日本人なら一度は訪れたい法隆寺周辺の観光スポット17選

画像出典:masa / PIXTA(ピクスタ)

日本人なら一度は訪れたい法隆寺周辺の観光スポット17選

斑鳩といえば法隆寺ですが、この斑鳩周辺には法隆寺以外にも多くの観光名所が点在します。「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」と有名な和歌のイメージからか、秋の観光がしっくりくるように感じる方も多いかもしれませんが、実はお花の名所も数多くあるんです。史跡以外にも花を訪ねる観光もいいですね。

昨今の歴史ブームでまた一段と有名になった法隆寺と聖徳太子、そして周囲の神社仏閣。一度自分の足で歩いて観光するのも良いものです。TVで見るのとはまた違った歴史の重みを感じる事ができますよ。さあ、大和路の歴史観光の旅へ出かけましょう。

目次

日本人なら一度は訪れたい法隆寺周辺の観光スポット17選

目次を閉じる

1.法隆寺

斑鳩の地で絶対に外せない観光名所といえばなんといっても法隆寺。またの名を斑鳩寺といい、推古天王の命で聖徳太子が建立したお寺です。この縁起については歴史にあまり興味のない方でもご存知でしょう。この寺の建立とともにつくられた薬師如来像が法隆寺のご本尊。現在も金堂に安置され、当時のままのお姿を拝む事ができます。

法隆寺といえば金堂や五重塔など多くの建造物が国宝として大切にされています。観光に来たなら見逃せないですね。その貴重な建物を囲む四季折々の境内の様子も美しいお寺。春には境内の桜が咲き、秋にはススキが風情を添えます。何度来ても、いつ来ても心洗われるような清浄な空気にあふれた名刹です。

「観光だけでは物足りない、法隆寺により親しみたい」という方は、夏に行われる「法隆寺夏期大学」へのご参加を。毎年全国津々浦々から老若男女が仏教や仏教史、仏教美術などを学ぶ為に集います。日本で最も有名なお寺といっても過言ではないですが、その門戸は広く一般に開かれています。

2.法起寺

法起寺は、太子建立七ケ寺の一つとされる歴史の古い寺院です。聖徳太子が建立したお寺は法隆寺以外にもあり、この法起寺・中宮寺・四天王寺など全7ケ寺であったという事なのです。7つもお寺を建てるとは、当時の仏教界において聖徳太子がどれほどの重要人物であったかがわかるような気がしますね。

この法起寺は、推古14年に聖徳太子が法華経についての教えを説いた岡本宮を推古天皇の崩御に際して寺に改めたものと言われています。そのため、別名岡本寺とも岡本尼寺とも言われています。

現在残っている建造物は三重塔。この三重塔は世界最古の非常に貴重なもので創建は708年。気の遠くなるような昔から修理を繰り返し保存されてきた塔です。観光にいったなら、法隆寺だけでなく聖徳太子ゆかりのこの三重塔もぜひとも見ておきたいですね。この寺は一時かなり衰退していたのを江戸時代以降に再興したという歴史があり、そのため当時の建造物跡が見られます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

斑鳩でおすすめの記事

斑鳩のアクセスランキング