1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. ルルド

ルルドの概要

ルルド

画像の出典元: istockphoto.com

人口-
都市コードLDE
人気の航空会社
  • エールフランス
飛行時間14~16時間
ルルド発の航空券情報はこちら

ルルドまでは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。ルルドの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてルルド旅行を有意義に楽しみましょう。

ルルド行きの最安値を比較

フランス国内からのルルド行き 最安値を比較

聖母マリアがあらわれた奇蹟の泉の地「ルルド」

聖母マリアがあらわれた奇蹟の泉の地として知られる、フランスの南端「ルルド」。少し南に下るとスペイン国境であり、この地の方言には少しスペイン語の訛りも感じられます。この街には19世紀後半以降、洋の東西を問わず、多くの巡礼の旅人が訪れるようになりました。聖母マリアの出現に伴い湧き出したという「ルルドの泉」には、病が癒えるという言い伝えがあり、その泉が湧く「奇蹟の洞窟」の周辺には常に行列が絶えません。泉の水は水汲み場から自由に汲むことが出来るため、多くの人々が容器に入れて持ち帰ります。洞窟の上にあるのは、世界で3番目に大きな「聖ピオ10世地下聖堂」。熱心な祈りが捧げられ、神聖な空気に満ちています。

ルルドの歴史

フランス南部・ルルドの街の歴史は、聖母マリアの出現という奇蹟を抜きに語ることは出来ません

ルルドの経済

フランスの巡礼の聖地・ルルドの経済を潤しているのは、やはり観光業。世界中から訪れる、年間およそ500万人以上の人々を受け入れ続けています。ホテルの数は200軒を超え、11つのキャンプ場もあります。また、約220軒のお土産物屋もあり、それぞれがルルドの経済を支えています。

ルルド行きの格安航空券について

日本からフランスのルルドまでは直行便が出ていないため、乗り継ぎが必要になります。エールフランス航空でパリに向かいトランジットするのが一般的なルートです。ただし注意が必要なのは、パリでシャルル・ド・ゴール空港からオルリー空港まで空港間の移動があるということ。シャルル・ド・ゴール空港で荷物を引き取って入国した後には、外に出てエールフランスバスに乗り込み、オルリー空港に移動です。移動時間はおよそ1時間ほど。各種手続きなどを含めて最低でも4時間は見ておく必要があります。

ルルドの気候

標高約3000mのピレネー山脈が近いルルドは、夏でも平均気温が20度たらず。とても涼しく、避暑地としても人気の場所です。朝晩の寒暖差があるので、長袖のカーディガンなどを持っていくと安心です。しかし、冬の最低気温は零下を下回ることも多いので、厚手の下着などで防寒対策を心がけましょう。また年間を通じて、一時的な土砂降りの雨に見舞われやすいので、雨具が必要です。

ルルドの主な交通手段

ルルドの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

ルルドでは「モンシティバス」という路線バスが走っています。A1・A2・A3・S4・S5という5路線で、2013年から運行が始まりました。また、ピック・デュ・ジェール(ジェールの丘)に登れるケーブルカーも走っています。ジェールの丘の頂上からは、ピレネー山脈の美しい山並みとルルドの街を眺めることが出来るでしょう。

ルルド行き航空券利用者の声

羽田空港⇔ルルド空港 36歳男性

ピレネー山の麓にある小さな町のルルドに、夫婦で旅行するために格安航空券を利用しました。羽田空港からエールフランスで、パリのシャルル・ド・ゴール空港へ行き、オルリー空港への空港間移動をしました。その後、オップに乗りルルドに到着しました。帰りも逆のルートで帰りました。
エールフランスは足元が広く、エンタメは日本語の映画も3本ありタッチパネルも使いやすく、12時間半のフライトは快適でした。食事もエコノミーなのに、温かいパンが出たのとビーフも柔らかくておいしかったです。朝食のほうれん草とオムレツも結構いけました。
シャルル・ド・ゴール空港からの空港間移動では、エールフランスが運行するバスで移動しました。パリの北から南までの移動は、思ったより時間がかかりました。乗り継ぎ時間が4時間あったので余裕でしたが、初めての体験で結構ドキドキしました。次の航空券はオップを利用です。とても小さな飛行機でしたが、1時間ちょっとのフライトだったので特に問題はありませんでした。
ルルドでは、現在ピレネー博物館になっている城塞へ行き、堅固な城塞は感動しました。城塞からは、壮麗なサンクチュアリを眺め、その後、ゆっくり聖域を観光しました。帰りは空港間乗り継ぎにも慣れ、快適なフライトでした。また、格安航空券で旅をしたいと思います。

