南イタリアの秘境!世界遺産マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園

画像出典:loloieg

南イタリアの秘境!世界遺産マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園

世界遺産「マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園」は南イタリアの町、マテーラにあります。石灰石の岩山を削って造られた教会や住居は、幾重にも順に重なるような構造になっているのが特徴。階段や坂の多い街の中を散策すると、下の住居の天井が、上の住居の床になっているといった造りがよくわかります。

旧石器時代からという世界有数の歴史がある街ですが、1993年に世界遺産登録されるまでは、南イタリアの貧困の象徴のように考えられ軽視されていました。

世界遺産に登録されたことで珍しい景観とあいまって注目が高まり、マテーラに訪れる観光客は急増。日本からのイタリアツアーに組み込まれることも多くなり、訪れる観光客が増えています。

洞窟住居に作られたレストランでは、サッシの町並みを見ながら美味しい食事とワインをいただけます。世界遺産での宿泊体験はきっと貴重で思い出深い経験になりますね。

目次

南イタリアの秘境!世界遺産マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園

目次を閉じる

マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園とは?

出典: Maciej Sierakowski

石灰岩の侵食により造られた巨大なグラビーナ渓谷にある街、マテーラ。岩を削って造られたサッシと呼ばれる住居が広がって発展したマテーラには、旧石器時代から人々が住み続けています。

世界遺産にもなった岩窟教会は、7世紀初頭にカッパドキア、アナトリアなどから渡ってきたキリスト教ベネディクト派などの修道士によって高度な掘削技術が伝えられて建造されました。マテーラには約150の岩窟教会と、3000ともいわれる洞窟住居、上水供給のための地下水路システムなどが現存しており、歴史的に大変価値があります。

マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園へのアクセス

マテーラへは、バーリから私鉄「カーラブロ・ルカーネ鉄道(アップロ・ルカーネ鉄道)」でアクセスするのがおすすめです。バーリは、南イタリアの主要幹線の中心地。バーリまでの所要時間は、ナポリからバスで約3時間、ローマから飛行機で約1時間、ミラノから飛行機で約1時間半。

バーリ中央駅(Bari Centrale)からマテーラ中央駅 (Matera Centrale) へは、1時間半ほどで行くことができます。電車によっては途中のアルタムーラ駅 (Altamura) で乗り換える場合もありますので注意してください。また、この私鉄は平日のみ運行しているため、できれば平日に訪れるスケジュールを組みましょう。日曜と祝日はバスを利用することになります。

マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園のおすすめポイント①:岩窟教会

出典: c6210 / PIXTA(ピクスタ)

世界遺産「マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園」の重要な要素である岩窟教会は、マテーラにきたら欠かすことができないメイン観光スポット。教会は数多く残されていますが、なかでも有名なのは、サン・ピエトロ・カヴェオーゾ教会、サンタ・マリア・デ・イドリス教会、サンタ・ルチア・アッレ・マルヴェ教会です。

サン・ピエトロ・カヴェオーゾ教会は、マテーラの世界遺産のシンボルタワーのようにそびえ建つ塔が特徴の教会。サンタ・マリア・デ・イドリス教会は、岩の上に細い十字架が立っている教会で、この3つの教会のうち、最も岩がそのままの姿で利用されている建物です。サンタ・ルチア・アッレ・マルヴェ教会は、内部にフレスコ画が比較的多く残っています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イタリアでおすすめの記事

イタリアのアクセスランキング