1. トップ
  2. アジア
  3. インド
  4. ジャイプル

ジャイプルの概要

ジャイプール

画像の出典元: 

人口-
都市コードJAI
人気の航空会社
  • ジェットエアウェーズ
  • エアアジアX
  • タイ・エアアジアX
飛行時間10~13時間
ジャイプル発の航空券情報はこちら

ジャイプルまでは飛行機でおよそ10~13時間で行くことができます。ジャイプルの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてジャイプル旅行を有意義に楽しみましょう。

赤色の城壁が魅了するインドの都市「ジャイプール」

インドに属するラージャスターン州の州都・ジャイプール。およそ10kmにもおよぶ赤色の城壁に囲まれており、「ピンク・シティ」とも称されています。また、旧市街の中心にある「シティ・パレス」には現在も王族一家が居住しています。王家が住むエリアに立ち入ることはできませんが、一部の建物が博物館として公開中。王家によって集められた数多の展示物がみられるため、観光客でにぎわっています。ちなみに、カナダのカルガリーとは姉妹都市となっています。

ジャイプールの歴史

ジャイプールは1727年に、サワーイー・ジャイ・シング2世により建設された都市。インドの大半がイギリスの植民地と化した時代にもその領地の自治権が保証されていた影響で、他の都市に比べ、インド色が強く残されています。ちなみに、ジャイプールが「ピンク・シティー」と呼ばれるきっかけとなったのは1876年のこと。ヴィクトリアの子息・アルバート王子が訪問された際に、建物をピンク色に塗装したといわれています。その後も伝統として行われたことにより、現在の景観をつくり出しているという訳です。

ジャイプールの経済

インドのジャイプールは、かつての首都であるアンベールをもしのぐ大きな街。いくつもの素晴らしい見どころがあるなど、観光業が盛んとなっています。中でもムガール建築の影響を受けている宮殿「シティ・パレス」や、サワイ・プラテープ・シンによって造られた「風の宮殿」がオススメです。ほかにもイスラムとラージプートによる混合様式で建造された「アンベール城」などが見どころ。また、白い模様がアクセントになっている赤い城壁は非常に美しく、その姿を一目見ようと数多の観光客が訪れます。

ジャイプール行きの格安航空券について

日本からインドのジャイプールへは直行便がないため、乗り換えが必須。乗り換えを1回で済ませるには日本航空を利用し、成田空港からインドの首都・デリーへ。その地で乗り換え、ジャイプールへ向かいます。または、エティハド航空を利用し、成田空港からアブダビ経由で渡航する方法があります。格安航空券をお探しの方は中国東方航空を利用し、上海とデリーを経由すると良いでしょう。乗り換えが2回になりますが、その分値段を抑えることできます。

ジャイプールの気候

準乾燥性気候に属しているジャイプール。季節風の影響を受ける6月~9月までの時期に雨が降り、そのほかの時期は乾燥した気候となります。なお、4月~6月頃は気温がもっとも高くなり40℃を超えることもあるため、熱中症などの注意が必要です。

ジャイプールの主な交通手段

ジャイプールの主な交通手段

画像の出典元: 

ジャイプールでの交通手段にはさまざまな方法があります。その中のひとつとなるタクシーはタクシースタンドやホテルから乗車可能で、長距離および長時間の利用に便利。逆に短距離移動ならホテルでも貸し出しを行っているところが多い、レンタサイクルがオススメです。また、料金を安く抑えたい方はバスを利用すると良いでしょう。ただし、時間によっては混雑することもあるので、注意が必要です。

