世界遺産大国・フランスの42の世界遺産をすべてご紹介します!

画像出典:Petr Kovalenkov

世界遺産大国・フランスの42の世界遺産をすべてご紹介します!

目次

世界遺産大国・フランスの42の世界遺産をすべてご紹介します!

目次を閉じる

13.オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」

出典: モンブラン/PIXTA(ピクスタ)

オランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」は、1981年に世界文化遺産に登録されました。
驚くのは、その規模もさることながら素晴らしい保存状態。どちらも2千年以上も前の建物とは思えないほど、非常にきれいな状態で街中に佇んでいるのです。

なんとローマ劇場は、今も現役で使用されているんですよ!約1万人が収容可能な巨大劇場では、毎年夏に音楽フェスティバルが開催されているのだとか。今は見ることができませんが、音響効果を良くするために壁に大理石を積み上げたりと、当時の建築技術の高さを物語っています。

劇場のすぐ近くにある凱旋門は、リヨンとアルルを結ぶ「アグリッパ街道」に建てられています。
パリの凱旋門ほどの迫力はありませんが、美しいレリーフは必見。門の下をくぐって内部の彫刻を見ることもできますよ。

14.アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群

出典: SteveAllenPhoto

かつてローマの支配下に置かれ商業の拠点として繁栄したアルル。そこに残されたローマ遺跡とロマネスク様式建造物群が、1981年に世界文化遺産に登録されました。ここには円形闘技場や野外劇場、公共浴場、エジプトのオベリスクなど、ローマ帝国の偉大さを物語る遺跡がたくさんあります。

美しい回廊が見どころのサン=トロフィーム教会は、「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として世界遺産登録されていることでも有名。アルルに残るローマ遺跡の中で最も古いものだそうです。
アルルと聞くと「ゴッホの跳ね橋」を思い出す方が多いと思いますが、実はこんなに立派なローマ時代の遺跡があるのですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

フランスでおすすめの記事

フランスのアクセスランキング