台湾第二の都市・高雄で外せないおすすめ観光スポット25選!

画像出典:Youxing Tu/flickr

台湾第二の都市・高雄で外せないおすすめ観光スポット25選!

日本からの直行便もある「高雄」は、近年注目を集める台湾南部の観光地。高雄は台湾北部の都市台北に続く、第2の都市と呼ばれているんですよ。美食で知られる台南へのアクセスも良く、台湾リピーターからの支持もぐんぐん上昇中!高雄は高層ビルと港湾の風景が美しい中心部や、自然や歴史あふれる古蹟が残る郊外まで観光地が豊富です。高雄の有名観光地からちょっとマニアックな観光地まで、高雄を代表する25スポットをご紹介します。

目次

台湾第二の都市・高雄で外せないおすすめ観光スポット25選!

目次を閉じる

1.愛之船(愛河)

出典: 金成 吳/flickr

「愛河」は高雄市の象徴とも言える川。特に夜景が美しい高雄の街並みをより美しく輝かせる観光スポットです。高層ビルのネオンが水面に映り込む姿を見ながら川沿いを歩くと気持ちがいいです!もっと愛河を楽しみたいという方には、愛之船という船に乗って愛河クルーズをするのがオススメです。

観光遊覧船というと時間が短いのにちょっと高めの値段設定だったりするものですが、愛之船はお財布に優しい良心的な価格で楽しめるのが嬉しいところ。高雄85ビルを始め高雄のランドマークを眺めながら約20分間の船旅へ出かけましょう!

25分ごとに船が出ているので、一本逃しても待ち時間も少なめ。特に旧正月の時期には花火が上がったりとイベントも開催されるので、いつもよりも美しい愛河を体験したい方はこの時期に高雄観光すると良いですよ。もう一つ、愛河中流付近にある人工の湖「愛河の心」も高雄で人気の夜景スポットです。

2.六合観光夜市

出典: Thomas Au/flickr

高雄で最も有名な観光夜市といえば「六合観光夜市(ろくごうかんこうよいち)」です。KRT美麗島駅から徒歩すぐのアクセスと、幅広の道で歩行者天国という観光客にも優しい夜市。両側に並んだ店の間にはフードコートのようにテーブルがいくつも並び、座ってゆっくりと食べられるのもポイントです。色々なお店で少しづつ料理を買ってきて食べることもできます。

六合観光夜市の特徴といえば、港町高雄だけにやはり海鮮の屋台が多いこと。牡蠣やイカ、エビ、魚などが軒先に積まれている姿は圧巻ですよ。オススメは高雄や台南でよく食べられている名物ミルクフィッシュ「虱目魚(サバヒー)」を使ったスープや麺など。

ほかにもフレッシュジュースの屋台やステーキ店などがっつり系のお店もあります。気軽に指差しで注文できるので、観光ついでにさっと立ち寄って一人で食事するのにもピッタリ。また夜市ならではの懐かしゲーム屋台や雑貨店などもあり、一晩中楽しむことができますよ。

3.蓮池潭

出典: dennis/flickr

高雄を代表するフォトジェニックな観光スポット「蓮池潭(れんちたん)」は高雄郊外にある全長1.4キロほどの人工湖です。湖の周りには色鮮やかで豪華な中華風建築が点在。一番人気があるのは大きな龍と虎がインパクト大の「龍虎塔」です。二つの塔にはそれぞれ龍と虎の口が開いています。

善良な動物である龍の口から入って、凶暴な動物である虎の口から出るのが正しい順番。高雄のパワースポットとしても知られている人気観光地なので、行ってみる価値アリですよ!塔の上階までは階段がちょっと大変ですが、湖を見渡せる絶景が堪能できます。

龍に乗った観音菩薩像が迫力ある春秋閣や、巨大な北極玄帝像も見どころ。湖沿いを全て歩くとかなりの距離になるので、ポイントを絞った蓮池潭観光をするなら以上の3つが基本のおすすめコースです。日除けがないので真夏の散策の際は日焼け対策と十分な水分補給をお忘れなく。

