瀬戸内海の自然を体感できる!向島のおすすめ観光スポット9選

画像出典:風来工房 / PIXTA(ピクスタ)

美しい自然で知られるしまなみ海道の中でも人気が高いのが向島。こちらは、渡し船で約5分で着く島で、多くのサイクリング客も訪れます。向島観光のメインは何と言っても海と果物とレトロな雰囲気でしょう。映画のロケ地として名高い場所もあれば、みかんやいちじくが最高の農園もあります。向島は、瀬戸内海の中でも有名な花の島なので美しい花が見られる所も多いでしょう。

季節によって花は異なりますが温室もあるので見られないことはありません。そこにしかない絶品スイーツから、地元の人と触れ合える場所もあるのが向島。日本の良い所を凝縮したような場所なので一度は行ってみたいという人が後を絶たないでしょう。自然とグルメとサイクリングが楽しめる向島の観光スポットをご紹介します。

[x] 閉じる

瀬戸内海の自然を体感できる!向島のおすすめ観光スポット9選:目次

1.花の島を代表する「向島洋らんセンター」

1995年に開園した向島洋らんセンターは、花の栽培が盛んな向島の代表的な施設。向島の高見山の麓にある公園で、風光明媚な場所にあり地元のラン農家によって運営されています。1965年頃(昭和40年)から向島ではランの栽培が行われるようになり、年間切り花が6万本、鉢植えが11万本生産されているのです。向島洋らんセンターには、様々なイベントやコンサートが行われる展示棟を始め、講演会や研修ができる研修室があります。

広い芝生広場では週末を中心に多くの家族連れの姿も見られ、のどかな雰囲気が漂っているでしょう。センター内には向島で大切に育てられた美しいランも販売してます。季節によっては、シンビジウムやオンシジウムなどのランも販売していますがやっぱり一番人気は胡蝶蘭。お祝いなどにもピッタリな胡蝶蘭をお土産に購入される方がたくさんいらっしゃいます。

2.日本一の規模を誇る海辺のいちじく園「万汐農園」

海辺のいちじく園として知られる万汐農園は、日本でも有数の規模を誇るいちじく園として有名。園内は2000㎡の広さを誇り、無農薬・無化学肥料の果樹や農産物を生産しています。こちらの農園は、いちじく狩り体験だけではなく様々な体験ができることでも知られていて人気。春には花見まつりが開催されますし、梅もぎ体験や梅の加工体験もできます。

秋にはファンが多いいちじく狩りが行われ多くの方が海辺のいちじく園を目指すのです。食べ放題コースもありますし、お持ち帰りコースならで量り売りでお持ち帰りもできます。瀬戸内海の潮風を受けて育ったいちじくは絶品でおいしいと評判ですので一度は味わってみてください。観光品もたくさん販売されていますのでお土産にもピッタリでしょう。四季折々で楽しめるイベントも多いので万汐農園で家族で農業体験もおすすめ。

3.瀬戸内のおいしいみかんなら「高橋みかん狩センター」

日本にはみかんがおいしい場所がたくさんありますが瀬戸内海はおいしいみかんの産地としてもトップクラス。向島でみかん狩りを楽しむならば高橋みかん狩センターが良いでしょう。こちらでは温州みかんを丁寧に栽培しているので安全でおいしいと好評。岩子島が望める農園の方からは、向島大橋を見ることもでき、絶景の中でのみかん狩りができます。

こちらのみかん狩りは、食べ放題なのでみかん好きにはたまらないです。瀬戸内海の潮風をあびたみかんは甘くていくらでも食べられます。しまなみ海道サイクリングロードの近くにありますので、自転車で行かれても良いでしょう。10月下旬から12月上旬までのみかん狩りシーズンは休まず営業しています。家族でみかん狩りも良いですし、お友達と一緒にみかん狩りも楽しそう。測り売りでお持ち帰りもできますのでお土産もこちらで調達しましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

尾道でおすすめの記事

尾道のアクセスランキング