因島観光に最適な歴史を感じさせる建物や絶景行楽スポット21選

画像出典:Yoshinori Okada / PIXTA(ピクスタ)

因島観光に最適な歴史を感じさせる建物や絶景行楽スポット21選

GoToキャンペーンバナー

因島は、村上水軍で有名な島。村上水軍の歴史は因島の歴史と言って過言ではありません。しかし、因島の観光は村上水軍だけではないのです。ココでしか見られない風景がたくさんあって美しい夕日を見ながら癒されることも多いはず。

そんな因島には歴史の舞台だけではなく家族で楽しめるような観光スポットもたくさんあります。因島大橋を中心に観光地が点在していますので効率的に周ってみるのも良いでしょう。瀬戸内海の海を感じながら遊べる絶景スポットが一杯です。春・夏・秋・冬のどの季節でも海と自然を感じられるのも因島の魅力。

そこで今回は因島の歴史を感じて景色を楽しめるような観光地21選をご紹介します。

目次

因島観光に最適な歴史を感じさせる建物や絶景行楽スポット21選

目次を閉じる

1.今も現役で働く「大浜崎灯台と灯台記念館」

尾道市向島にある大浜崎灯台・灯台記念館は、1894年(明治27年)に竣工し布刈瀬戸の海を照らしています。真っ白な外観が人気であり、灯台だけ見ていると西洋を思わせるような感じです。灯台自体の高さは9.3mであり、光の届く距離は約25km先まで。現在も現役で使われています。

近くに大崎浜潮流信号所があり、白い煙突が3つあるのが特徴的になっています。1954年(昭和29年)まで利用されてきましたが、現在は大崎灯台記念館として使用されているのです。大崎灯台の様々な資料や機械が展示されている他旧灯ろう等もご覧になれます。

この場所の近くからは明治時代とさほど変わらない瀬戸内海の綺麗な海を眺めることができるでしょう。次代は変わってもこの建物の働きは海の道標となっています。瀬戸の海を長い間守ってきた灯台の働きなどを知ることができるでしょう。

2.自転車歩行者道がある「因島大橋」

1983年に供用を開始した因島大橋は、因島と向島を結ぶ本州四国連絡橋の一つです。本州側からは、2つ目の橋で吊り橋の形であり美しい橋の姿が印象的でしょう。長さは1,270mで来島海峡の上にかかる橋になっています。

当時は日本最長のつり橋でしたが2016年には国内8位の長さのつり橋になっているのです。1日に400隻ほどの大型船舶が通行し、一番の見どころ。橋からの眺めは最高ですが、自転車で行く場合混んでいなければゆっくり見ることもできるでしょう。

因島大橋は、二段の造りに構築されており上段には自動車専用道路、下段には自転車歩行者道が有るのです。車だけではなく瀬戸内海横断自転車道も整備されているため多くの観光客がサイクリングを楽しんでいます。125cc以下の2輪車もこの自転車道を通ることが可能。緑の舗装が歩行者、その他が自転車と125cc以下のバイク類になっています。

3.緑の芝生が美しい「因島大橋記念公園」

因島大橋記念公園は、因島大橋が1983年開通したことを記念して造られた公園です。因島側に造られた公園は美しい緑の芝が印象的で、白い因島橋と美しい瀬戸内海の海にマッチしています。

芝生広場を中心にキャンプ場、ちびっこランド、レストハウスがあり、観光やサイクリングの休憩スポットとしても人気。土日を中心にお昼時にはレストハウスが混み合い、多くの方々がおいしい瀬戸内海のランチを楽しみます。

食後は天気が良ければ芝生広場でくつろぐこともでき、家族連れの姿も多いです。近くには、大浜崎灯台や大浜崎灯台記念館があり、立ち寄ることも可能です。特に夕日の時間帯などは公園で夕日を眺める為に訪れる人が増えるでしょう。ビューポイントなので因島大橋の下を通る大型船を撮影する人の姿も見かけることが公園内ではあります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

尾道でおすすめの記事

尾道のアクセスランキング