4.三多商圏

出典: 台湾でSamuel in Taiwan/flickr

「三多商圏(さんだしょうけん)」は観光客にも人気のある高雄の大型デパートが集まるエリア。新光三越や太平洋SOGOと高雄大遠百といった有名デパートのほか、高雄で最も高い高雄85ビルは高雄を代表する観光スポットの一つです。74回の展望室からは高雄の景色を一望できますよ。

真ん中に空間のある面白い建物で、高雄でもかなり目立つランドマーク的存在です。また高雄大遠百の最上階には日本人観光客にも人気のオシャレなセレクトショップ「誠品書店」があります。高尾観光の素敵なお土産が見つかりそうですね。

高雄85ビルを過ぎて港の方へ向かうと「海洋之星」というオブジェのある公園や、大きな芋虫のような不思議な建物「高雄展覧館」があり、こちらも高雄の名所になっています。高雄といえば六合夜市が有名ですが、この三多商圏に立つ「興中観光夜市」もオススメ。規模が小さくローカルな雰囲気でいただく台湾B級グルメは絶品ですよ。

5.高雄市立美術館

出典: Ethan Chan H C/flickr

「高雄市立美術館」は台湾にある3つの公立美術館の1つです。常にエッジの効いた企画展が開催されているので、アートが好きな方は高雄観光のルートに入れることをオススメします。台湾はどの美術館も規模が大きいことが特徴的ですが、高雄の美術館もまた広大な敷地を誇っています。もともと内惟埤湿地という池のたくさんあるエリアに美術館があるため、美術館の周りは熱帯植物が生い茂る公園になっています。

最寄りのバス停から美術館へ行く際はこの公園を散歩しながら向かいます。もちろん公園内にも数々の彫刻やオブジェなどのアート作品が点在しており、それを見ながら散策するだけでも素敵な観光タイムになりますよ。お子様連れの方は同じ敷地内にある児童美術館もオススメです。

そして高雄市美術館から高雄市内へ行けば高雄市新客家文化園区や、夜景の美しい「愛河の心」などもあるので合わせて観光してはいかがでしょうか。

6.駁二芸術特区

出典: Nora's Photo/flickr

「駁二芸術特区(ばくにげいじゅつとっく)」は高雄港の倉庫をリノベーションしたオシャレなカルチャースポット。いま高雄で特に注目を集めている観光地です。アートの企画展等も開催されていますが、屋外のあちこちに置かれたアート作品が駁二芸術特区の顔。トランスフォーマーのようなロボットや、倉庫に腰掛けたかわいいキノコのキャラクター、倉庫に描かれたアート作品などなど高雄観光の記念撮影にもピッタリのフォトジェニックな場所です。

また駁二芸術特区にはアート作品だけでなく雰囲気の良いカフェもたくさんあります。若い世代だけでなく、飲み物片手におしゃべりを楽しんでいるシニア世代の方たちも沢山見かけますよ。駁二芸術特区はエリアが分かれており、インフォメーションセンターのあるエリアには誠品書店、また少し離れたエリアにはパイナップルケーキでお馴染みのSunnyHillsのカフェもあります。観光だけでなくお土産探しにもぴったりですね。

7.打狗英国領事館

出典: 1992 since/flickr

「打狗英国領事館(だくえいこくりょうじかん)」は台湾で初めて作られたというイギリス領事館です。西子湾の小高い丘の上に建つ赤レンガのバロック建築からは、海岸の風景と高雄市街を一望できる人気の観光スポット。打狗英国領事館1階には領事館や高雄の歴史に関する展示があり、2階へ上がるとバルコニーが素敵なカフェがお出迎え。クラシカルな英国式家具に囲まれて、本格的なイギリス式のアフタヌーンティが楽しめるとあり観光客にも評判の高いお店です。土産物店では領事館にちなんだイギリスのグッズを販売。

また緩やかな坂道になっている地下へ進むと、薄暗いその先にはかつて監獄として使われていた狭い小部屋が並んでいます。他に観光客がいない時は入っていくのに少し勇気が必要ですが、肝試し気分で探検してみてくださいね。領事館の外にもテラスのカフェがあり、ふわっと口の中に香りが広がるバラの紅茶が定番メニューです。心地よい風に吹かれながら高雄の街並みを眺めましょう。

