体験スポットがいっぱい!意外と知られていない香川のオススメ体験15選

香川と聞いてまず頭に浮かぶのが「讃岐うどん」という方も多いのではないでしょうか。コシがあって美味しい讃岐うどんを食べる目的で香川を訪れる方も多いでしょう。しかし、香川県は讃岐うどんを食べる以外にも、体験型の観光スポットが沢山あります。

子供から大人まで楽しめるリゾート、遊園地、プールなど体験型アクティビティのほか、花畑や史跡、寺社など散策しながら楽しめるエリアも充実。讃岐うどんを食べ終えたら、思いっきり遊べる体験スポットへ足を運びましょう。その中から、香川ならではの体験ができる観光スポットを15選ご紹介します。

[x] 閉じる

体験スポットがいっぱい!意外と知られていない香川のオススメ体験15選:目次

1.連泊でも楽しめる「レオマリゾート」

出典:commons.wikimedia.org

香川県にある遊園地、ニューレオマワールドはレオマリゾートの中にある、アトラクション以外にもいろいろ楽しめる施設が盛りだくさんの大人気観光スポット。

パスポートなしで異国を味わうことができる「オリエンタルトリップ」では、入場ゲート抜けると突然の異国の世界が見の前に広がります。忠実に再現された世界遺産を香川で楽しめて、散策しながら世界旅行気分が味わえますよ。

ニューレオマワールドで大人気なのが冬の時期に催される「レオマ光ワールド」。夜にはきらびやかな150万を超える電球のイルミネーションが園内中をライトアップし、ロマンティックな雰囲気を演出します。その美しさに感動を覚えるほどです。

反対に夏の楽しみはレオマリゾートのプール。波打つプールを中心に、遊具がいっぱい揃っていて、子供からカップルまで楽しめます。

2.うどんも良いけどフルーツも食べたい!「オレンジパーク」

オレンジパークは香川県高松市の五色台にあるリンゴ狩りやミカン狩りが体験できる観光農園。フルーツジュースや花の販売などもあり、自然と触れ合いながら、お腹いっぱいになるお勧めスポットです。

ミカンは愛媛だと思いがちですが、香川のミカンも甘くて美味。自分で選んだもぎたてフルーツを食べるのは格別の美味しさです。また、瀬戸大橋展望台などが付近にあり、景色も抜群。のんびりと広大な景色を眺めながら、一つ一つ自分なりに美味しそうな果物を選んでいく作業も楽しそうですね。

■リンゴ狩りの時期:開催期間:8月中頃~12月頃
■みかん狩りの時期:開催期間:10月中頃~12月頃

時期によっては、ミカン狩りとリンゴ狩りの両方があります。

3. トレーナー体験ができる「ドルフィンセンター」

香川県さぬき市のドルフィンセンターは、イルカと触れ合うことができる貴重なスポット。さぬき市は「讃岐うどん」で有名ですが、うどんだけでなくイルカも大人気なのです。

イルカセラピーという言葉があるほど、イルカは神秘的で不思議な魅力があり、一緒にいるだけで癒される存在。イルカの見学だけなら400円でできますが、せっかくこの施設を訪れたなら、一緒に泳いだりイルカに触れたりすることができる体験ツアーがお勧め。イルカたちと仲良くなりたい子供の夢を叶えてあげられる場所です。

トレーナーの体験も気軽にできるのが嬉しいポイント。ごく簡単なレクチャーを受け、何種類かのハンドサインを覚えて指示を出す練習をすれば、最後は自分のサインで華麗なジャンプをしてくれるという感動が待っています。

4.とびきりの夕日を独り占め「リゾートホテルオリビアン小豆島」

出典:ja.m.wikipedia.org

自然豊かな香川県小豆島にあるリゾート「ホテルオリビアン小豆島」は、夕日が綺麗な絶景スポット。日本夕陽百選にも選ばれた、とびきりの夕日を露天風呂から眺めることができるのが嬉しいですね。その美しさは、まさに感動もの!夕日が海に沈む瞬間まで、見惚れてしまいます。

