1. トップ
  2. アジア
  3. インド
  4. グワリオール

グワリオールの概要

グワリオール

画像の出典元: it.wikipedia.org

人口-
都市コードGWL
人気の航空会社-
飛行時間10~12時間
グワリオール発の航空券情報はこちら

グワリオールまでは飛行機でおよそ10~12時間で行くことができます。グワリオールの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてグワリオール旅行を有意義に楽しみましょう。

インド北部の代表的観光都市「グワリオール」

インドのマディヤ・プラデーシュ州の都市であるグワリオール。インドの首都デリーから車で約7時間、タージ・マハルのあるアーグラの南にあり、人口は約120万人も擁する都市です。古いインドの街並みが今もしっかりと残っていながらも、行政・司法機関もあるインドの中でも重要な都市機能を持ち合わせています。グワリオールは観光名所も多く、その中心となるのが街で圧倒的な存在感を放っているグワリオール城です。約10世紀に建立されたものの現在も保存状態は良く、内部も綺麗に残っています。

グワリオールの歴史

マハラジャ・センによって設立されたグワリオール。1857年が歴史上で印象深い年でした。この当時はインド大反乱が起こったこともあり、グワリオールもその影響を強く受けます。グワリオール城はムガル帝国の指導者であるラクシュミー・バーイが、イギリス軍との戦いのための避難所として使いました。結果、イギリス軍との戦いの末に城は占領されラクシュミー・バーイは死去。その後、独立のために戦った彼女の貢献を称えて銅像も建てられました。

グワリオールの経済

グワリオールの経済を支えているのは数多くあります。過去には乳製品や科学、製造、繊維製品、手芸工業品といった産業が中心でした。しかし、近年では歴史的な街並みを活かした観光業が主流となっています。特に、1905年に始まった州のフェアやバザーを行うグワリオール・トレード・フェアは毎回大盛況。それからマハラジャ・バダという町役場で行われるメインマーケットは、重要かつ最大の市場で多くの観光客が訪れます。

グワリオール行きの格安航空券について

日本からの直行便はありません。そのため、成田から格安航空券を使いエア・インディアで向かいましょう。その後はニューデリーやムンバイで乗り換えをすると、グワリオールに到着します。それぞれの飛行時間は3時間もかからないので、とても楽です。もしくは、デリーに到着後、駅からボーパール行きのシャターブディー・エクスプレスに乗り、約3時間半でグワリオールに到着する方法もあります。日本からムンバイまでの直行便を選ぶと、少し割高となるので使用を考えている方は注意しましょう。

グワリオールの気候

グワリオールは3月下旬から7月の上旬まで35度を超えるような暑い夏を迎え、6月から10月までは湿気の多いモンスーンが吹きます。そして、11月上旬から2月下旬まで冷たく乾燥した冬を迎えます。冬場の平均最低気温は5度まで下がることは少ないですが、日中と朝夜との寒暖差が激しい季節にもなるので、軽い防寒対策をしておくと安心です。一方で、夏場の平均最高気温は40度を超えることもあるので、日光対策だけでなく水分もこまめに取れるようにしておきましょう。

グワリオールの主な交通手段

グワリオールの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

交通網の発達が非常に優れていることもあり、観光がしやすい街です。インド北部中央の主要鉄道地点として、グワリオールは重要な鉄道駅となっています。5路線からなり、周辺地域への観光に役に立つでしょう。その他には高速道路や空港もあります。地域住民の足は車かタクシーまたは市バスですが、ここ数年では地下鉄建設の提案もされており、ますます便利な都市へと発展し続けています。

グワリオール行き航空券利用者の声

羽田⇔グワリオール 28歳女性

ヨガ仲間とグワリオールにあるヨガスタジオに行きました。格安航空券を探したのですが、グワリオールまでの航空券はとても格安航空券とは言い難い料金だったのであきらめ、デリーまで中国南方航空を利用して、デリーからグワリオールまでは特急電車で移動することにしました。電車は途中タージマハルのあるアーグラを通るのでせっかくだからアーグラで途中下車してタージマハル観光をしてからグワリオールに向かいました。中国の航空会社は個人的にはあまり信用していないので利用することをためらいましたが、料金の安さには勝てずドキドキしながら乗りました。やはりあまり快適とは言えない航空会社だと思いました。グワリオールでは本場のヨガレッスンに浸り、美しいグワリオール城などを観光し、充実した旅行ができました。