8.美麗島駅 

出典: 古 天熱/flickr

「美麗島駅」はKRT(高雄市地下鉄)のレッドラインとオレンジラインの交差する駅です。高雄の観光の出発点としても良く利用されるため、多くの観光客が行き交っています。また高雄の人気夜市である六合夜市へのアクセスも美麗島駅が最寄りとなります。この美麗島駅は世界で最も美しい駅とも評され話題になっており、今では高雄の顔ともいえる観光スポット。

駅構内の中央部分を見上げると天井に広がるのは、直径30メートルのドームに設置された「光之穹頂」というステンドグラスの作品。4500枚の色とりどりのステンドグラスは圧巻ですよ。改札を通らなくても外から眺めることができますが、じっくり眺めたい方は乗り換え時に内側から見ると色々な角度から作品を眺めることができます。このドームの下でイベントが開かれることもあります。またガラス建築のデザインが目を引く美麗島駅出口は日本人建築家の高松伸さんがデザインを担当しました。

9.澄清湖

出典: skyhwa/flickr

「澄清湖(ちょうせいこ)」は高雄市鳥松区に位置する人工湖で、蓮池潭と並ぶ高雄を代表する観光地。湖の規模は高雄最大と言われ、一周するとかなり時間がかかるので、ポイントを絞って上手に観光しましょう。始まりは地下トンネルを利用した海洋奇珍園という水族館から。ここはもともと核シェルターだった場所を利用したという珍しい水族館です。

そして澄清湖八景と呼ばれる見所の一つ、九曲橋は澄清湖の有名な観光スポット。蓮池潭にある龍虎塔の入り口よりも長く続くジグザグに曲がった道が特徴。まっすぐに歩けばもっと早く着きそうなのにと思ってしまいますが、風水を重んじる台湾らしく災いを避けるという縁起の良い曲がり角なんですよ。美しい七重の塔「中興塔」や、中国風の東屋など湖畔を歩きながらのんびりと散策を楽しめます。

高雄駅からバスで手軽にアクセスできるほか高雄市立美術館の最寄りであるKRT凹子底駅からバスで向かうこともできるので、美術館と合わせて観光を楽しんでくださいね。

10.義大遊楽世界

出典: Jerry Lai/flickr

「義大遊楽世界」は高雄市大樹区にあるギリシャをモチーフにした巨大なテーマパークです。高雄観光でエンタメを楽しみたいという方は義大遊楽世界へ行ってみましょう!大きく3つに分かれているエリアには、50以上のアトラクションや劇場など様々な遊びスポットでいっぱい。特にギリシャ・サントリー二島の街並みを再現したかわいらしい建物の並ぶ「サントリーニゾーン」は写真映え抜群なので、観光の記念撮影はぜひここでどうぞ。

そして大きなトロイの木馬がある室内遊園地のゾーンには、メリーゴーランドなど小さなお子さんでも楽しめるアトラクションがあります。

さらに遊園地の隣には台湾最大規模を誇るアウトレットモール「義大世界購物廣場」が隣接。ヨーロッパ風のクラシカルな建物には、台湾ブランドから海外の有名ブランドまで勢揃い。もちろんレストランやカフェも充実です。高雄名産品を販売するお店もあるので、お土産探しをしたい方にもオススメです。

11.高雄市立歴史博物館

出典: othree/flickr

高雄の歴史について触れたい方は高雄市立歴史博物館を観光しましょう。高雄市立歴史博物館は日本統治時代に市庁舎として作られた建物で、1998年に高雄市政府が移転したのち歴史博物館として新しい観光スポットに生まれ変わりました。

薄い緑色の外壁と緑の瓦屋根が目を引く帝冠様式の建物には、アーチ型の天井を持つ回廊や大理石が豪華な階段のホールなど、美しい建築が見どころ。日本統治時代に建設されたとあって、建物のいたるところに日本を感じさせるデザインを見つけることができます。

