世界遺産大国・フランスの42の世界遺産をすべてご紹介します!

画像出典:Petr Kovalenkov

世界遺産大国・フランスの42の世界遺産をすべてご紹介します!

目次

世界遺産大国・フランスの42の世界遺産をすべてご紹介します!

目次を閉じる

33.コースとセヴェンヌ、地中海の農耕・牧畜の文化的景観

出典: commons.wikimedia.org

コースとセヴェンヌ、地中海の農耕・牧畜の文化的景観は、2011年に世界文化遺産に登録されました。
石灰岩台地が密集する中央高原に位置し、樹木の生えていない花崗岩質の台地地帯として知られています。

世界遺産に登録されたのは、その美しい景観も理由の一つですが、「発展を続ける文化的景観」として高く評価されたからです。それを証するように、セヴェンヌ地方では移動式の羊の牧畜が今もなお続けられていますし、コース地方では伝統的な方法で羊のブルーチーズの製造を行っています。まさに、人々が守ってきた伝統と歴史が作り上げた世界遺産なんですね。

34.ノール=パ・ド・カレーの鉱業盆地

出典: Guillaume Baviere/Flickr

2012年に世界文化遺産に登録されたノール=パ・ド・カレーの鉱業盆地は、大規模な鉱脈を有する工業盆地です。このような工業地帯が世界遺産に登録されるのは極めて稀なことでなので、非常に珍しい世界遺産と言えるでしょう。

ここは石炭の採掘のみで発展した工業地帯ですが、以前は農業が盛んだったのだとか。広範囲な鉱脈が発見されてからは約3世紀に渡り、石炭産出工業がこの地域の経済を潤し発展させました。
鉱脈採掘の穴や立坑などが特徴的な景観を作り出すとともに、昔からの農村の風景を損なうことなく見事に融合しており、なんともユニークな景観が素晴らしいですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

フランスでおすすめの記事

フランスのアクセスランキング