まだまだ知らないことばかり!鳥取米子の観光スポット10選 

画像出典:Suzu / PIXTA(ピクスタ)

まだまだ知らないことばかり!鳥取米子の観光スポット10選 

山陰地方のほぼ中心に位置する鳥取県米子市。紀元前の時代から深い歴史を持ち、長く商業都市として発展してきました。街のあちらこちらに自然があふれ、四季折々の楽しみ方ができる米子は、年々陸路だけでなく、空路、海路からもアクセスしやすくなり、ますます注目を浴びている観光エリアです。

今回はそんな米子の魅力に迫ります。文化や歴史を巡る旅も良し、下町を散策し地元の人の人情に触れる旅も良し。あなたにも、きっと自分らしい米子が見つかるはずです!

目次

まだまだ知らないことばかり!鳥取米子の観光スポット10選 

目次を閉じる

1.長寿の神様へご挨拶「粟嶋神社」

標高38メートルの山全体が神山とされ、入り口から続く188段の長い階段がとても印象的な神社です。かつて粟嶋神社は、山ではなく湖に浮かぶ1つの小島だったとか。そのため粟嶋神社を含めた山全体が、昭和57年に鳥取県の天然記念物に認定されています。

山を覆う原始林は、はるか江戸時代から神が宿ると森と崇められています。西側の斜面には、大型化したツツジ科の植物「シャシャンボ」が咲き、それを目当てに訪れる人もいるほど。階段は少し大変ですが、長寿の御利益をいただくために、景色を楽しみながら登ってみて下さいね。中心部から車で10分ほどの距離なので、アクセスしやすいのもポイントです。

2.鳥たちの憩いの場「米子水鳥公園」

米子水鳥公園は、広さ約28ヘクタールを誇る水鳥の保護区で、コハクチョウの集団越冬地。周辺には野鳥が多く生息し、国内で確認された野鳥のうち約42%の種類が、こちらで観測されています。毎年100種類以上、最大約10,000羽の野鳥が確認され、野鳥ファンの間では非常に有名な観光スポットです。

園内では、夏はカイツブリやカルガモたちが子育てをし、冬には国の天然記念物であるマガン・ヒシクイ・オジロワシなど、珍しい鳥もたくさん飛んできますよ。訪れた際はぜひ探してみて下さいね。

3. 新しい米子を見つける旅「加茂川・中海遊覧船」

知らない街を歩いて散策するのも楽しいですが、たまには船に乗ってみてはいかがでしょうか?

中海遊覧船とは米子の下町を巡る観光遊覧船のこと。出発は旧加茂川から始まり、高さギリギリの天神橋はスリル満点!通りの町屋建築を眺めながらの遊覧は、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

中海へ出れば、そこはまた別世界。米子城跡や市街を眺めながら折り返すという盛りたくさんの観光エンターテイメントです。それに加えて船頭さんの話の上手なこと!40分の所要時間はあっという間で、もっと乗っていたくなってしまうかもしれませんね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

米子でおすすめの記事

米子のアクセスランキング