施設内の常設展示では高雄の歴史や生活文化を紹介している他、台北から台湾全土に広がった中国政権による民衆弾圧事件「二二八事件」の高雄での詳細を紹介した展示もあります。また不定期で開催されている特別展も個性的で見応えアリ。解説がわからなくても展示だけで楽しめる企画が多いですよ。高雄の土産物を販売しているコーナーもありますので、観光の記念にぜひ訪れてみてくださいね。

12.十鼓橋糖文創園区

観光スポットが集まっている高雄港周辺。台湾糖業博物館と同じ敷地内に位置しているのが「十鼓橋糖文創園区」です。十鼓橋頭文創園区は、世界中から絶賛を浴びる台湾を代表する太鼓の楽団「十鼓撃楽団」のテーマパーク。すでに人気観光地になっていた台南の十鼓文化村に続いて高雄にできた、十鼓撃楽団の二つ目の施設です。

水を効果的に使った演出が特徴の水劇場では、定期的に十鼓撃楽団の公演が行われています。太鼓と水、ダイナミックなパフォーマンスは高雄でしか見られないので必見ですよ。製糖工場をリノベーションしている施設では、太鼓を演奏できる体験コーナーなどもあります。

またサトウキビを使った料理を提供するレストランや、サトウキビのアイスキャンデーなど十鼓橋糖文創園区ならではのグルメも観光客に評判となっています。十鼓橋頭文創園区内には戦時中つくられたたくさんの防空壕が残されており、内部の観光も可能です。

13.台湾糖業博物館

出典: derrickting/flickr

熱帯で採れる砂糖の原料サトウキビ。日本統治時代の台湾では国を代表する産業として、製糖業が盛んに行われていました。中でも高雄の橋頭糖廠は台湾南部で最大規模を誇る製糖工場でした。その工場跡地が「台湾糖業博物館」としてリノベーションされ、高雄の観光スポットに生まれ変わっています。長い間砂糖を作ってきた年季の入った倉庫群は存在感たっぷり。

ここでは台湾における製糖の歴史や文化、高雄の地で製糖に携わってきた人々の生活に関する資料が展示されています。普段あまり見ることのない農耕具や大型の機械は迫力満点ですよ。そして広い敷地内には子供達が自由に遊ぶことのできる公園が整備されており、廃材を使ったおもしろいオブジェがあちこちに点在しています。

他にも工場勤務の社員たちが住んでいた平屋造りの宿舎やバロック調の社宅事務所など観光ポイントがたくさん。ちかごろ話題の高雄港エリアで一日たっぷりと観光してみてくださいね。

14.三和瓦窯

日本統治時代に日本が伝えたレンガの製造技術。高雄市大樹区の土壌はレンガ造りに適していたため、「三和瓦窯」をはじめ多くの窯がありました。台湾鉄道開通により建設ラッシュとなった1899年の高雄では、レンガ産業がとても盛んでした。かつての面影を残すレンガ工場は今では三和瓦窯のみとなってしまいましたが、当時のレンガ産業の文化と歴史を感じられる貴重な観光スポットになっています。

赤レンガの重厚感たっぷりの工場では、高雄観光の記念になりそうなレンガのグッズが販売されています。そしてレンガに名前や絵を掘ってオリジナルのコースターを作る体験コースもオススメですよ。三和瓦窯は緑豊かな旧鉄橋湿地生態公園に隣接しています。三和瓦窯を見学した後は公園でのんびり過ごしてくださいね。観光で訪れる際は台湾鉄道九曲堂駅から徒歩約10分ほどです。

15.田寮月世界

出典: 大雄 汪/flickr

高雄市郊外にある「田寮月世界」は高雄市と台南市のちょうど中間にあります。荒々しい岩山の連なる風景がなんともダイナミックな観光スポットです。背後の緑豊かな山々と比べて、植物を寄せ付けないゴツゴツの山肌は悪地地形と呼ばれる荒地。長い時間をかけて山肌が風雨で侵食されこのような模様を描きました。月世界という名前が示すように、まるで月に降り立ったかような不思議な気分を味わえますよ。