16万平米という広大な敷地にはミニゴルフ場、テニスコートなど、スポーツ施設や愛犬家に嬉しいドッグランも備えているのでワンちゃんとの旅行にもピッタリのホテルです。レンタサイクルやテニスコート等の体験アクティビティも完備されているので、連泊しても退屈することはありません。海を見ながらのミニゴルフ、テニスは気分最高です。他にも卓球やバドミントンもあり、スポーツ施設が充実しています。

5. オリジナルガラス細工「エッチングガラス工房にのみやあ~と」

「エッチングガラス工房 にのみやあ~と」は、香川県三豊市にあるガラス細工体験スポット。こちらは、手作りのガラス製品を記念品やお祝いのギフトとして提案している工房で、赤ちゃんの記念手形や足形のプレート、とんぼ玉の手作りにこだわった作品を作成しています。販売の他にも、エッチングガラス細工やトンボ玉体験ができる嬉しいスポットです(エッチングガラス体験は5名様から、とんぼ玉体験は2名様から実施)。

エッチングガラスの製作では、研磨剤を高圧でガラスに吹きつけて傷をつけ、スリガラスの状態にする技法(サンドブラスト技法)を使ってグラスに文字や絵を彫刻していきます。

トンボ玉はガラスで作ったビーズのこと。手作りなので、同じものは一つとしてない自分だけのオリジナルが作れます。

香川を訪れた際は、記念に世界に一つだけのオリジナルとんぼ玉を作成する体験をしてみたはいかがでしょうか。

6.リズムに乗ってうどん作り「中野うどん学校」

讃岐うどんを作る体験ができる「中野うどん学校」。うどん作り体験は2名から受付けており、本場讃岐うどんのつくり方を職人が楽しく教えてくれます。

粉を練る工程から始まり、 麺棒を使ってのばし、茹でて、美味しく食べるまでの一連作業を約60分で伝授してくれますよ。自分で打って食べるうどんは格別!楽しく曲に乗せて生地をこねて、またまた曲に乗せて生地を踏むという一風変わったうどんの作り方が、これまたユニークです。

同じつくり方をしても、他人とは味もコシも異なるうどんができるのが不思議。200円プラスすれば、雑誌やTVでも話題になった「ミドリムシうどん」の体験することも可能です。

楽しく、美味しく、うどん作りが体験できる香川の一押しスポットです。

7. 三ツ星シェフも認めた「丸島醤油」

香川県小豆島の丸島醬油は、まだ健康ブームの前から、アレルギー体質の人でも使用できる安全な醤油作りを続けてきた醤油屋さん。今となっては、入手しにくい国産の高品質の小麦や丸大豆を独自ルートで入手しているため、質の高い醤油造りを続けています。

世界最大の規模で行われる食品国際見本市で丸島醤油が出店した際、フランスの三ツ星レストラン「アルページュ」にその醤油の味を認められ、納品することになった程。そんなフランスのシェフを唸らせたお醤油の工場見学体験ができます。

■工場見学日:平日のみ(土日・祝祭日はお休み)
■時間:9~11時、13~15時 ※工場見学は予約が必要

工場見学は、DVDで製造過程を紹介した後、実際に醬油つくりの作業を見学。終了時は粗品もいただけるのも嬉しいですね。

8. 落雁(らくがん)作り『和三盆体験ルーム「豆花」』

「豆花」は香川県高松駅から10分ほどバスで行ったところにある、隠れ家のような工房。
日本で数少ない木型を使って和菓子を作る体験ができる工房です。初めて和菓子を作るという人でも気軽に挑戦できますよ。

作り方は案外シンプルで、色付けした和三盆糖に水分を霧吹きで加えた後ふるいに掛け、沢山の中から選んだ木型へ詰め、コンと軽く叩いて取り出すだけ。これで落雁のでき上がり。

