【決定版】スペイン・バルセロナのおすすめ観光スポット20選!

画像出典:dem10

【決定版】スペイン・バルセロナのおすすめ観光スポット20選!

観光大国スペインの中でも特に人気の都市バルセロナには、世界遺産はもちろん有名な観光スポットがたくさんあります。市内には建築家アントニ・ガウディによる作品があちらこちらに点在しており、まるで芸術作品のように街中を彩っています。そんなバルセロナで楽しめるのは建築物だけじゃありません。地中海に面する海沿いエリアでは新鮮なシーフードを味わえるほか、世界トップクラスのスター選手が揃うサッカーの試合観戦も楽しめるなど、とにかく見どころ満載!今回は、バルセロナでぜひ訪れておきたいおすすめの観光スポットを厳選して20ヶ所ご紹介していきます。

目次

【決定版】スペイン・バルセロナのおすすめ観光スポット20選!

目次を閉じる

1.サグラダ・ファミリア

出典: Alberto Masnovo/PIXTA(ピクスタ)

バルセロナのシンボルとして知られる「サグラダ・ファミリア」は、建築家アントニ・ガウディの最高傑作です。当時無名だったガウディが設計を手がけ、彼の死後90年以上が経った今もその建築が続けられています。

2005年には、生誕のファサードと地下礼拝堂がユネスコの世界遺産にも登録されました。

出典: kyolshin

建物を覆うように施された彫刻が魅力のサグラダ・ファミリアですが、教会内部は外観とはうって変わってとても鮮やか。窓には青や緑、オレンジのステンドグラスが施されているほか、天井には天蓋飾りが備えられているなど見応え充分です。

さらに地下には、サグラダ・ファミリアの歴史や模型などを展示する博物館と、ガウディが眠る礼拝堂も備えられています。

出典: kyolshin

詳細な設計図がなかったことから完成まで300年程かかると言われていたサグラダ・ファミリアですが、3DプリンターやCNC加工機など最先端技術のおかげで大幅に工期が短縮し、なんと2026年に完成予定との見通しが発表されました。

建設途中のサグラダ・ファミリアを目の前で見られるのもあと数年!今のうちに、その歴史的な姿を見に行ってみませんか?

2.カサ・バトリョ

出典: take/PIXTA(ピクスタ)

「カサ・バトリョ」は、大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスが購入し、個性ある家を求めてガウディに改築を依頼した建物です。海をテーマにした外観は、濃淡のタイルやステンドグラスが施されとてもカラフル。石柱やバルコニーのデザインが人骨のように見えたことから、地元バルセロナの人々からは「骨の家」と呼ばれていました。

そんなカサ・バトリョもまた、2005年に「アントニ・ガウディの作品群」の一つとしてユネスコの世界遺産に登録されています。同じ通りにあるカサ・ミラとあわせて見学してみてくださいね。

3.カサ・ミラ

出典: tabiphoto/PIXTA(ピクスタ)

実業家ペレ・ミラの邸宅として1910年に建設された集合住宅「カサ・ミラ」。カサ・バトリョと同じ通りに建つ6階建ての建物で、ガウディが手がけた最後の完成作品として知られています。グエル公園、グエル邸と共に1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。

出典: モリゾ/PIXTA(ピクスタ)

実はこのカサ・ミラ、家賃がバルセロナ中心地とは思えないほど破格の安値なんです。現在もカサ・ミラには4世帯が住んでいるほか、建物の一部はガウディの建築に関する博物館として、住居部分と屋上は見学できるよう一般公開されています。屋上から眺めるバルセロナの夜景をお見逃しなく!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

バルセロナでおすすめの記事

バルセロナのアクセスランキング