高雄市街から少し離れて、非日常的な観光を楽しむのにぴったり。丘の上の弦月観景台へ上がると、沼と山のコントラストが美しい風景を眺めることができます。高雄からバスで約1時間ほどかかりますが、田寮月世界周辺には泥火山が点在しており泥温泉や鍾乳洞などの観光名所もあるので、訪れる価値ありですよ。田寮でしか味わえない泥火山鶏と呼ばれる地鶏を使った料理も絶品ですよ。

16.佛光山

出典: 金成 吳/flickr

高雄市中心部から西側に向かった大樹区に位置する「佛光山」は、台湾有数の仏教の聖地として知られています。高雄市街の有名観光地は全て網羅した方や、少し変わった場所に行きたいという方にオススメ。佛光山はまさに高雄の仏教テーマパークといえる、広大な敷地と数々の仏像に会えるのが大きなポイントです。

お寺の建築も素晴らしいですが、なんといっても高さ20メートルの阿弥陀仏と480体もの黄金の仏像がズラッと並んでいる光景は壮観。他では見られない貴重な観光体験になるはずです。立派な大雄寶殿には御本尊が3体、そして本堂の周りには14800体も並んだ釈迦牟尼佛聖像も見られますよ。佛光縁美術館では貴重な仏教美術を鑑賞することもできます。

そして佛光山で見逃せない観光の見どころである佛陀紀念館の頂点には巨大な仏像が鎮座。佛光山という名の通り、周囲は山に囲まれた自然溢れる場所なので参拝の道のりも楽しいですよ。

17.旗津島

出典: Chih-Ching Hsieh/flickr

高雄の西側に浮かぶ「旗津島(きしんじま)」は高雄の人気観光地の一つです。西子湾からフェリーに乗って約10分ほどで着いてしまうアクセスの良さで、プチ船旅気分も味わえてしまうオススメ観光スポット。

旗津島の主な観光スポットは旗後砲台と旗後燈搭という灯台です。どちらも高いところにあるので旗津島と海が目の前に広がる気持ちの良い眺めが堪能できますよ。浜辺をのんびりと散歩したり、街中に戻って市場で海産物を買い物したり、屋台で新鮮な海鮮を食べるのも旗津島ならでは。

航海の神様「媽祖」を祀っている旗津天后宮は、旗津島で300年もの間地元の人から信仰されている高雄で最も古い廟。煌びやかな装飾がとても賑やかで、お参りするだけでご利益がありそう。1日あれば十分観光できる旗津島ですが、他にもレインボーカラーのオシャレな教会や貝殻博物館など見どころは多め。朝から遊びに行っても時間が足りないほどですよ。島ではサイクリングを楽しむのもオススメです!

18.打狗鐵道故事館

出典: zh.wikipedia.org

台湾には鉄道にまつわる施設が多く、近年続々とリノベーションされて新たな観光地となっています。「打狗鐵道故事館(だくてつどうこじかん)」もまたそんな鉄道好きにはたまらない高雄の観光スポットの一つです。

貨物専用駅として日本統治時代に建設されたかつての高雄港駅。現在は駅として使われていた当時の姿を再現した待合室や、レトロ感たっぷりの事務室などが見学可能です。駅からホームへ出ると100年以上前の蒸気機関車や歴史ある列車が展示されており、週末になると大人から子供まで多くの人が訪れています。蒸気機関車の前は高雄観光の記念写真の定番撮影スポットですよ。

打狗鐵道故事館のすぐそばには高雄のランドマークとなっている駁二芸術特区が続いています。こちらにはおしゃれなカフェやレストランなど休憩スポットも充実しているので、合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

19.夢時代購物中心(ドリームモール)

「夢時代購物中心(ドリームモール)」は高雄にある台湾最大規模のショッピングモール。KRTレッドライン凱旋駅から徒歩15分ほどで、日本でもおなじみのイケアやコストコなど大型のショップが並ぶエリアに位置しています。中華路を北上すれば高雄のショッピングエリアである三多商圏もすぐそば。高雄観光のお土産探しをするなら、この辺りで一気にお買い物を済ませてしまうのもオススメです。

