登別温泉のおすすめホテル8選!料理やおもてなしも自慢のホテルを厳選!

画像出典:Sean Pavone / PIXTA(ピクスタ)

登別温泉のおすすめホテル8選!料理やおもてなしも自慢のホテルを厳選!

登別は北海道で歴史のある温泉地。札幌や函館からのアクセスもよく、多くの観光客で賑わっている知名度が高い観光名所です。9種類もの異なる泉質のお湯が湧き、湧出量も豊富で日本有数の温泉地となっています。なので登別でホテルを選ぶ際は、それぞれが使用している温泉の泉質を調べておくのがおすすめ。自分の好みや適応症に合った温泉のあるホテル選ぶと良いでしょう。今回は、登別温泉の数あるホテルや旅館の中から、お湯だけでなくコンセプトや料理にこだわったホテルを厳選して8つご紹介します。

目次

登別温泉のおすすめホテル8選!料理やおもてなしも自慢のホテルを厳選!

目次を閉じる

1. 登別グランドホテル

「登別グランドホテル」は、昭和12年創業の登別でも老舗のホテル。食塩泉・硫黄泉・鉄泉の3つの泉質のお湯を引いていて、日本随一の本格ドーム型ローマ風大浴場が自慢!創業当時のモダンスタイルを今に受け継いでいて、天井の高い開放感あふれる空間で至福の時を過ごすことができます。

食塩泉は、湯冷めしないのが特徴。お湯に浸かると塩分が皮膚に付着し、汗の蒸発を防いでくれます。その高い保温効果から、登別では「熱の湯」とも呼ばれています。そんなローマ風の大浴場の雰囲気とは一転して、日本庭園風のつくりになっているのが庭園露天風呂。お庭の滝の音に耳を澄ませたり、四季折々の姿を見せる庭の風景を眺めたりと、こちらもすっかりくつろいで温泉に入ることができます。

庭園露天の岩風呂は硫黄泉になっていて、温泉といえばの硫黄の香りがたち込めます。鉄泉は大浴場と同じ屋内にある小浴場で楽しめます。正式にはアルミニウム硫酸温泉という酸性のお湯で、皮膚を引き締める効果があるのが特徴です。

食事はもちろん北海道の食材がふんだんに使われています。国内外を問わず多くの観光客が訪れるこのホテルでは、誰でも料理を楽しめるように和洋折衷スタイルを守り続けています。また日帰り温泉入浴も受け付けているので、登別に立ち寄り観光する人にもおすすめですよ。

2. 登別万世閣

「万世閣(まんせいかく)」は、登別を含め北海道で3つの温泉ホテルを展開しています。75年の歴史をもつホテル運営で培ったおもてなしの精神を、たっぷり感じることのできるホテルです。源泉掛け流しの広い大浴場をはじめ、露天風呂にジャグジー、サウナと、ゆっくりとくつろげる入浴施設が揃っています。

気になる登別万世閣の泉質は硫化塩泉。筋肉痛や肩こり、冷え性などに効果があるといわれています。また、こちらのホテルでは一風変わったサービスとして「シャンプーバイキング」が人気!さまざまな種類のシャンプーを選ぶことができるので、髪にこだわりのある方にはとても嬉しいサービスです。

館内には温泉のほか、エステサロンやカラオケボックス、室内プールにバーやキッズコーナーまで揃っています。そして、登別万世閣には登別温泉街で2か所だけという屋内プールもありますよ。ご家族など大人数での宿泊にもピッタリですね。

お食事は、バイキングと和食膳からお好きな方を選べます。宴会コースや居酒屋メニューなども用意されているので、慰安旅行などにも使えますね。売店では名物の「万世閣まんじゅう」をはじめ、登別でしか手に入らないお土産品もいろいろ販売されています。

3. ホテルゆもと登別

「ホテルゆもと登別」は、登別温泉の9種類のなかから3種類の源泉と1種類の混合泉の計4種類のお湯が楽しめるのが特徴です。それぞれお湯に特徴がありますが、すべてに共通するのは湯冷め知らずということ!古くから湯治などの長期療養に効果があると言われてきた登別温泉ですから、こちらでもまずはかけ湯をして、ゆっくりと半身浴をすることで身体が芯から温まっていきます。

お部屋は10畳と8畳の和室、そして和洋室の3タイプ。ナチュラルな素材とやさしい色使いの空間の作りで、部屋の中には琉球畳やローテーブル、ローチェアが用意されていて、老若男女問わず幅広い世代がくつろげます。和洋室にはベッドが4つある広いお部屋もあるので、大人数での宿泊にも便利です。登別の温泉を堪能した後は、北海道の季節の食材にこだわった和食会席膳でのおもてなしが待っていますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の登別行き格安航空券

登別でおすすめの記事

登別のアクセスランキング