1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. ポー

ポーの概要

ポー

画像の出典元: .Robert. Photography

人口-
都市コードPUF
人気の航空会社
  • アエロフロートロシア航空
  • 中国国際航空
  • エールフランス
飛行時間14~15時間
ポー発の航空券情報はこちら

ポーまでは飛行機でおよそ14~15時間で行くことができます。ポーの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてポー旅行を有意義に楽しみましょう。

ポー行きの最安値を比較

フランス国内からのポー行き 最安値を比較

ピレネーの山々を望む古都「ポー」

フランスとスペインの国境をなすピレネー山脈の北麓に広がるベアルン地方。その中心都市であるポーは、かつてフランス国王を輩出したこともある歴史あるナバラ王国の旧都。19世紀以降はイギリスやアメリカ、そしてロシア人などの保養地として高い人気を博してきました。旧市街の西に建つポー城は、白塔美しき古都のシンボル。アーチ状の城壁上のブールバールを歩けば、ポー川越しにピレネー山脈の雄大な景色が広がるでしょう。そしてポーに来たなら、食も大きな魅力。鴨やガチョウを使ったポトフやコンフィなどは、この地方を代表する料理として外せません。

ポーの歴史

「ポー」とはもともと現地オック語の「杭」を意味するとされ、12世紀ごろにベアルン子爵ガストン4世が館を建設したのが始まりとされています。16世紀初頭にベアルン伯家出身のカタリナがピレネー西部を治めるナバラ王国の女王となると、その都がポーへ遷されました。1553年にこの地で生まれたアンリ4世は、後にフランス国王となりました。

ポーの経済

ポーの北西部一帯で天然ガスを産出しており、経済を支える重要な資源となっています。同時に石油取引もさかんで、国内を代表する石油会社がポーに拠点を構えています。また資源の調達に都合が良いことから、機械工業や化学工業、食品加工業などの製造業でも有名。とくにヘリコプターなどのエンジン製造で世界的に知られています。

ポー行きの格安航空券について

ポー最寄りのポー・ピレネー空港へは、国内線がいくつか就航しています。日本からもっともアクセスしやすいのは、パリのシャルル・ド・ゴール空港を経由するルートでしょう。このヨーロッパ有数のハブ空港へは、日本の各国際空港からも多くの便が出ています。格安航空券でパリへ飛んだ後は、エールフランス航空子会社のリージョナル航空会社「オップ!」が運航する国内便に乗り継ぎ、約1時間半でポーに到着します。

ポーの気候

フランスの南部に位置し、一年を通じて穏やかな気候ですピレネー山脈の北麓にあるため、とくに冬には山越えのフェーン現象の影響を受けます。ヨーロッパのフェーン風は日本と違って暖かく、風が止むと雪が降ります。仏国内では湿度が高いですが、夏でも30度に達することは少ないので、観光には6月から9月がおすすめです。

ポーの主な交通手段

ポーの主な交通手段

画像の出典元: en.wikipedia.org

空港から10㎞ほど離れた市中心部へは連絡バスが運行しています。また、鉄道でボルドーやトゥールーズ、さらには仏西国境の町イルンなどへ容易にアクセスできます。また、ポー市内はバス網が充実。とくに中心部では、無料のシャトルバスも走っています。そして、川原にあるポー駅から丘の上の旧市街へは1908年開業の可愛らしいケーブルカーが今でも営業中です。

ポー行き航空券利用者の声

成田空港⇔ポー空港 27歳女性

観光目的でポーへ行ってきました。ピレネー山脈にあるポーはとっても景色が良くて最高です!ジャムや蜂蜜など、美味しいものもたくさんありました。そのポーまではアエロフロート・ロシア航空の航空券で行きました。アエロフロート・ロシア航空の往復で格安航空券があったので助かりました。成田空港から昼過ぎに出発。飛行機の中で寝るために前日は徹夜しました。機内は思ったより空いていました。エコノミーでしたが座席が広くてゆったりできてぐっすりと寝れました。モスクワで乗り継いでパリのシャルルドゴール空港の便に乗り換えました。行きも帰りも思っていた以上に定刻通りの運航でびっくりしました。シャルルドゴール空港に着いたら入国審査を通過して、バスでオルリー空港へ向かいます。オルリー空港からはエールフランスでポー空港へ行きました。ポー空港はそんなに大きい空港ではなかったですが、観光客も意外と多かったです。空港から市内まではバスで移動しました。帰りはというと、ポー空港からオップという航空会社で直接シャルルドゴール空港まで行きました。小さくてバス感覚のような飛行機でした。アエロフロート・ロシア航空で予約でしたが、帰りはシャルルドゴール空港からモスクワまでエールフランスでした。モスクワで成田行きのアエロフロートに乗り換えて帰りました。格安航空券でも満足な旅ができました!