高雄の街を一望できる観覧車に乗ったり、シネコンで最新の台湾映画を見るのも楽しいですよ。暑い夏の観光途中に涼みに立ち寄るのもオススメです。ショッピングモールなので、もちろんレストランやカフェも充実。台湾グルメからスタバまで様々なお店が揃っているので、お店に悩んだ時もドリームモールに来れば安心です。お買い物の後は高雄展覧館周辺に向かって散歩に出かけてみましょう。素晴らしい夕景は高雄観光の記念写真にもピッタリですよ。

20.瑞豊夜市

出典: othree/flickr

高雄の夜市で一番に名前が挙がるのは六合観光夜市ですが、地元人たちが愛する「瑞豊夜市(ずいほうよいち)」も高雄の代表的な観光スポットです。20年以上の歴史がある高雄ではおなじみの夜市で、KRT巨蛋駅を降りると夜市へ向かう人の波に付いていけばあっという間に到着です。

夜市入口には主に食べ物の屋台が並んでいます。六合夜市と同じくやはりここでも海鮮が多め。新鮮な高雄の海の幸を満喫できますよ。食べ歩きを楽しみながら、椅子やテーブルが設置されたところで道ゆく人を眺めながらゆっくりと食事をするのも夜市観光の醍醐味です。

服や雑貨店も多いのでじっくり選んで掘り出し物を探してみましょう。お買い物好きの方は交渉して値切りにチャレンジ!プチプラ土産を探すのもいいかもしれませんね。昔懐かしいような夜市のゲームで遊んでみれば、楽しい観光の思い出になりそう。人通りがかなり多いので、歩くときは持ち物に注意しましょう。

21.玫瑰聖母聖殿主教座堂

出典: Bunkichi Chang/flickr

高雄の愛河周辺を歩いていると目に飛び込んでくる「玫瑰聖母聖殿主教座堂(まいかいせいぼせいでんしきょうざどう)」は、玫瑰堂と呼ばれ親しまれています。1859年にスペイン人宣教師によって建設された台湾初の歴史あるカトリック教会で、その重厚なゴシック式建築は高雄の街並みの中でも一際目立った存在です。

国の三級古蹟にも指定され、台湾で最も美しい教会と言われている玫瑰聖母聖殿主教座堂。高雄の観光スポットとしても有名で、外観だけでなく内部にも美しい装飾が施されています。八角形のドーム型をした聖壇と祭壇に飾られたマリア像は、140年以上の歴史があるという貴重なもの。高雄観光の合間に静かな空間で落ち着きたいときは、玫瑰堂で教会芸術を堪能してはいかがでしょうか。

夜になると教会はライトアップされ、キラキラと光り輝くステンドグラスも見もの!愛河沿いの観光と合わせて立ち寄るのがオススメです。昼と夜で違った表情を見せてくれる教会、その姿を見比べてみましょう。

22.城市光廊

出典: joke chien/flickr

「城市光廊(じょうしこうろう)」は高雄の繁華街、中央公園にある光の通りのこと。高層ビルのネオンや港町の風景など、高雄では夜景という夜だけの特別な観光コースも醍醐味の一つです。高雄出身のアーティストたちが光をテーマに作品を制作した城市光廊は、毎晩色とりどりに光り輝いて高雄の街を明るくしています。

昼間は高雄市民の憩いの場所として、また夜になると近くの新堀江商圏を訪れる人たちの待ち合わせ場所として賑わいます。現在16点設置されているアート作品は、地元の人たちだけでなく観光客にも評判になっています。高雄を訪れた際は、夜景観光のコースに城市光廊を入れましょう。

公園周辺にはおしゃれなカフェもたくさんあって雰囲気抜群ですよ。また最寄りの中央公園駅の建築デザインもモダンで洗練されているので、チェックしてみてくださいね。

23.美濃区

出典: POHAN CHEN/flickr

高雄市「美濃区」は油紙で作られた蛇の目傘や、陶芸の産地として有名です。高雄市外からバスで簡単にアクセス可能で日帰り観光できるので、高雄中心部からのプチトリップにオススメです。まず訪れたい美濃区の観光スポットは永安旧街から。ここには赤レンガの伝統家屋が並ぶ昔ながらの美濃区の風景を見ることができます。

