ヨルダン王国の首都アンマンを旅しよう!おすすめ観光地スポット7選

画像出典:David Bjorgen (CC BY-SA 3.0)

ヨルダン王国の首都アンマンを旅しよう!おすすめ観光地スポット7選

ヨルダンハシミテ王国の首都アンマンは、元々は7つの丘の上に作られた街ですが、今は市内がどんどん広がり19つの丘にまたがった街になっています。
アンマンに初めて降り立った人が良く言う感想は「想像していたより町がキレイで車が新しい」だそうです。

旧市街には人々の生活感あふれる商店街や市場があり、商業地区には洗練されたショップやカフェが並び、丘の上には遺跡群。古いと新しいが入り混じったアンマンには、観光スポットがたくさん。ヨルダン観光のメインであるぺトラ遺跡や死海のついでに寄るだけでは勿体ない!

そんなアンマン市内の、お勧め観光地を7カ所に絞ってご紹介します!

目次

ヨルダン王国の首都アンマンを旅しよう!おすすめ観光地スポット7選

目次を閉じる

1.シタデル

出典: LiAnna Davis (CC BY-SA 3.0)

ガイドブックには、アンマン城と書かれている事もありますが、アンマンでは一般的にシタデルと呼ばれています。

観光の最初は高い所からアンマンの街を眺めて見ましょう。シタデルのある丘は、ジャバル・エル・カラと呼ばれ、古代から人が住んでいた場所で、政治的にも軍事的にもとても重要な場所でした。
様々な時代の遺物が残されていて、アンマン城跡に、ローマ皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌスが造らせたといわれるヘラクレス神殿の跡、8世紀のウマイヤ王朝時代に建てられたウマイヤパレスにモスクにビザンチン時代の教会、とまるで屋外博物館のようです。

ここからのアンマン市内の眺めは素晴らしく、観光客にとても人気があります。遠くに見える大きなヨルダンの国旗は30mx60m。旗を掲げる棒の高さは126.8mもあるんですよ!シタデルの入場料には次にご紹介する考古学博物館の入場も含まれています。

2.考古学博物館

出典: Michael Gunther (CC BY-SA 4.0)

シタデルにあるアンマン考古学博物館は1951年に建てられました。国内のあらゆる古代遺跡からの出土品が収められています。 所蔵品は時代順に並べられており、100万年前の石器時代からイスラーム時代までという広範囲。陶器やガラス、石、金属製の道具などの古代の日用品のほか、碑文や彫刻などの記念碑的なものなど盛りだくさんです。

以前は有名な死海文書の青銅の巻物を見ようと観光客が訪れていましたが、新たにヨルダン新国立博物館が出来てからはそちらに移されてしまいました。その収蔵品の素晴らしさに反して内部は地味でやや閑散としていますが、じっくり見学できるチャンスかも知れません。

アンマン観光の際には是非訪れてみて下さいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アンマンでおすすめの記事

    アンマンの記事はまだありません。

アンマンのアクセスランキング