アメリカ合衆国の世界遺産は迫力の連続!23箇所すべて紹介します!

画像出典:Tupungato/shutterstock

アメリカ合衆国の世界遺産は迫力の連続!23箇所すべて紹介します!

アメリカ合衆国の世界遺産と言えば、グランド・キャニオンや自由の女神を思い浮かべる人も多いかもしれません。実際はその他にもたくさんの登録されている世界遺産があります。

アメリカは、23もの世界遺産が登録されており、広大な土地を誇るアメリカならではの世界遺産はどれもダイナミック!桁外れの氷河を見られる場所や、90年以上調査中で今なお全貌不明の巨大な洞窟などスケールも大きいです。

また自然以外にも、歴史や建国当時を思い起こさせるスポットもたくさんありますよ。アメリカの迫力ある世界遺産をご紹介します。

目次

[x] 閉じる

アメリカ合衆国の世界遺産は迫力の連続!23箇所すべて紹介します!

1.グランド・キャニオン国立公園

出典: www.istockphoto.com

グランドキャニオンは、言わずと知れたアメリカ合衆国を代表する世界遺産。アメリカでも最も古い国立公園の1つでもあるこの渓谷の起源は、今からなんと7,000万年前まで遡ります。グランド・キャニオンは、元は高原でしたが、今も流れるコロラドリバーが長い年月をかけて高原を侵食し、現在の地形になりました。

その峡谷の深さは1,800mにも到達し、言葉では言い表せない程の壮大な景観を生み出しています。深い歴史や地球の偉大さを肌で感じる事ができるこの世界遺産は、いつでも世界中から訪れる観光客で溢れかえっていますよ。

グランドキャニオンにはオススメの観光スポットがいくつもありますが、中でも断崖絶壁の上にせり出る様にU字に作られたスカイウォークがおすすめ。高さ1200mもの所から、アメリカの大地の広さを体感できます。底が強化ガラスで出来ており、真下が見えるのでこの上ないスリルを味わうことができますよ。

2.イエローストーン国立公園

出典: Lorcel/shutterstock

イエローストーン国立公園もアメリカで有名な世界遺産。世界中から年間400万人以上が、この世界遺産を訪れています。観光客のお目当てはやはり間欠泉。1~2時間ごとに吹き上げるオールド・フェイスフル・ガイザーは必ず見るべきポイントです。高さが50mにまで達するので間近でみたら圧巻です。

その他にも直径約113mの巨大なプリズム温泉と呼ばれる、エメラルドグリーンの色をしたミッドウェイ・ガイザー・ベイスン等300以上もの間欠泉があり見どころ満載。

この広大な世界遺産は、ワイオミング州の3%を占めています。アメリカならではの動物も多く、ドライブをしているとアメリカバイソンやグリズリー、狼やエルク等が横断することもあるので注意してくださいね。

3.自由の女神

出典: www.istockphoto.com

自由の女神は、ニューヨーク州を代表する世界遺産です。アメリカの独立100周年を記念して、フランスから贈呈されました。緑の身体は銅で出来ており、高さはなんと93m!間近で見ると迫力満点です。近くでは全て写真に撮ることは難しいので、自由の女神像のある島に行くフェリーに乗車した時がシャッターチャンスですよ。

自由の女神は、アメリカの民主主義を象徴する重要な世界遺産で、各国からやって来た移民にとっては新天地の象徴でした。映画『タイタニック』のラストシーンで、自由の女神が映りニューヨークに到着を遂げるクライマックスシーンを覚えている人も多いのではないでしょうか。

自由の女神の性別は実は分かっておらず、今ではこの世界遺産を「自由の像」と呼ぶ人もいます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アメリカでおすすめの記事

アメリカのアクセスランキング