1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. ランニオン

ランニオンの概要

ランニオン

画像の出典元: commons.wikimedia.org

人口-
都市コードLAI
人気の航空会社-
飛行時間14~16時間
ランニオン発の航空券情報はこちら

ランニオンまでは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。ランニオンの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてランニオン旅行を有意義に楽しみましょう。

華やかなフランス中世の街並みが魅力「ランニオン」

フランス西部・ブルターニュ地方の地方都市ランニオンは、人口2万人の小さな町です。ランニオンは中世の街並みがほぼそのまま残ることからフランスでは貴重な街とされており、夏にはその街並みを見たさに多くの観光客が集まってきます。主な観光スポットは「ベレレヴェネス教会」や「サン・ハエン・ドゥ・バリー教会」などですが、町並み自体が素敵なので、散歩するだけでも癒されるでしょう。さらに、ランニオンは「花の町」という一面もあります。街の至るところに花が咲いているので、歩いているだけで豊かなフレグランスに包まれますよ。また世界的な園芸の大会である「花のまちコンクール」では、最高ランクの4つ星を獲得しました。

ランニオンの歴史

ランニオンは近郊に流れるレジェ川を横断する拠点として、ローマ時代に建てられました。以後、河川からの侵略からの防衛拠点として城が築かれますが、9世紀にデンマーク人ヴァイキングの侵略をうけました。中世ではイギリスとフランスの百年戦争の戦場となり、以後ブルターニュ公国の都市の1つとなります。そしてフランス革命時にフランス領として組み込まれ、現在に至ります。

ランニオンの経済

ランニオンは通信事業が盛んな都市です。世界的通信会社であるサジェム通信の本社や、オレンジの通信拠点、アルカルテ・ルーセントの支社がなど、ランニオンに進出している企業は多いです。ランニオンの技術研究機関やランニオン工学大学なども企業と連携をし、技術の向上に努めています。

ランニオン行きの格安航空券について

日本からランニオンへの直行便はありません。ランニオン空港はパリのオルリー空港との間にしかフライト便がないので、空路で行くなら、まずオルリー空港へ向かいましょう。日本からですとアエロフロート航空の格安航空券でモスクワ経由か、パリのシャルルドゴール空港から陸路となります。オルリー空港に到着したら、エールフランスやオップ航空へ搭乗しましょう。 また別の行き方として、ランニオン近郊のブレストまで飛行機で行き、そこから車でランニオンに向かう事もできます。所要時間は約70分です。

ランニオンの気候

ランニオンは日本と比べて夏は涼しく、冬は暖流と偏西風の影響で暖かいので、快適に過ごすことが出来るでしょう。また降水量は年間を通してあまり変化がなく、月に4~6日程度です。あまり天候に関して心配することはありません。

ランニオンの主な交通手段

ランニオンの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

観光客が利用できるのはタクシーと、観光地をめぐるミニバスです。また空港と町を結ぶミニバスもありますのでご利用下さい。またランニオンには、パリとブレストを結ぶ国道であるRN12が通っていますので長距離バスでガンガンやブレストへ行くことも出来ます。

ランニオン行き航空券利用者の声

成田⇔ランニオン 30歳女性

パリ、サンマロ、ランニオンと旅行しました。花の街として知られるランニオンの、中世から残る街並みはとても素敵でした。日本からは、モスクワ経由のアエロフロートの格安航空券でまずパリに行きました。アエロフロートは初めての利用でしたが、思っていたよりは機内は綺麗でした。機内でリラックスしながら映画を見たり音楽を聴いて過ごし、快適に過ごせました。モスクワでパリ行きの便に乗り継いで、パリに到着。しばらくパリで観光してから、サンマロへ直通のTGVに。パリのモンパルナス駅から3時間かけて行きました。サンマロもすごく素敵な場所です。さすが観光名所なだけあって人が多かったです。サンマロからランニオンまでは電車で3時間半。ようやく着いたランニオンはのんびりした空気が流れていて、リラックスした気持ちで散策できました。帰りはランニオンの空港からパリのオルリー空港へ、格安航空会社のオップで戻り、シャルルドゴール空港へバスで行きました。行きと同じようにアエロフロートの格安航空券でモスクワ経由です。ディレイなど心配しましたが、何も問題なかったです。格安航空券でも快適に旅ができて、ぜひ次も利用しようと思います。