成田⇔グワリオール 34歳男性

グワリオール城という保存状態の大変良い城があると聞いてそれを観るためにグワリオールまでバックパッカーしました。千葉に住んでいるので成田空港がアクセスが良いので成田発の格安航空券を探しましたが、あいにくグワリオールまでの格安航空券は見つけることができませんでした。とりあえずデリーまで行けば何とかなるだろうと思い、デリーまでの格安航空券を探したら、タイ航空で格安が見つかったので即決しました。タイ航空は感じの良い航空会社だと思います。機内食も美味しいと思うし、乗務員のサービスも徹底されていると感じました。格安でしたが、タイ航空はお勧めです。途中バンコクで乗り継ぎだたので、おもわずタイで滞在しようかとおもってしまいましたが、デリーまでの航空券なのでそうもいかず、空港内を散策しました。デリーに到着してからは、宿屋を探し、5泊ほどする間に空路も視野に入れた移動方法を模索しましたがどうやら特急電車で移動した方がよさそうだったので、グワリオールまでは電車の旅となりました。グワリオールまでは、途中タージマハールに寄ったり、気分次第で途中下車しながら最終目的地まで行きました。グワリオール城はうわさ通りすばらしかったです。一見の価値ありでした。

成田⇔グワリオール 40歳男性

格安航空券は、主要都市は強いが、人があまりいかないような都市で格安航空券を探すのは無理だとわかった。今回グワリオールに行くのでいろいろ格安航空券を探したけれど、とんでもなく高い料金(全然格安じゃない)がはじき出されてびっくりした。ネットでグワリオールへの行き方を調べたら、デリーかムンバイからアクセスするのが良いとの情報を得た。デリーまでならきっと格安航空券はあるだろうと探した所、エアインディアの格安航空券が見つかった。それも直行便。やったー、という思いですぐい手配した。さて今度はデリーからの移動方法を調べたら、空路はあまりお勧めではないようで、陸路なら特急電車が走っていて乗りやすいとのことだったので、特急電車でグワリオールまで移動した。まさか電車の旅をするとは思っていなかったが、実際電車に乗って、車窓からインドの景色を眺められたのは最高だった。エアインディアは、初めて利用したが、なかなかエキゾチックでよかった。なんだか気のせいかもしれないが、機内がカレー臭いような気がしたのは小生だけだろうか?直行便なので乗り継ぎのわずらわしさを気にせず機内でくつろげたのがよかった。機内食も美味しかった。格安航空券のサイトは、ただ「ありません」と表示するのではなく、〇〇〇までならあります、みたいな案内があると助かると思った。

グワリオール旅行 よくあるFAQ

帰路の航空券を放棄した場合どうなりますか?

格安航空券を往復でご予約した場合、急病、事故などやむを得ない理由を除き放棄することはできません。万が一放棄した場合は、格安航空券の利用条件を履行しなかったとされ、ご利用航空会社より正規運賃を請求される可能性があります。

リコンファームは必要ですか?

日本出発は、リコンファームの必要はありません。海外ではリコンファームが必要な航空会社もあります。出発前までにご利用航空会社にご確認ください。

航空会社が便名や時間を変更した場合、eチケットはそのままでも使えますか?

はい、そのままご利用頂けます。空港チェックイン当日に航空会社の指示に従ってください。

窓側に座りたいのですがリクエストできますか?

あいにく座席指定は承っておりません。直接ご利用の航空会社へ連絡してリクエスト可能かどうかご確認をお願いします。あるいは空港チェックイン当日、航空会社係員に座席の希望をリクエストしてください。お席に余裕があれば希望が通る場合があります。