1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. イギリス
  4. リバプール
  5. リバプール・ジョンレノン国際空港

リバプール・ジョンレノン国際空港行きの格安航空券

リバプール・ジョンレノン空港の画像

画像の出典元 s0.geograph.org.uk

正式名称リバプール・ジョンレノン空港(Liverpool John Lennon Airport)
空港コードLPL
リバプール・ジョンレノン国際空港発の航空券情報はこちら

リバプール・ジョンレノン国際空港行きの格安航空券をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からリバプール・ジョンレノン国際空港までの飛行機を比較・検索して予約することができます。リバプール・ジョンレノン国際空港の航空券予約はスカイチケットをご利用ください。

リバプール・ジョンレノン国際空港行きの最安値を比較

  • ※価格は在庫状況により変動します。

ジョン・レノン出生の地、リバプール・ジョンレノン空港

リバプール・ジョンレノン空港は、1933年7月1日に設立したイギリスで最も古い空港のひとつです。イギリスのマージーサイド州リバプールにあって、以前はスピーク空港と呼ばれていました。その後2002年に新しくターミナルが建てられた際、リバプール出身アーティストであるジョン・レノンの功績を称え、リバプール・ジョンレノン空港と名付けられました。この空港はヨーロッパの格安航空会社発展の最前線で、1990年代後半からリバプールを拠点とするイージージェットやライアンエアが乗り入れを開始しています。ヨーロッパのフライトサービスを拡大し、それに伴い、リバプール・ジョンレノン空港は今やイギリスで12番目に多い乗客数となりました。2030年までに、より乗客が利用しやすい設備を導入すべく、新しいターミナルビルの建設を計画しています。

日本からの行き方

日本からの直行便はありません。
- フィンエアー、フライビー(ヘルシンキ、エディンバラ経由)
- KLMオランダ航空、フライビー(アムステルダム、 エディンバラ経由)

リバプール・ジョンレノン空港の規模、設備情報

ターミナルから徒歩1分以内に位置する駐車場の他に、徒歩5~10分のところに20分間無料で駐車できるスペースを完備。このサービスはあらかじめ予約が必要です。ターミナル内には雑誌や新聞、フード、ドリンク、また旅行用品が購入できる「WHSmith」や免税店が展開。「AeroSpa」ではネイルケア、ブロー、マッサージなどを受けられます。セキュリティチェックを通過後の出発ラウンジ2階にあるレストラン「Frankie&Benny's」が朝の4時から営業。朝食からデザート、様々なカクテルを楽しむことができます。その他にも24時間営業のコンビニエンスストアやお土産ショップなどが充実。

両替/銀行 両替所トラベレックスが1階のチェックインホールとセキュリティチェック後の出発ラウンジ、また到着ホールの手荷物受取場の先にあります。
ラウンジ セキュリティチェック後の搭乗口エリアにラウンジ「The Aspire Premium Lounge」があります。朝4時から夜8時までオープンしており、予約したときと予約なしの利用では料金が異なります。無料Wi-Fiが利用できます。またドリンク、スナック類、新聞や雑誌などが揃っています。

リバプール・ジョンレノン空港から市街地へのアクセス

バス

500番線のバスがリバプール市街地まで運行してます。朝の4時台から18時台の間、1時間に2本ほど出ています。

タクシー

ターミナルの目の前にタクシー乗り場があります。全てのタクシーが5人以上の乗車が可能です。

レンタカー

到着ホール向かいのビルにある短期用駐車場の1階に、Avis、Hertzなどのレンタカー会社があります。

リバプール・ジョンレノン空港での搭乗手続き

フライトの2時間前までに空港に到着することをおすすめします。チェックインカウンターはフライト予定時刻の2時間前よりオープンするため、預け荷物がある場合、フライトの60分前までにカウンターに着くようにしましょう。

リバプール・ジョンレノン空港近くのホテル情報

ホテル「ホリデー・イン・エクスプレス・リバプール・ジョン・レノン・エアポート」はリバプール・ジョンレノン空港から1.6kmの距離にあります。無料Wi-Fi、部屋には大きな画面のテレビが完備。部屋料金には朝食料金が含まれています。フロントデスクは24時間営業しているので、夜中に到着するフライトの場合でも安心です。