1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. ペルピニャン

ペルピニャンの概要

ペルピニャン

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードPGF
人気の航空会社-
飛行時間14~16時間
ペルピニャン発の航空券情報はこちら

ペルピニャンまでは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。ペルピニャンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてペルピニャン旅行を有意義に楽しみましょう。

ペルピニャン行きの最安値を比較

フランス国内からのペルピニャン行き 最安値を比較

赤い壁の小国の都「ペルピニャン」

ペルピニャンはフランスの最南部、スペイン国境に近いルシヨン平野の中央に位置します。小国ながら王国の都が置かれたこともあった北カタランの中心都市は、「赤い要塞の街」の異名をもつ独特の街並みが魅力です。旧市街の丘の南端に建つマヨルカ王国の王宮は必訪。宮殿と呼ぶにはやや無骨な石造の建物からは、仏西という2つ強国に挟まれながらも必死に勢力を拡大しようとしたマヨルカ王の苦節がにじみ出ているかのようです。ひと山越えればイベリア半島というペルピニャンで、地中海の太陽と風を感じながら陽気な旧市街の歴史散歩に出掛けてみましょう。

ペルピニャンの歴史

都市としてのペルピニャンの名は、927年に初めて史料に登場します。13世紀にマヨルカ王国が建国されると、ペルピニャンはその首都となりました。1463年にフランスに征服され、1493年にスペインのカスティリャ王国に割譲されましたが、17世紀に再びフランスが武力で占領。以後仏領として現在に至っています。

ペルピニャンの経済

仏領カタロニア地域の中心都市として、商工業がさかんです。とくに鉄鋼業や羊毛・皮革産業で古くから知られています。また、国内でもとみに温暖な気候を利用した農産物もバリエーション豊か。良質のオリーブオイルやコルク材を産出することで有名です。近年では、JOBと呼ばれるタバコの巻紙ブランドの生産拠点が建設されています。

ペルピニャン行きの格安航空券について

ペルピニャン最寄りのペルピニャン=リヴェサルト空港へは、パリのオルリー空港やボルドー、ナント、ナンシーなどの国内線が多く就航しています。また、国際線もジュネーヴやマドリード、ブリュッセルなどとの間に定期便があります。日本からペルピニャンに向かう場合は、パリを経由するのが一般的でしょう。オルリー空港へは、成田空港からアエロフロートロシア航空の格安航空券が利用できます。

ペルピニャンの気候

フランス最南の平野にあり、国内でもっとも暑くなる地域にあります。それでも東京から見れば穏やかな気候で、夏には最高気温が30度を超える日もありますが、乾燥しているので蒸し暑くは感じません。10月に一時的に降水量が増大する時期があるので、その前の6月から9月かけての乾いた夏場が観光のベストシーズンと言えるでしょう。

ペルピニャンの主な交通手段

ペルピニャンの主な交通手段

画像の出典元: eldelinux

市中心部から4kmほど離れた空港からは、シャトルバスがペルピニャン駅まで運行しています。ペルピニャン駅にはパリから高速鉄道TGVが出ているだけでなく、100km強とほど近いスペインのバルセロナとも国際列車で結ばれています。市内の移動はバスかタクシーが基本となりますが、旧市街までは駅から歩いてでも十分行ける距離です。

ペルピニャン行き航空券利用者の声

羽田⇔ペルピニャン 30代男性

ヨーロッパへの旅行は毎年のように行っていますが、いつもその国の中心となるような場所ばかりでした。格安航空券が手に入った今回は、せっかくなので普段は選ばないような都市、フランスのペルピニャンへ旅行に行きました。日本からエールフランス航空の飛行機に乗って、快適な機内を楽しみつつ、パリの空港へ。乗り継ぎまでの待ち時間は食事と買いもので埋め合わせました。何度かシャルルドゴール空港は利用しているので、入国も乗り継ぎも楽にできて良かったです。ペルピニャンについたのは、パリで乗り換えてわずか1時間ほどでした。リヴェサルト空港はこじんまりとしていて、自然の温もりみたいなものを感じられる良い空港でした。市内へはシャトルバスを使い、ホテルに入ってチェックイン。フランスにいながらスペインの雰囲気も味わえると聞いていましたが、ペルピニャン市内の印象はまさにそんな感じでした。エールフランス航空の航空券で再びお世話になり、パリを経由して帰国しました。英語が使えればこれといって苦労することもなく、スムーズな旅行ができると思います。自分のように主要都市ばかり旅行してきた人は、ペルピニャンのような街が新しい発見になるのではないでしょうか。

