ヨーロッパ唯一のアジア系民族の国ハンガリー!世界遺産8か所をご紹介

画像出典:TTstudio / shutterstock

ヨーロッパ唯一のアジア系民族の国ハンガリー!世界遺産8か所をご紹介

GoToキャンペーンバナー

ハンガリーは東方から来たアジアの騎馬民族マジャール人が1000年に建てた国で、16世紀にはオスマン帝国、18世紀からはオーストリア帝国に支配されてきました。1867年に自治権が与えられて以降、ハンガリーの人々はオーストリアの首都ウィーンやパリなどに負けない都市を作ろうと、ブダペストの街を築き上げました。今ではブダペストは10か国内を流れるドナウ川沿いで最も美しい街と称されています。そんなブダペストの街をはじめとするハンガリーの世界遺産、全8か所をご紹介しましょう。

目次

ヨーロッパ唯一のアジア系民族の国ハンガリー!世界遺産8か所をご紹介

目次を閉じる

1.ホッローケーの古い村落とその周辺

出典: eldeiv / shutterstock

首都ブダペストから約100キロ北東に位置するホッローケー村にはパローツ様式と呼ばれる独特の建築様式があり、壁は泥と藁で築かれ、表面に石灰を塗って仕上げて、屋根のすぐ下に木板でレースのような飾りがあるのが特徴です。この伝統的なパローツ様式の集落56棟が保存されており、36人程のパローツ人が住むホッローケー村は、ハンガリーで最も美しい村と称され、1987年に世界遺産に登録されました。

世界遺産になり、年間数万人が訪れる観光地になってからは、パローツの民族衣装をまとった女性たちにより、民族舞踏が行われたり、宿泊できる民家もできました。村の暮らしに憧れて移住する知識人は増えていますが、元々の村民は減少傾向にあるのが、伝統文化の継承という点で課題になっています。ブダペストから日帰り観光ができるので、ぜひ訪れてみてくださいね。

2.ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り

出典: TTstudio / shutterstock

1987年、ブダペストのドナウ河岸とブダ城地域が世界遺産に登録され、2002年に歴史的な建造物が並ぶアンドラーシ通りが追加登録されています。

ブダペストのシンボル的存在であるブダの丘に建つネオバロック様式が見事な王宮は、13世紀以降ハンガリー王の居城となっています。歴代国王の戴冠式が行われたモザイクの屋根が特徴的なマーチャーシュ教会、二十世紀に建てられたネオゴシック様式の国会議事堂、ハンガリー建国1000年を記念して建てられた聖イシュトバーン大聖堂、これら全部を見おろす展望所にもなっている漁夫の砦など、見どころは尽きません。ドナウ川に架けられたブダとペストの町を結ぶくさり橋のライトアップはブダペスト観光の中でもハイライトとも言えるでしょう。美しいブダペストの景色を堪能したい方にはドナウ川クルーズがお勧めですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ハンガリーでおすすめの記事

ハンガリーのアクセスランキング