時間
ペシャワール発の航空券情報はこちら

ペシャワールまでは飛行機でおよそ14~17時間で行くことができます。ペシャワールの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてペシャワール旅行を有意義に楽しみましょう。

ペシャワール行きの最安値を比較

文明と民族が入り乱れる都市「ペシャワール」

アフガニスタンとの国境にほど近い場所にあるペシャワール。パキスタンの首都、イスラマバードからはバスでおよそ2時間の道のりです。市内は主に旧市街、キャントンメント、ユニバーシティ・タウンの3つに分けられています。東部にある旧市街は迷路のような細い道や歴史を感じさせる建物が溶け合う、昔ながらの人々の生活が根付いた場所。特に目的地を決めずとも旧市街をのんびりと歩いているだけで、ペシャワールならではの雰囲気を存分に体感できることでしょう。一方でキャントンメントにはイギリス統治時代に築かれた整然とした街並が広がります。ホテルやレストランが多く、ペシャワールを訪れる旅行者の多くが観光の拠点する場所。見どころ満載のペシャワールですが、近年ではアフガニスタンから入国する難民を多く受け入れ、市内の一部は難民キャンプがあり、安易に立ち入ることのできない場所になっています。観光の際には露出の多い服は控えて貴重品はしっかりと身に着けておくなど、安全対策を欠かさずにしておきましょう。

ペシャワールの歴史

アフガニスタンとの国境地点にあるカイバル峠の麓の町として古くから栄えたペシャワール。多くの民族や国家に支配され、時代と共に変化してきた文明の交錯地点でもあります。そのような歴史から、市内中心部にはムガル朝時代のモスクや要塞、郊外にはガンダーラ都市遺跡であるチャルーサダーなどの遺産が点在し、今では主要な観光スポットとなっています。

ペシャワールの経済

ペシャワール及びその周辺の主要な産業は農業。昔から小麦を中心に数多くの作物が栽培されています。また、パキスタン国内の他の都市に比べて大学が多く、市内西部は「ユニバーシティ・タウン」として親しまれており、将来のパキスタン経済を担う若者の原動力溢れる学園都市となっています。

ペシャワール行きの格安航空券について

ペシャワールにあるバシャ・カーン国際空港へは乗り入れている航空会社が少なく、日本から訪れる際はパキスタンの他の都市と比べて若干料金が高くなってしまいます。おすすめはカタール航空にて、カタールの首都ドーハを経由するルート。比較的値段も控えめです。また、ラホールやカラチなどのパキスタンの主要都市から国内線を利用するのも良いでしょう。陸路でもペシャワールには行くことができますが、治安上の問題から空路を選択したほうが良さそうです。格安航空券は直前だと売り切れになる場合が多いので、予約は早めにしておくことをおすすめします。

ペシャワールの気候

ペシャワール観光のオススメの時期は暑さの和らぐ10~4月。平均最高気温は12~25度と過ごしやすく観光するにはベストのシーズンです。一方で夏場は非常に暑く、最高気温が40度を超えることも珍しくありません。降水量は年間を通じて少ないので、せっかくの旅が雨に襲われる心配は少なそうです。

ペシャワールの主な交通手段

空港から市内への移動はタクシーを利用するのがオススメ。空港から市内まで近いこともあり値段は比較的リーズナブルです。ただし、メーター制でないことが多いため、値段の交渉は事前に行っておきましょう。一方で、市内の主な交通手段は路線バス。一台一台異なった個性的な装飾のバスが運行しており、お手頃な値段で市内を移動することができます。

ペシャワール行き航空券利用者の声

成田↔ペシャワール 55歳女性

エティハド航空を利用してアブダビ経由でペシャワールまで行きました。ガンダーラ美術の本場に行ってみたかったので夫婦で熟年旅行を計画しました。若いころから旅行が趣味で主人とはいろいろな国を旅行してきました。今回はパキスタンでした。エティハド航空は、気になっていた航空会社だったので格安航空券が見つかったので乗るのが楽しみでした。今まで利用したことない航空会社を利用するのも旅の楽しみの一つです。エティハド航空は、アラブ首長国連邦の航空会社で、さすが石油王国だけあってお金がかかっているという感じがしました。全体に茶色・ベージュ色がベースカラーのようで、機内も落ち着いた感じでくつろげました。機内食も美味しかったし、機内エンターテイメントもアブダビまでは日本語吹き替えの映画、それも日本ではまだ上映されていない映画を観ることができて得した気分になりました。そして画面が大きくて見やすかったのもよかったです。客室乗務員は、アラブらしい制服でそれも旅の気分を盛り上げてくれました。すっかりエティハド航空のファンになりました。日本ではまだそれほど人気がないようですが、もっと評価されてもいい航空会社だと思いました。ペシャワールでは充実した旅行ができ、帰りの飛行機も楽しみだったので、成田に着くまで旅行を楽しむことができました。

