1. トップ
  2. アジア
  3. インド
  4. カジュラーホー

カジュラーホーの概要

カジュラホ

画像の出典元: 

人口-
都市コードHJR
人気の航空会社
  • ジェットエアウェーズ
飛行時間11~14時間
カジュラーホー発の航空券情報はこちら

カジュラーホーまでは飛行機でおよそ11~14時間で行くことができます。カジュラーホーの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてカジュラーホー旅行を有意義に楽しみましょう。

魅惑的な寺院群が観光地化させた都市「カジュラホ」

カジュラホは、インドの中央・マディヤ・プラデーシュ州に位置する小さな村。寺院群が有名で、世界遺産にも認定されています。現在も20程のヒンドゥー教やジャイナ教の寺院が残るカジュラホ。「愛の彫刻」として知られる官能的な彫刻が特徴で、約100年の間に建てられた寺院の建築様式はほぼ統一されています。また、夜には音と光のショーが行われることもあります。カジュラホの歴史を聞きながら、完成度が高く保存状態も良い寺院群をさまざまな角度から楽しめると、観光客からも人気です。

カジュラホの歴史

9~13世紀にチャンデラ王朝の首都として栄え、最盛期には85もの寺院が存在したカジュラホ。外壁に彫られている官能的な彫刻が有名で、「ミトゥナ像」という交合をモチーフとした宗教芸術には豊穣祈願が込められているといわれています。世界遺産にも登録されているこのような建造物や美術は卓越しているにも関わらず、カジュラホの歴史は今も昔も詳しくは知られていません。

カジュラホの経済

観光業が盛んなカジュラホを有名にしたのは寺院群。それぞれの寺院の完成度は非常に高く、約6平方キロメートルの範囲に分布されています。ヒンドゥー教寺院のみで構成され、もっとも建造物が残っている「西の寺院群」と、ジャイナ教寺院が主に残っている「東の寺院群」。ふたつのヒンドゥー教寺院で形成されている「南の寺院群」という、3つのエリアに分かれています。中でも西の寺院群の保存状態がもっとも良いとされており、常に観光客でにぎわっています。ちなみに、カジュラホでもっとも大規模なカンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院も、同エリアにあります。

カジュラホ行きの格安航空券について

インド・カジュラホにはカジュラホ空港がありますが日本からの直行便はないため、インドの首都・デリーでの乗り換えが必要です。日本からデリーへ行くには、大阪・関西空港が便利。エアインディアを利用してデリーへ向かい、1回の乗り換えでカジュラホに到着します。格安航空券を探している方もそうでない方も、このルートを利用すれば価格を抑えることができます。

カジュラホの気候

カジュラホの気候は、年間を通して寒暖差が非常に大きいことが特徴です。40度を超えることもある夏季と寒い冬季、湿度の高い雨季に分かれています。夏季は日光が強いため、薄手の長袖長ズボンを着用した方が安全でしょう。ですが、厳しい暑さとなる日が多いことから、夏季の渡航は控えた方が良いかもしれません。

カジュラホの主な交通手段

インドの首都・デリーから比較的近い場所にあるため、アクセスしやすくなっています。また、小さな村なため、中心部であれば歩いて観光できるでしょう。多くの距離を移動する場合は、リキシャ、もしくはレンタサイクルが便利です。

カジュラホ行き航空券利用者の声

成田⇔カジュラホ 65歳男性

インドは一度訪れたことがあったのですが、前回行かなかったカジュラホに今回は行ってみたいと思い、定年を機に妻と訪れました。今回は格安航空券を利用することにしましたが、せめてインドまでは直行がいいと思い全日空でデリーまでの直行便の航空券を選択しました。機内はほぼ満席でスタッフの感じもよく、さすがは日系だと感じました。また、機内食も普通の和食か洋食でした。出発が夕方過ぎだったこともありビールをいただいて、そのまま寝てしまいました。インドには予定より少しだけ早く到着しましたが、早いとはいえ夜の12時。あらかじめ宿泊の予約をする際に送迎もお願いしておいたのでよかったです。インドへの入国はかなり混んでいたので、思いのほか時間がかかりました。後日、デリーからカジュラホにはジェットエアウェーズという航空会社を利用しました。 インドでもっとも人気のある航空会社だそうで時間に正確でした。あまり期待していなかっただけに意外と快適に過ごせました。機内では短時間ながら軽い食事も出ました。ベナレスで経由し、ようやくカジュラホに到着。カジュラホでは有名な寺院群を観光しました。素晴らしい彫刻の数々を見ることができて満足でした。帰路もジェットエアウェーズと全日空でした。格安航空券ということで不安もありましたが大満足な旅になりました。

