イタリアの世界遺産!アドリア海の女王「ヴェネツィアとその潟」

画像出典:canadastock/shutterstock

イタリアの世界遺産!アドリア海の女王「ヴェネツィアとその潟」

GoToキャンペーンバナー

1987年に世界遺産に登録された「ヴェネツィアとその潟」は、文化遺産の登録基準である六項目の全てを満たしているとても珍しい世界遺産です。(2017年1月現在、三か所のみ)

ヴェツィアの楽しみ方は、なんといっても街歩き。車が乗り入れできないヴェネツィア本島での移動は、網の目のようにはりめぐらされた運河を走る水上バスかゴンドラのみ。ヴェネツィアには見所と言われる観光スポットがいくつもありますが、路地裏にこそヴェネツィアの良さがあります。下町の雰囲気漂う一角を歩いてみましょう。どんなに迷っても島を出る事はありません。ヴェネチアの街歩きのスタートです。

目次

イタリアの世界遺産!アドリア海の女王「ヴェネツィアとその潟」

ヴェネツィアとその潟とは?

出典: nullplus

ヴェネツィアの歴史は、3世紀以降の民族大移動に始まります。5世紀になりヨーロッパには、ゲルマン民族などによる破壊と侵略が繰り広げられ、やがてイタリアにも侵入してきました。ヴェネツィア周辺に住んでいた人々は潟に杭を打ち、その上に家を建てたり島に運河を巡らせて海上生活を開始。陸からは干潟なので攻めにくく、海路は砂州や島々によりアドリア海から隔離されており、天然の要塞のような海上都市になりました。

7世紀に潟全体を統括する政体、ヴェネツィア共和国が誕生。その後、地中海貿易の拠点として発展を続け、14世紀から15世紀にかけて全盛期を迎えました。18世紀のナポレオン侵攻によりヴェネツィア共和国は滅亡し、19世紀のプロイセン・オーストリア戦争によりイタリア王国に組み込まれたという歴史があります。

世界遺産登録されたのは、ヴェネツィア本島だけではありません。ヴェネツィアンガラスで有名なムラーノ島や、レースが特産品のブラーノ島、「ヴェニスに死す」の舞台となったリド島など大小177もあるという島々も立派な世界遺産です。水上バスで簡単にアクセスできるので、島めぐりをするのも楽しいですよ。

ヴェネツィアとその潟へのアクセス

出典: commons.wikimedia.org

日本からヴェネチアまでの直行便はないため、ローマやミラノまで行き、そこからの移動になります。鉄道の場合は、ローマからは約5時間半、ミラノ、フィレンツェからは約3時間です。イタリア国内から飛行機で行く場合は、およそ1時間10分程なので楽ですよ。

ヴェネチア本島の駅は、サンタ・ルチア駅。車の乗り入れはローマ広場までなので、街中の移動手段は水上バスや水上タクシー、ゴンドラ、徒歩になります。水上の移動を楽しみながら観光してくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イタリアでおすすめの記事

イタリアのアクセスランキング