関西国際空港⇔ルルド空港 48歳女性

奇跡をいただけないかと、フランスのルルドへ夫婦で旅をするために格安航空券を使いました。関西国際空港からは一番安かったKLM オランダ航空を使い、アムステルダムで1泊したのち、パリに行きました。パリではシャルル・ド・ゴール空港からオルリー空港へ空港間での乗り継ぎがありましたが、時間的に余裕があったので、観光しながら向かいました。その後、ルルドまではオップに乗って向かいました。
アムステルダムでは4つ星ホテルがキャンペーンだったため、1万円以下で泊まれました。ホテルの無料シャトルでホテルには17時にチェックインをし、夜はバーでピアノを聞きながら過ごしました。
翌日、KLM オランダ航空でパリのシャルル・ド・ゴール空港からオルリー空港に乗り継ぐ際に8時間のトランジットがあったので、メトロ1に乗り、チュルリー公園やシャンゼリゼ通り、コンコルド広場、アレクサンドル3世橋などを観光し、オルリー空港に向かいました。オルリー空港(パリ市内⇔空港間)までのタクシー運賃が定額になったので、そちらを使いました。
ルルドに着き3日間の聖域観光を楽しみ、オップでオルリー空港へ。シャルル・ド・ゴール空港へ行き、エールフランスで関西国際空港に帰りました。盛りだくさんの観光ができて楽しかったです。また、格安航空券を利用して旅をしたいと思います。

成田空港⇔ルルド空港 28歳女性

ルルドの聖域と奇跡の洞窟に行きたくて、女子友4人で格安航空券を利用してルルド旅行に行きました。エールフランスで成田からパリのシャルル・ド・ゴール空港に行き、オルリー空港へ空港間移動。オップ航空の航空券で憧れのルルドへ行きました。帰りは全く逆ルートで戻りです。
エールフランスは、足元が広くエンタメも充実していたので快適でした。機内食も憧れのフランス便と思うだけ大満足。機内食は量もあり、ケーキやクラッカーもあったので、さらに大満足でした。軽食のサンドイッチはチーズがとてもおいしかったです。パリでの空港間移動は、4時間弱だったので、行く前は大丈夫かなと心配しました。でも、エールフランスが運営するカーズというバスがあり、ちょうどよい時間があったので、乗り換えもスムーズでした。
ルルドに着いたのが夜遅かったのですが、シャトルバスがあったので助かりました。しかも、部屋にはバスタブが付いており、ホテルの施設にはソラリウムもありました。翌日は、サンクチュアリやベルナデッドの奇跡の洞窟を観光しました。
帰りの飛行機もCAさんが優しくて、寒がっていると気が付いてくれ、ブランケットを持ってきてくれました。思い出に残る旅ができたので、奇跡が起きたら嬉しいと思います。また、格安航空券を使い、また旅行したいと思いました。

ルルド旅行 よくあるFAQ

パリで、ド・ゴール空港からオルリー空港に移動が必要です。方法を教えてください。

エールフランスが運営するカーズというバスでの行き来が可能です。所要時間は約1時間15分です。しかし、渋滞などがあるため、3~4時間はみておいた方が確実です。

エールフランスでは、スーツケースを2個預けたいのですが、追加料金は必要でしょうか?

手荷物を2個(最大158cm)までは、無料で預けることができます。規格外でしたら1個までが無料です。条件を満たさない場合は、超過料金がかかります。

ゴルフバッグを持っていきたいのですが、料金はかかりますか?

スポーツ用具は、最大重量23kgで、長さや奥行き、幅の合計が最大で300cmと規定されています。日本発で航空券を日本で購入されているときは、ゴルフ用品の場合(クラブ及び靴を入れたバッグ)は、標準の預け荷物として扱われますので無料です。23kg以内で158cm以内のスーツケース1個とゴルフバッグ1つでしたら、無料で利用できます。

電子タバコを持ち込みたいのですが、可能ですか?

電子タバコおよび予備のバッテリーは、手荷物として機内に持ち込めます。しかし、機内での使用は禁止です。また預け荷物として運ぶことはできません。