フランスの世界複合遺産!ピレネー山脈・ペルデュ山の見所についてご紹介!

画像出典:Patrick Rouzet (CC BY-SA 3.0)

フランスの世界複合遺産!ピレネー山脈・ペルデュ山の見所についてご紹介!

ピレネー山脈のペルデュ山は、世界遺産の中でも数少ない自然遺産と文化遺産の両方の登録基準をクリアした世界複合遺産。フランスとスペインの国境にまたがる標高3352メートルの山で、ピレネー山脈の中では3番目に高い山です。ピレネー山脈は豊かな自然と、山の中腹で暮らす農牧民族の生活様式が現代まで残っている貴重な例として世界的に認められ、自然遺産と文化遺産として世界遺産に登録されました。今回はそんな世界遺産ピレネー山脈のペルデュ山の見所についてご紹介します。ぜひフランスを観光する時は世界遺産巡りの参考にしてみてくださいね!

目次

フランスの世界複合遺産!ピレネー山脈・ペルデュ山の見所についてご紹介!

ピレネー山脈のペルデュ山とは?

出典: Heparina1985 (CC BY-SA 4.0)

ピレネー山脈ペルデュ山は1997年に世界遺産に登録されました。カテゴリーは自然遺産と文化遺産の複合遺産です。現在世界各地に1000個以上ある世界遺産の中でも、複合遺産に指定されているのは40個にも満たない数。ピレネー山脈のペルデュ山はとても貴重な世界遺産と言えるでしょう。

ペルデュ山はフランスとスペインの国境にまたがるピレネー山脈中央部にある山で、山頂はスペインのアラゴン州に位置します。モン・ペルデュとはフランス語で「孤立した山」という意味です。スペイン語やカタルーニャ語でも、「迷子の山」といった意味を持っています。なぜならフランス側からはガヴァルニー圏谷に隠れてペルデュ山が見えない、という理由があるからです。ちなみにフランスとスペインはどちらの国もトップ4に入る、世界遺産の多い国になっています。

標高3352mのペルデュ山は、石灰岩の山の中ではヨーロッパ最高と言われています。この山を含む地域が「ピレネー山脈のモン・ペルデュ」として世界遺産に登録されている状態です。フランス、スペインの両国ともに、中腹では昔からヨーロッパの山岳地帯に伝わる農牧畜のスタイルが行われています。農村や牧草地、納屋などの素朴な風景は、その生活様式を知るうえでとても貴重な存在とされています。

ちなみに、フランス側にあるガヴァルニー圏谷は、別の世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部としても登録されています。

ピレネー山脈・ペルデュ山へのアクセス

日本からピレネー山脈へ向かうには飛行機でスペイン・バルセロナまで向かい、バルセロナから車かバスを利用し4時間半程で行くルートが有名です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

フランスでおすすめの記事

フランスのアクセスランキング