羽田⇔ペルピニャン 20代女性

1度くらい旅行でヨーロッパを見ておこうと友人が誘ってくれたので、格安航空券ではじめてフランスのパリとペルピニャンヘ行ってきました!フランス語はだめ。英語もぎりぎりなわたしですが、友人の助けと飛行機の優しいスタッフのおかげで終始気軽に楽しむことができました。エールフランス航空の航空券ははじめて利用しましたが、機内はゆったりしていて使いやすかったです。パリまでけっこう時間があったけど、1度もイライラしなかったのは、まちがいなく飛行機が快適だったからだと思います。パリでは1日買いものをして、その日の夜にはペルピニャン行きの飛行機に乗りました。日本からの直行便はないということなので、こうやってパリも楽しむのがオトクでオススメですね。ペルピニャンについたらタクシーで移動してホテルで一休み。街はパリとはまたちがった雰囲気でとってもいい感じ!わたしにはわからない歴史的なお城みたいなものがたくさんあったので、そういうのが好きな人ならもっとペルピニャンを楽しめると思いますよ。滞在時間は短く、市内を観光し終わったら帰りの飛行機の時間です。パリに向かって数時間乗り換え便を待ち、それからフランスを出国しました。格安航空券でおさいふにも余裕があるので、とにかく楽しいだけの旅行でした。

羽田⇔ペルピニャン 60代男性

フランスはとても好きで、昔からよく夫婦で旅行にいっていました。この度娘が航空券をプレゼントしてくれたので、夫婦で60代最初のフランス旅行へ。いつもはパリだけですが、今回は時間を割いてペルピニャンまでの旅行です。エールフランス航空の飛行機はやっぱり素晴らしく、わたしたちのような日本人には特に親切にしていただけていると感じます。パリでは少しの観光と飛行機の乗り換えを行い、ペルピニャンではゆったりと観光名所である旧市街を歩きました。ペルピニャン駅の段階で感じていましたが、市内の雰囲気は穏やかで、良い意味で田舎らしい魅力に満ちています。刺激のようなものよりも、のんびりとした旅行を楽しむなら、ペルピニャンのような街が1番いいのかもしれません。帰国の便もエールフランス航空の航空券でした。気を使ってゆっくりと英語を話してくれたり、体をほぐすようにアドバイスしてくれたりと、機内では非常にやわらかい接客をしていただけました。格安航空券だったのですが、いつだって気持ちのいい旅行をさせてくれる航空会社には感謝ですね。もちろんチケットを取ってくれた娘と、つきあってくれた妻にも感謝しています。

ペルピニャン旅行 よくあるFAQ

長いフライトで注意すべきことはある?

ロングフライト症候群を防ぐために、軽い足の運動とこまめな水分補給を行いましょう。締め付けの少ないゆったりとした服を着ることも、長時間のフライトを快適に過ごすコツとなります。

飛行機の乗り換えは何時間前にいけばいい?

フライト予定の飛行機が出発する1時間前には、チェックインを済ませておく必要があります。空港内を移動する時間もあるので、なるべく時間には余裕を持っておくといいでしょう。

スマホの充電器は持ち込んでも大丈夫?

コンセントの充電器なら機内への持ち込みは問題なくOKです。予備バッテリーなどのリチウムイオン電池は預け入れができず、容量などによって規定があるので、搭乗前に確認しておいてください。

体調が不安なときは薬を持っていってもいい?

飛行機への持ち込みは可能なので、体調が不安な方、いつも飲んでいる薬がある方は万が一を考えて準備しておくといいでしょう。液体のものは透明の袋に入れて管理する必要があるため、あらかじめ薬をまとめておくことをオススメします。