徳川家康が愛した桜の街・東金市のおすすめ観光スポット8選!

画像出典:iStock177783549

徳川家康が愛した桜の街・東金市のおすすめ観光スポット8選!

千葉県の中央部、九十九里平野に広がる東金市。温暖な気候に恵まれているため、農作物が豊かなことでも知られています。

別名「桜の都」と呼ばれる東金市は、桜の名所が多いことでも有名。定番の染井吉野(そめいよしの)から枝垂れ桜、墨染桜(すみぞめざくら)、大島桜(おおしまざくら)と、様々な種類の桜を愛でることができるんです。

今回は、東金市のおすすめ観光スポットから、8ヶ所を厳選してご紹介。徳川家康も度々訪れたという、自然豊かな東金市の魅力を存分にお楽しみください!

目次

徳川家康が愛した桜の街・東金市のおすすめ観光スポット8選!

目次を閉じる

1.八鶴湖

出典: キーマ/PIXTA(ピクスタ)

東金市屈指の桜の名所「八鶴湖(はっかくこ)」。湖の周辺を彩る約1000本のソメイヨシノが満開になると、湖畔では桜まつりが開催され、終日たくさんの観光客で賑わいます。

淡いピンク色に染まる湖もとても美しいのですが、ここへ来たらぜひ見て頂きたいのが夜のライトアップ。夜空に散りばめた宝石のように輝く桜が湖面に映え、一気にロマンチックな雰囲気に包まれます。桜まつり期間中は花火も打ち上げられるので、東金でのデートにはもってこいですよ!

元々は池だった八鶴湖ですが、徳川家康が東金御殿を建てる際に拡張し、今の姿になりました。そのため周辺には、鷹狩りに来るために作らせたという「御成街道(おなりかいどう)」や、故郷・静岡から取り寄せたみかんの木を直接植えたという「本漸寺(ほんぜんじ)」など、家康ゆかりの地がいっぱい。

東金の自然と歴史を満喫できる八鶴湖、東金観光はまずここからいかがでしょうか?

2.千葉厄除け不動尊 妙泉寺

「関東三大厄除け大師」はよく耳にしますが、それとは別に、実は「関東三大厄除け不動尊」も存在します。その一つが東金市にある「千葉厄除け不動尊 妙泉寺(みょうせんじ)」。厄除け、方位除け、子宝祈願、縁結びと、どんな願いでも叶えてくれるお不動様です。そのため、千葉県のみならず、関東各地からも観光客が訪れるんだそうですよ。

恋愛運アップを狙うなら「恋の願かけめぐり」がおすすめ。境内には、縁結びの神様を祀ったお宮や霊石があり、それらを順番にお参りするとご利益があると言われています。金運アップはやはり、「七福神ご利益めぐり」でしょう。1番目の布袋尊から7番目の弁天財まで、しっかり順番通りにお参りすれば、そのご利益にあやかることができるんだとか。

境内にはお堂や神社のほか、カフェが併設されたテラスやドッグランなどもあり、散策するにもぴったり。どんなシーンにでも利用できる東金の「千葉厄除け不動尊 妙泉寺」で、一度で何度も美味しい観光をお楽しみください!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

東金でおすすめの記事

東金のアクセスランキング