「バルトのパリ」と謳われた街、世界遺産リガ歴史地区をご紹介!

画像出典:Chamille White

「バルトのパリ」と謳われた街、世界遺産リガ歴史地区をご紹介!

バルト三国の中心に位置するラトビアの首都リガは、かつて「バルトのパリ」と呼ばれていた美しい街。都会的で洗練された新市街と隣り合わせに、今も大切に保存されているリガの旧市街がリガ歴史地区として1997年に世界遺産に認定されました。

また世界遺産含む大都市リガは、バルト三国で最も大きな都市として知られています。リガ歴史地区では毎年夏に伝統的な夏至祭が開かれ、世界遺産の観光とあわせて訪れる観光客で賑わいます。

目次

「バルトのパリ」と謳われた街、世界遺産リガ歴史地区をご紹介!

目次を閉じる

リガ歴史地区とは?

世界遺産となっているリガ歴史地区はダウガヴァ川から東側のリガ旧市街を指します。リガ歴史地区を占めているのは主に13世紀末頃に建設された歴史ある建物で、リガ城や城壁、教会など世界遺産としての見所がぎゅっと凝縮されています。

一大観光地のリガ歴史地区ですが、比較的物価が安く観光客に優しい世界遺産と言えます。ミトンをはじめラトビアの工芸品を扱う店がたくさんあり、ラトビア雑貨の買い物も楽しみの一つです。

リガ歴史地区へのアクセス

世界遺産に認定されているリガ歴史地区への最寄駅はラトビア鉄道リガ駅、リガのバスターミナルからそれぞれ徒歩5分ほどです。リガ歴史地区内では交通機関がなく徒歩で周ることになります。リガ歴史地区を出ると、トラムや市内バスが走っています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

リガでおすすめの記事

リガのアクセスランキング