成田⇔カジュラホ 34歳女性

両親と私と夫の4人でカジュラホを訪れました。私と夫は以前インドを訪れたことがあったのですが、両親は初めて。格安航空券を探し、日本航空の直行便の航空券でデリーまで向かいました。機内はほぼ満席で、ビジネスマンのような方が多かったですね。USBポートがそれぞれの座席についているのがありがたかったです。シートも広く感じましたしエンターティメントも充実。トイレには歯ブラシがあり綺麗に掃除されていたのがよかったです。CAのサービスもよかったですし、全体的に満足でした。デリーに到着してからは入国審査で行列ができており、かなり待ちました。インド入国にはビザが必要なので事前に取得しておきました。いよいよ私たちの入国審査の順番になりましたが、すんなり入国できたのでほっと一安心。デリーからカジュラホは直行便がないようなので国内線のジェットエアウェーズを利用し一度ベナレスに向かい、ベナレスから再びジェットエアウェーズでカジュラホに向かいました。カジュラホでは有名な彫刻を見てまわりました。両親も満足していたようなのでよかったです。デリーからカジュラホはややこしいルートでしたがジェットエアウェーズは想像していたよりはよく、また機会があったらまた格安航空券で利用してもいいなと思いました。

大阪⇔カジュラホ 22歳女性

インドに行ってみたいと以前から思っていて、友人を誘って3人で訪れることにしました。大阪から経由便で行くとかなり格安な航空券がいくつかありましたが、なかでも安かった大韓航空の航空券で行くことにしました。朝のフライトだったので早起きしたせいか機内では寝てしまい、あっという間に韓国のインチョンに到着でした。インチョンで飛行機の乗り換えがありましたが、乗り換えがわかりやすくてよかったです。インチョンからデリーも大韓航空でした。機内の足元スペースはまあまあ広かったのでよかったのと、機内食もおいしかったです。インドのデリーに着いて後日、飛行機でカジュラホに行きました。列車やバスでも行けたようですが、あまり旅慣れていないので飛行機の方がいいかなということで飛行機を利用しました。カジュラホへはジェットエアウェーズという飛行機で行きましたが、一度ベナレスに立ち寄ってから行きました。カジュラホは大きな寺院群がたくさんあり見応えがありましたが、とても暑かったです。村のような雰囲気でのんびりしたような場所だったので、訪れてよかったです。帰りもジェットエアウェーズと大韓航空でした。格安航空券を初めて使いましたが探せば本当に安いものも多いので、今後も活用して旅行してみたいと思います。

カジュラホ旅行 よくあるFAQ

全日空のエコノミーで預けられる荷物は何キロまで大丈夫でしょうか?

エコノミー、プレミアムエコノミーでは一つの荷物の重さが23キロ。2個まで無料で預けることが可能です。キャスターや持ち手を含み、三辺の合計が158センチ以下のものになるので注意してください。

機内に持ち込めないものを教えてください。

ガス、火薬などの危険物は、預け入れだけでなく機内にも持ち込めません。また刃物や尖ったもの、ゴルフクラブ、スプレーなどは受託手荷物としては可能ですが持ち込めません。液体物も持ち込みに制限があるので、持ち込む際には確認するようにしましょう。

全日空利用ですが空港に着くのが出発ギリギリです。チェックインの締め切り時間を教えてください

チェックイン手続きの締め切りは成田、名古屋、関西では出発時刻の1時間前、羽田発の国際線は40分前となります。なるべく時間に余裕を持ってチェックインするようお勧めします。

液体を機内に持ち込むにはどうしたらいいですか?

100ミリリットル以下の容器に入れ、縦横の合計が40センチ以内の透明なジップロック状のプラスチック袋に入れてください。プラスチック袋は各自で事前に用意してください。また1人当たり1つのみなので注意してください。