優雅で荘厳な複合建築物~マドリードのエル・エスコリアル修道院とその遺跡

画像出典: Jordan Adkins/Shutterstock

優雅で荘厳な複合建築物~マドリードのエル・エスコリアル修道院とその遺跡

サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル修道院(エル・エスコリアル修道院)は、スペインの首都・マドリード郊外のサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルにある広大な修道院、宮殿、霊廟、博物館、そして図書館の複合建築物です。「マドリードのエル・エスコリアルの修道院と王室用地」として1984年に世界遺産に登録されています。

サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルは、マドリードの北西約45kmに位置する、マドリード県の小さな美しい町です。夏の避暑地として人気のある町でしたが、この町が世界的に有名になったのは紛れもなくエル・エスコリアル修道院が世界遺産となったからです。今回は、そんなエル・エスコリアルの世界遺産をご紹介しましょう!

目次

優雅で荘厳な複合建築物~マドリードのエル・エスコリアル修道院とその遺跡

マドリードのエル・エスコリアルの修道院とその遺跡とは?

世界遺産であるエル・エスコリアル修道院は、フェリペ2世が父カルロス1世の意志を継いで造らせたもので、1557年8月10日、サン・キンティンの戦いでスペイン軍がフランス軍に勝利したことを記念して建てられた巨大な複合施設です。

巨大な修道院が中心となり、宮殿、霊廟、博物館、そして図書館なども兼ねています。また、スペインの首都マドリードから北西に約45㎞と比較的近いため、日帰りで訪れる観光客にも大変人気となっています。

1563年に着工し、わずか21年で、幅207m、奥行き161mの壮大な修道院は完成しました。高さ95mのドームの聖堂を中心として右に修道院、左に宮殿が構えていますが、外観はシンプルで、中の華麗な造りと対象を成しています。

マドリードのエル・エスコリアルの修道院とその遺跡へのアクセス

マドリードから近いこともあり、サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルへのアクセスは良いです。バスで行くのであれば、マドリードの地下鉄モンクロアMoncloa駅地下のバスターミナルから約1時間です。1時間に3~4本運行しています。

鉄道の場合は、マドリードのターミナル駅であるアト―チャ駅から近郊列車で約1時間。約30分~1時間間隔で運行しています。エル・エスコリアル駅に着いたら、徒歩で約20分、もしくはバスで5分で世界遺産のエル・エスコリアル修道院に到着します。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マドリードでおすすめの記事

マドリードのアクセスランキング