タバコ王と呼ばれていた、林春雨の邸宅は大変保存状態が良く必見。そして美濃に住んでいた客家人(はっかじん)独自の生活スタイルや文化を紹介した美濃客家文物館、蛇の目傘の手作り体験や陶芸体験のできる美濃民俗村も美濃区の人気観光地です。

せっかく美濃観光に来たなら、ランチは客家料理が楽しめるレストランで名物料理を食べてみてくださいね。農業が盛んな美濃区、自然にあふれたのんびりとした街の雰囲気も魅力的です。朝から訪れるのがオススメで、伝統朝市を訪れたり美濃の和やかな空気を感じながら散歩を楽しんでみてくださいね。

24.旗山区

出典: ja.wikipedia.org

高雄市「旗山区(きざんく)」は美濃区と合わせて観光するのにオススメな高雄郊外の街です。特に旗山老街はバロック風建築が軒を連ねる歴史ある老街で雰囲気も抜群。旗山で最も人気のある観光地になっています。ここでは旗山名物のバナナを使ったおやつを食べ歩きするのが定番の観光コース。中には日本では見かけないような珍しいバナナもありますよ。台湾グルメが堪能できるお店もたくさんあるのでお昼は旗山老街でどうぞ。

旗山のバナナ産業についてもっと知りたい方は旗山生活文化園へ。小学校の跡地を利用した施設内には旗山の歴史とバナナ産業の展示が楽しめます。次はかつて台湾鉄道の駅だった旧旗山駅を見学しましょう。1911年に建設されたかわいらしい外観が特徴的で、構内には土産物店がありますよ。旗山へは高雄市街からバスで簡単にアクセスできます。

ちなみに現地の台湾バナナは、日本で食べられるものより甘くて美味しいんです。理由は日本に出荷される場合、輸送時間の問題で糖度が上がりきる前に収穫してしてしまうから。旗山区で台湾バナナの本当の美味しさをぜひ体験してみてくださいね!

25.鳳儀書院

「鳳儀書院」は高雄鳳山区に1814年に設立された書院。書院というのは科挙(官僚になるための試験)を受けるために学生たちが学んでいた学校のことです。台湾に現存している書院の中では最大規模とされており、近年整備が行われ公開されてからは高雄の名観光地になりました。

敷地内にはユニークな表情の人形たちが置かれ、当時の書院の様子を再現しています。写真撮影は自由なので、観光写真を撮るのにもぴったり。教室や試験を受ける部屋、学生が暮らしていた部屋、科挙の資料や鳳山の歴史資料の展示などもあります。台湾式のおみくじ体験もできますよ。

鳳儀書院のある鳳山区は、高雄市中心部の西側にあり、鳳儀書院へ観光に訪れる際はKRTオレンジラインの鳳山駅から徒歩すぐとアクセスも抜群です。また鳳山観光のついでに寄りたいのが大東文化中心芸術図書館。ここは芸術系の本を集めた図書館で、建築デザインも大変珍しく高雄の有名スポットになっています。

◎まとめ

高雄は観光都市としても、台北とはまた一味違った魅力に溢れた場所だということが分かってもらえたと思います。洗練された都会の部分もありつつ、古き良き台湾の原風景を感じることもできるという絶妙なバランスを持つ稀有な観光スポットといえますね。さらに郊外に足を伸ばして台湾一のリゾート地区「墾丁(こんてい)」へ出かけるのもオススメです。高雄のお隣である墾丁には台湾最大の国立海洋生物博物館や、潜水艇など海ならではのエンタメが満載。また高雄から日帰りで楽しめるリゾート地「小琉球(しょうりゅうきゅう)」も人気。島には美しい海岸はもちろん、洞窟や竹林の歩道などの名所がたくさんあります。高雄東港から船で30分ほどなので日帰り観光もできますよ。様々な魅力の詰まった高雄をぜひ観光に訪れてみてくださいね!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高雄でおすすめの記事

高雄のアクセスランキング