関西国際空港⇔ポー空港 41歳男性

ポーへ行くのに格安航空券を利用しました。ネットで検索したところ、エールフランスでの航空券が格安であったので買いました。実際に空港へ行くと、関空からはオランダ航空の機体でした。サービスや機内食、エンターテイメントが充実していて、機内で退屈することがなかったです。オランダのアムステルダムで1回目の乗継ぎ。1時間しかなかったですが、ターミナル移動がしやすかったので間に合いました。またオランダ航空でリヨンへ向かいます。リヨンでオップに乗り継いで1時間半ほどでポーに到着しました。ポーの空港からはバスがあるのですが、行きはバスが終わっていたのでタクシーを利用して宿泊先まで行きました。ポーではポー城とピレネー山脈が覗けるピレネー大通りが印象的です。ポーを中心に周辺の街を観光して、帰りはまたポー空港へ。ポー空港からリヨンまではまたオップです。リヨンからアムステルダムまではシティホッパーでした。機体は小さいですが座席はゆったりしてました。機体が小さい分、1時間少しのフライトでも結構揺れました。これはオップもそうですね。アムステルダムからは関空までは、またオランダ航空でした。行きも帰りもエールフランスに直接乗れませんでしたが、全体的に快適でした。また格安航空券を利用したいと思います。

福岡空港⇔ポー空港 58歳女性

南西のフランスに訪れたく、ポーを中心に観光しました。前もって航空券を探しておいたからか、かなりの格安で航空券を買うことができました。往路は2回乗継ぎの30時間のフライトでした。福岡からは朝に行き、チェックインをしました。羽田空港までANAで向かい、羽田空港からはエールフランスでした。ランチとディナーで2回機内食が出てきましたが、どちらも美味しかったです。また、エコノミークラスでもシャンパンやワインが飲めたのが感動しました。夫はお代わりまでしていました。パンもさすがに美味しかったです。良い気分でパリのシャルルドゴール空港に到着して、入国審査などを受けました。バスでオルリー空港まで向かって、またエールフランスでポー空港へ向かいました。バスが運航している時間だったので、市内の駅まではバス移動でした。他にも観光客のような人が大勢いましたが日本人は少なかったです。帰りはポー空港からオップで直接シャルルドゴール空港へ行き、エールフランスで成田空港へ帰りました。成田空港から福岡空港まではJALでした。現地では日本では見れない景色やグルメを楽しめました。有名なジャムのお土産もたくさん買えました。格安航空券でも満足できる旅行ができて感謝です。

ポー旅行 よくあるFAQ

フランスで国内線に乗継ぎがあります。入国審査は目的地でしますか?

フランスの入国審査は、最初にフランスに入った空港であります。もし、フランスまでにシェンゲン協定加盟国を経由する場合は、経由地で入国審査になります。

チーズやマカロンは日本に持ち込み可能ですか?

チーズとマカロンは空港でのセキュリティチェックで没収される可能性があります。スーツケースの中に入れて、預け入れで持ち帰りましょう。

フランスはビザなしでどれくらい滞在することができますか?

フランスはシェンゲン協定に加盟しているので、観光ビザではあらゆる180日の期間内で最大90日間は滞在することができます。シェンゲン協定加盟国と併せての日数になるので、フランス以外にも滞在する場合は日数に注意が必要です。

フランスの友人にお土産を持っていきたいです。持ち込みできないものはありますか?

肉・肉製品、牛乳・乳製品に加えて、1kg以上の動物製品、2kg以上の魚介類、5kg以上の植物製品はすべて没収になることがあります。