ジャイプール行き航空券利用者の声

成田⇔ジャイプール 24歳女性

友人と2人でインドのジャイプールに行ってきました。格安航空券を探していたら思っていたより安いのがたくさんあって驚きましたが、初めてのインドだったし乗り継ぎに不安があったので、成田からデリーまでは日本航空の直行便の航空券にしました。インドはビザが必要というのは知っていたので、事前に取得しておきました。飛行機の機内は意外と混んでいました。機内食はまあまあおいしかったしスタッフのサービスもよかったです。機内で入国カードを記入していよいよインド到着。インド入国にかなり時間がかかりました。その日はデリーのホテルに送迎を頼んでおいたのでよかったです。その2日後に念願のジャイプールへ。鉄道でも行けるようですがジェットエアウエイズという国内線の飛行機を利用しました。またデリーの空港に向かい、飛行機に1時間ほど乗ってジャイプールに到着。別名ピンクシティと呼ばれるジャイプールでは風の宮殿や色々と観光しました。大満足です!帰りはまたジェットエアウエイズでデリーまで行きました。デリーの空港は思っていたよりもずっと綺麗でした。そしてデリーから日本航空で成田までのフライト。旅行中は常にどこか緊張感を持って行動していたこともあり、最後がJALの飛行機でなんだかほっと一安心できました。また格安航空券を探してどこかに旅行したいです。

成田⇔ジャイプール 30歳男性

昔インドを旅行した時、何故か訪れなかったジャイプール。行かなかったことを悔やんでいたので今回はジャイプールだけをピンポイントで訪れることにしました。格安航空券で見つけたのがエアインディア。成田とデリーの往復ができるだけでなく、デリーとジャイプールまでの航空券も込みという値段でリーズナブルだったので即決でした。エアインディアはよく遅れると評判ですが、自分が利用した便はほぼ定時運行でした。以前インドに行った時も利用していたので特に期待はせず搭乗。乗務員のサービスのきめの細やかさは求められないが、機内食などは以前よりおいしくなった気がするし意外にも快適に過ごせた。デリー到着後、入国に結構時間がかかった。ジャイプールへのフライトは翌日の昼間だったのでメトロでニューデリーに行き、翌日またメトロでデリーの空港に戻りエアインディアでジャイプールへ。世界文化遺産に登録されているアンベール城など、とにかく観光メインに回った。束の間の滞在でまたジャイプールからエアインディアでデリーに戻り、デリーから成田へ。今回全てエアインディアを利用したけど、以前と比べてだいぶ快適になっていて大満足の旅でした。

成田⇔ジャイプール 28歳女性

以前から一度行ってはみたいと思っていましたが、女性一人はなかなかハードルが高くて行けなかったインド。世界遺産巡りが趣味の友人がインドのジャイプールに行くというので便乗させてもらいました。友人と格安航空券を検討。短期旅行だったこともあり時間を短縮させたくて、デリーまで行ける直行で行ける日本航空の航空券を選択しました。成田を昼過ぎに出発のフライト。さすがは日系、安定したサービスのよさでした。8時間半というフライトでしたが快適に過ごせました。機内食もおいしかったです。デリーに到着後はとにかく入国審査に時間がかかり疲れましたが、デリーの空港は立派で驚きました。デリーに到着の翌日、ジェットエアウェーズという飛行機に乗りジャイプールまでいきました。ジャイプールでは世界遺産だけでなくピンクシティと呼ばれる町も楽しめ、初インドは色々と刺激的でした。帰路はジェットエアウェーズでまたデリーに戻り、デリーから成田は日本航空でした。日本航空はやはりいいですね。格安航空券を利用し個人で旅行したのは今回が初めてだったのですが、想像以上に快適だったので今後はもっと利用していきたいと思っています。

ジャイプール旅行 よくあるFAQ

飛行機の中でスマホは充電できますか?

ご利用の航空会社や機種によっても異なりますが、新しい機材ではUSBポートがついているものも多くあります。なお離着陸時は過電圧が掛かる可能性があるので、接続は控えましょう。

Eチケット控えを家に忘れてきました。

Eチケットは航空会社のコンピューターのデータとしてありますので、パスポートを見せ名前などから情報が得られるので搭乗可能です。

出発の何時間前に空港に行けばいいですか?

航空会社の多くは出発時間の2時間半前からチェックインを開始しています。

荷物が多いので事前に空港に荷物を送ることは可能ですか?

ご自宅から空港まで宅配便で送り、空港受け取りが可能です。