大阪⇔ランニオン 41歳女性

ブレストから車をレンタルしてランニオンまで行きました。この辺りの地方を周るなら車の移動が便利だと思います。夏のシーズン中はリゾート地になるので、ランニオンのような小さい街でも賑わっていました。ブレストまでは、格安の航空券のを探して行きました。エールフランスとオランダ航空の航空券が安かったです。出発の日の朝、チェックインを早めに済まして空港でのんびり過ごしました。機内では、CAさん達が笑顔で迎えてくれました。食事の時にはワインをボトルでくれたのが驚きです。お代わりはしなかったですが、頼めば出してくれるようでした。13時間弱でパリのシャルルドゴール空港に到着。入国審査や税関はかなり並んでいました。乗継ぎでオルリー空港までバスへ向かって、ブレストまでエールフランスで行きました。帰りではブレストからシャルルドゴール空港までエールフランスで行き、シャルルドゴール空港からはオランダ航空に乗り換えです。オランダ航空なので、アムステルダムでの乗継ぎがありました。同じヨーロッパでも、オランダとフランスの航空会社では機内食などのサービスが違いましたが、どちらも快適でした。格安の航空券でも直行便があったのは助かりました。またヨーロッパに行くときは、ぜひ格安航空券を利用したいと思います。

成田⇔ランニオン空港 55歳男性

ランニオンを中心にフランス観光をしました。家業が園芸農園なので、花の街として知られるランニオンを一度訪ねてみたかったのです。格安航空券をネットで購入し、妻と二人での海外旅行です。成田空港から出発だったので、朝早めに行って朝食を食べてチェックインをしました。オランダ航空で、まずはアムステルダムへ出発しました。アムステルダムまでは12時間弱のフライト。機内食が2回出ました。エコノミーでしたが座り心地が良かったです。食事時間以外でも添乗員さんが飲み物を持って回ってきてくれたのが有難かったです。アムステルダムに着いて、入国審査がありました。エールフランスのシャルルドゴール空港行きの便に乗り継いで夜に到着。その日はパリで一泊しました。オルリー空港からランニオンまでは、格安航空会社のオップの飛行機で、1時間ほどで行きました。ランニオンの街は、古い木組みの建物とヨーロッパらしい明るい色彩の花が見事にマッチしていて、長いフライトでしたが心から来てよかったと思いました。ランニオンからは電車で近くの観光都市にもアクセスしやすいので、滞在中は他の都市もいくつかまわることができました。

ランニオン旅行 よくあるFAQ

コードシェア便って何ですか?

コードシェア便は、1つの便の航空券を複数の航空会社が販売する形態をさします。運行面で複数の航空会社が関わることは稀で、便に使われてる飛行機を所有している航空会社が、自社のパイロットと客室乗務員で運航します。

フランスで国内線のエールフランスを利用します。荷物の機内持ち込みは何個できますか?

エールフランスのフランス国内線では航空運賃に関係なく、手荷物1個と総重量12kgまでの身の回り品1個が持ち込みできます。

飛行機の乗継ぎの流れは?

大まかな流れとしては、
・前もって航空券の乗り継ぎ便のターミナルを確認しておく
・飛行機を降りたらCorrespondancesへ向かう
・電光掲示板で乗り継ぎ便のターミナルや搭乗口を確認
・セキュリティチェックを受ける
・入国審査を受ける
・搭乗口へ行く
となります。

シャルルドゴール空港で乗継ぎ時間が5時間あります。市内観光はできますか?

混雑状況にもよりますが、入国審査やターミナル間の移動、空港から外に出た場合の所要時間などを考えると、5時間以内の乗り継ぎでは空港外に出ることをおすすめしません。