1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. ミュルーズ

ミュルーズの概要

ミュルーズ

画像の出典元: ja.wikipedia.org

人口-
都市コードMLH
人気の航空会社-
飛行時間14~16時間
ミュルーズ発の航空券情報はこちら

ミュルーズまでは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。ミュルーズの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてミュルーズ旅行を有意義に楽しみましょう。

フランス国内からのミュルーズ行き 最安値を比較

産業発展に力を注ぐ、水の都「ミュルーズ」

フランス東部のアルザス地域圏のオー・ラン県南部にあるミュルーズ。スイスの主要都市でもあるバーゼルの近くに位置します。ミュルーズの紋章を見てみると風車のデザインがありますが、これは、ミュルーズという地名が「水車小屋」を意味することからきています。工業都市で、ミュルーズ染織美術館や国立自動車博物館、フランス鉄道博物館など、産業関連の博物館が多いことも特徴の一つ。また、地元の方のみならず観光客にも人気の国際カーニバルや自動車フェスティバル、クリスマス市などのイベントも度々催されています。

ミュルーズの歴史

始まりは紀元前58年頃という伝説がありますが、ミュルーズが記録に初めて現れるのは12世紀。「水車小屋」の名の通り水資源に恵まれ、18世紀以降には繊維業を中心としたことで工業化が進んでいきました。その後の1940年には、ナチス・ドイツのフランス侵攻によってドイツに占領されましたが、1945年5月の終戦と共にフランス統治に戻りました。

ミュルーズの経済

ミュルーズがあるフランスのアルザス地方は、昔から繊維産業や染織産業が盛んにおこなれてきました。これらの産業の発展によりミュルーズは急速に発展し、産業革命の町として名を轟かせていきました。また地理的条件に恵まれていることから、現在では通信、サービス産業などの新しい分野の発展も進んでいるのです。

ミュルーズ行きの格安航空券について

日本からミュルーズへの直行便はありません。そのため、フランスのパリで乗り継ぐのが一般的なルートです。格安航空券をお探しの方には、2都市を経由するプランが良いでしょう。中でも、仁川とパリを経由する大韓航空とエールフランスがおすすめ。他の航空会社を使ったプランなど、詳細はスカイチケットのホームページでもご覧になれます。

ミュルーズの気候

ミュルーズの夏は日本と同時期である6~8月。気温は20度台半ばほどしか上がりませんが、1年を通してもっとも気温が高くなるこの時期が、観光には最適なシーズンといえるでしょう。一方で、1~3月の冬季は気温が氷点下まで下がることが多く寒い日が続きます。この時期に訪れる際は、防寒の用意をしっかりとしておくと安心です。

ミュルーズの主な交通手段

ミュルーズの主な交通手段

画像の出典元: ja.wikipedia.org

空の玄関口は、ユーロエアポート・バーゼル・ミュルーズ空港です。空港から市内へのアクセスには、バスまたはタクシーが便利です。また、ミュルーズ市内には路線バスとトラムが運行しており、共通チケットで利用することができます。そのほか、レンタサイクルという手段もあります。利用の際は自転車レーンを走る等、交通ルールをしっかりと守るようにしましょう。

ミュルーズ行き航空券利用者の声

羽田⇔ミュルーズ 40代女性

フランス好きの友人から熱心にミュルーズ行きを勧められたので、格安航空券を予約し旅行に行ってまいりました。女4人での旅行なのでとにかく楽しく、トラブルのないようにANAを選択。パリで乗り換える航空券でしたが最短時間でのフライトとなったので、フライトの疲れもなくミュルーズに着けたのがよかったです。途中のパリではあまりゆっくりできなかったので、次回のフランス旅行の目的ができました。
ミュルーズには博物館がたくさんあるということで、街並みの散策とともに歴史を楽しみました。自動車博物館なんてどんなものかと思ってましたが、行ってみるとやっぱりテンションが上がってしまいますね。
帰国の航空券もパリでの乗り換え便です。友人の1人がしっかり時間を把握してくれてたので、乗り換えもスムーズでした。旅行の時は、そういうきっちりした旅の仲間は大切ですね。
今回はANAとエールフランス航空の2つを利用しましたが、どちらもサービスとしては1級品の内容。フランスのようにフライト時間がかかる場合には、航空会社にもこだわるべきなのかもしれませんね。

成田⇔ミュルーズ 40代男性

子供をつれての海外旅行は初めてでしたが、格安航空券があったので安く行けると思い、今回フランスのミュルーズに行ってきました。JALの飛行機でパリまで。そこからエールフランス航空に乗り変えてミュルーズという航空券でしたが、特段の不満もなく、子供も妻も飛行機の旅は快適そうでした。冬の季節だったのでミュルーズの空気はとっても澄んでいて、街もクリスマスに向けたお祭りムードといった感じでした。子供は最初日本とは違う雰囲気に多少戸惑っていたみたいですが、すぐにフランスを楽しんでいました。こういうときは、子供の方が環境に順応しやすいのでしょうね。
くたくたで帰路に着くことになったので、帰りの飛行機で私は爆睡でした。子供もよく眠っていて、乗り換えの間もずっと眠っていました。JALもエールフランス航空もとても親切で、いい思い出になったのではと思います。また格安航空券が手に入ったなら、ヨーロッパを家族で旅してみたいですね。今度は子供の方から、どこに行きたいのか希望を聞いておきたいと思います。

成田⇔ミュルーズ 20代女性

フランスは2回目。でもミュルーズは初めてでした。お金が十分でないときでも、格安航空券なら思いつきで旅行できるのがいいですよね。
まずJALの飛行機に乗って、12時間くらいでパリに着きます。そこで乗継に5時間くらいありました。それからミュルーズ行きの飛行機に乗って、1時間くらいで着きました。時間にはかなり余裕のある旅行プランで散歩がたくさんできて楽しかったです。「その街を歩く」ということが旅行の醍醐味だと思っているので。
観光スポットもあらかた回ったので、後半はほとんどレストランや公園でゆっくりくつろぎました。帰りも行きと同じ経路の航空券。旅行の疲れが溜まるころと思いましたが飛行機の添乗員さんは親切で、機内もリラックスでき疲れはさほどでもなかったです。
無事帰国できたのがなによりも良いこと。もちろんミュルーズも楽しかったので、また格安航空券を手にできたら友達と一緒に行ってきます。何回行ってもいいくらいの場所でした。やっぱりフランスはいいですね。

ミュルーズ旅行 よくあるFAQ

スマホを使いたいのだけど、機内に充電器は持ち込んで平気?

コンセント式であれば問題なく持ち込みができます。飛行機によってはコンセントが完備されているので確認しましょう。モバイルバッテリーなどはリチウム電池に制限があって預け入れができないので、事前に手持ちに入れておくようにしてくださいね。

フランスへの入国審査が不安です。

フランスの入国審査に特別必要なものはなく、入国理由の質問も非常にシンプルなものとなっています。フランス語ではなく英語で大丈夫なので、簡単な質問に答えられるようにしておきましょう。

機内はラフな格好でもOK?

周囲に不快感を与えないものなら、特にきっちりとした服装でなくても大丈夫です。長時間のフライトでは比較的楽な姿勢を作れる服装の方が、体のためになりますよ。

空港で具合が悪くなったらどうすればいいの?

具合が悪くなったなら、すぐ近くにいるスタッフに声をかけましょう。空港にはメディカルスタッフや救急室があるので、我慢する必要はありません。もし飛行機内で具合が悪くなったときも、1人で我慢せずにスタッフに相談してくださいね。