羽田↔ペシャワール 32歳女性

女性の一人旅は危なくないかとちょっと心配をしたペシャワール旅行でしたが、気を付けて旅をしたので無事に帰ってこれました。なんとなくインドやパキスタンは、女一人というのが危ないイメージがありましたが、節度を守った行動をする限り大丈夫だと確信した旅でもありました。今回利用したのは、エミレーツ航空でした。エミレーツ航空なのでドバイ経由でした。1泊10万円もくだらないホテルが建ち並ぶ金満ドバイにも多少そそられましたが、乗り継ぎだけに徹しました。それにしても乗り継ぎ時間が長かったですが、ドバイの空港は、近未来空間のような造りで、見ているだけでも飽きません。が、あまりに長い乗り継ぎ時間の残りは、空港内ホテルが1時間単位で利用できたのでゆっくり休憩できたので良かったです。空港内は、あらゆる施設が揃っているので、長い待ち時間でも上手に時間を潰すことが可能だと思いました。さてエミレーツ航空ですが、評判通りの快適なフライトでした。エミレーツ航空の安定したサービスは、乗っていて気持ち良いものです。上位に選ばれる航空会社というのは、やはりサービスの違いなんだと思いました。正直格安航空券とは言っても若干割高感はありましたが、エミレーツ航空だったらOKかなというのが感想です。今度はドバイで乗り継いでヨーロッパ方面に行ってみたいと思いました。

関空↔ペシャワール 40歳男性

中国東方航空利用、北京経由イスラマバード行き往復の格安航空券を購入しました。仕事でイスラマバードへ行く用事があったので仕事の合間に週末はペシャワールまで小旅行しました。イスラマバードからペシャワールまでは時間にそれほど余裕がなかったので、パキスタン航空でカラチ経由ペシャワール行きのパキスタン国内線の航空券を現地スタッフに手配してもらいました。フライトについてですが、中国東方航空は、中国の航空会社なので最初から何の期待もせずに乗ったので、それほどひどいとも思いませんでしたが、決して評価が高い航空会社ではないことだけは確かだと思います。期待するから失望するのであって、最初から期待しなかったら何ともないものです。パキスタン航空は、なんとなく機内が臭い(体臭か?)気がしたのは、パキスタン人がほとんどだったからかもしれません。国内線ですがカラチで乗り継ぎでしたが、乗り継ぎ時間もフライト時間も2時間しなかったので、苦労なく移動することができました。ペシャワールでは、旧市街を散策したり、のんびりと休日を過ごしました。ペシャワールは、新市街にある博物館は必見です。ガンダーラ美術をたくさんみることができます。

ペシャワール旅行 よくあるFAQ

リコンファームに必要なものは何ですか?

リコンファームの際、航空券予約番号、搭乗者名、搭乗便と日時、現地滞在場所、ホテルの場合は部屋番号、連絡が付く電話番号をお知らせください。ホテルに宿泊している場合は、コンシェルジェかゲストリレーションに頼めばリコンファームしてくれるホテルもあります。その際有料かどうかを確認してからお願いするようにしてください。

マイレージのポイントを貯めているのですが、格安航空券でも加算されますか?

航空会社によりマイレージの規定は様々です。マイレージ加算できる場合、加算できても換算率が違う場合、加算できない場合などがありますのでご利用航空会社へ直接ご確認ください。あるいは空港チェックインの際に係員までお申し出ください。

どうしても窓側の席に座りたいのですが?

あいにく座席の指定はお受けしていません。ご利用航空会社へお問い合わせ頂くか、空港チェックイン当日係員にお席のご希望をお伝えください。ご希望が通る場合もありますが、確約できるものではありません。

機内は乾燥するのでミスト化粧水を持ち込みたいのですができますか?

化粧品、ヘアスプレーなどは場合によっては持ち込みできない場合もあります。事前にご利用航空会社に確認してください。また持ち込み可能であっても容量に制限がありますので、携帯用をご用意ください。