ヨルダンの世界遺産は紀元前の遺跡がいっぱい。あの映画のワンシーンにも!

画像出典:Diego Delso (CC BY-SA 4.0)

ヨルダンの世界遺産は紀元前の遺跡がいっぱい。あの映画のワンシーンにも!

ヨルダンの世界遺産は全部で5ヶ所登録されています。そのうち、文化遺産がペトラ、アムラ城、ウム・アル=ラサス、洗礼の地「ヨルダン川の向こう側、ベタニア」(アル=マグタス)の4ヶ所、複合遺産がワディ・ラム保護地域の1ヶ所です。自然が作り出した美しい岩山や砂漠、紀元前の歴史を今に伝える遺跡の数々がヨルダンの世界遺産の特徴。そして、ヨルダンの世界遺産は世界で有名な映画にも登場しています。この映画のあのシーンがここで!と驚かれる方もたくさんいるのでは?さあ、ヨルダンの世界遺産をご案内しましょう。

(注意:ヨルダンは情勢により外務省から渡航危険情報がだされていますので、状況によっては細心の注意が必要です。)

目次

ヨルダンの世界遺産は紀元前の遺跡がいっぱい。あの映画のワンシーンにも!

目次を閉じる

1. ペトラ

出典: Berthold Werner

ヨルダンの世界遺産といえば、最初に思い浮かぶのがこのペトラでしょう。砂漠地帯で周囲を断崖と岩山に囲まれていて、簡単に中に入ることはできない自然の要塞のような場所です。別名「バラ色の都市」と呼ばれる世界遺産ペトラを囲む岩は、その名に恥じないバラのように美しい彩り。そのペトラにある数多くの遺跡の中で特に有名なのが、映画『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』のクライマックスで登場したエル・カズネという宝物殿です。

このエル・カズネまではシークという狭い渓谷を抜けていきます。場所によっては幅が3~4メートルほどしかなく、こういった渓谷が1.5キロメートルほど続いてペトラに入っていきます。ペトラには1000ほどの遺跡があるといわれていて、エル・カズネはそのうちの一つ。ペトラ世界遺産を全部見るには2~3日かかるので、ヨルダンへの世界遺産めぐりは計画的に行きましょう。

2. アムラ城

出典: GregAsche〜commonswiki (CC BY-SA 3.0)

世界遺産アムラ城は、ヨルダンの首都アンマンから東へ80キロメートルほど行ったところにあるウマイヤ朝時代の城館遺跡です。この世界遺産の見所はその建築物にあり、城館遺跡であるアムラ城は浴場施設を中心にした遺跡で、館内の壁画が有名です。天体図や動物、裸婦が描かれたフレスコ画が今もその時代を受け継いでいて、悠久の時を感じる世界遺産。

現在残っているイスラーム帝国以降の浴場施設としては、この世界遺産アムラ城が最も古いもののひとつ。屋根のドームや天井のヴォールとよばれるアーチ部分など、ほぼ建物全体が完全な原形を保っているというのが驚きです。そして天井のフレスコ画は後期ヘレニズム様式の影響が見られ、美術史においてもこの世界遺産は貴重な資料として知られています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ヨルダンでおすすめの記事

ヨルダンのアクセスランキング