あの空中都市だけじゃない?ペルーの世界遺産12ヶ所!

画像出典:Allard Schmidt (The Netherlands)

あの空中都市だけじゃない?ペルーの世界遺産12ヶ所!

マチュピチュやナスカの地上絵と言えば、世界遺産に興味のない人でも聞いたことがある場所ではないでしょうか?南米の国ペルーは、12ヶ所の世界遺産を持つ国。日系の人も多く住み、日本人にも親近感がある国です。古くから文明が栄えていたので古代遺跡も多数あり、またその古代から続く文化とヨーロッパの文化が混ざり合って、独自の文化や街並みを生み出している国です。今回はそんなペルーの世界遺産をご紹介します。

目次

あの空中都市だけじゃない?ペルーの世界遺産12ヶ所!

目次を閉じる

1.マチュピチュ

出典: Jordan Adkins

マチュピチュは1911年にアメリカの探検家ハイラム・ビンガムによって発見されたペルーの世界遺産です。発見当時は草に覆われた廃墟と化していました。空中都市とも呼呼ばれるこの世界遺産は、スペイン人の侵略を逃れる為にインカの人々が作った都市だったという説や、天文観測のための施設であったとする説、インカ王の城であったとする説等など、諸説あります。しかし未だ謎は多く、まだ解明はされていません。

マチュピチュを見るためにまずクスコの街からバスと電車などで向かいます。標高2400m以上もある場所なので天候が変わりやすく、高山病などにかかる人も多いです。万全に体調を整えて、余裕のあるスケジュールを組むことをおすすめします。

2.クスコ市街

出典: Laura Morris

1983年に世界遺産に認定されたクスコは、インカ帝国の都として栄えました。クスコという名前は世界のヘソという意味を持ち、当時は世界の中心として考えられていたんですよ。クスコの街並みはアルマス広場を中心として、コロニアル風の建築物が立ち並んでいます。しかしその建物の下になっている石積みは、すべてインカ時代のも。インカ帝国の文化とヨーロッパの文化が融合した、独特の雰囲気を放ちます。

かつての大航海時代、スペイン人がこのクスコの町を征服しました。その際にもともとあったインカの建物を壊しましたが、石積みの土台は頑丈にできていて壊すことができなかったとか。そしてそのまま土台として使うことにしたのです。他にもクスコの町を一望できる丘サクサイワマンも見どころ。こちらにもインカ帝国の遺跡があります。

クスコの町は標高3400mにあります。高山病になってしまうと観光どころではなくなってしまうので、しっかりと対策をしていってくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ペルーでおすすめの記事

ペルーのアクセスランキング