木型は、和菓子の繊細さを出すために、数多くの細かな模様が彫られていて、驚くほど多彩です。凹凸具合も計算され尽くしており、全てが手作業で彫られています。それはまさに芸術作品。型は定番の蓮の花や貝殻、コアラやうさぎなどの変わり種もあるので、自分好みの木型を選んで和三盆の上品な甘さが美味しい落雁を作ってみましょう(一人分は、4つの木型で12個程の落雁ができます)。

9.絶景を見ながら飲むワイン「 さぬきワイナリー」

出典:commons.wikimedia.org

香川県さぬき市にある「さぬきワイナリー」は、讃岐産のブドウ100%を使用した四国にある唯一のワイン工場です。

さぬき市の志度地区で採れるブドウと多度津町で採れるブドウだけを原料とし、それぞれの品種に最適な醸造方法で製造し、お手頃価格のワインを販売しています。こちらではワインを飲むだけではなく、ワイナリーの建物から景色を楽しむこともできます。島から眺める瀬戸内海は絶景です。

製造工程の見学ツアーは「ワインができるまで」を順を追って見ることができ、見学の後はワイナリーショップでワインを無料で試飲することができます。お子様にはみかん、ぶどう、りんごなどのジュースもありますのでご安心を。

10. 伝統の焼き物「神懸焼窯元 谷元商会」

神懸焼とは香川県小豆島の伝統ある焼物。谷元商会は神懸焼の購入のほか、陶芸が体験できる神懸焼窯元です。工房は陶芸独特の香りに包まれていて、まるで自分が陶芸家になったような気分で作品つくりに専念できます。

神懸焼という焼き物の名前はあまり聞いた事がないかもしれませんが、焼物愛好者にはとても人気。堅牢さと優美さとを兼ね備えた焼物として人気あり、全国の茶人に好んで使用されています。歴史も古く、伝統のある神懸焼を作れるのは貴重な体験になるでしょう。

作業時間は1時間~1時間40分ほど。料金は4名まで1万円ですので、家族みんなで体験してみてください。予約が必要ですので、お問合せのうえお出かけください。

11. 1368段の階段「金刀比羅宮」

香川県琴平町に鎮座し「こんぴらさん」の愛称で知られる「金刀比羅宮(ことひらぐう)」。この神社は長い1368段の石段でも有名な香川の観光スポットです。「ことでん 琴平駅」を降りて徒歩で5分ほどのところにある神社で、最近では、パワースポットとしても人気です。

参道口から御本宮まで785段、奥社まで1368段の石段があり、奥社にたどり着くと絶景に出会えます。書院や宝物館には第一級とされている文化財や美術品が並んでいて、一見の価値ありです。なお、本宮までの石段は785段と言いましたが、本当は786段。「786(なやむ)」になることを嫌い、途中で一段、下がる段を作っているとのだとか。

また年に一度「こんぴら石段マラソン」が行われているので、体力に自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

12.自分の好きなオリジナルオリーブオイルを作ろう「小豆島オリーブ園」

香川県小豆島にある小豆島オリーブ園には、日本で最古と言われる樹齢100年のオリーブ原木があります。園内には広大なオリーブの森があり、海を臨む日当りが良い高台から絶景を眺めることができます。高台にはギリシャ・ミコノス島にある風車を模して作った風車があり、まるで海外にいるような雰囲気を楽しめますよ。

また、自分でブレンドしたオンリーワンのオリーブオイルを作る体験ができます。小豆島観光の記念として、世界でたった一つのお土産を作ってみてはいかがでしょうか。旅行から帰っても、お料理をするたびに小豆島を思い出す素敵なお土産となると思います。また、物産館では高級オリーブオイルが買えるので、そちらもオススメです。

13. シーカヤックで洞窟探検「クアタラソさぬき津田」

香川県さぬき市にある「クアタラソさぬき津田」は、タラソテラピーの他にフィットネスも完備しているスパリゾートです。

スパでのんびりするのもいいですが、積極的に動きたいという方には、シーカヤックで洞窟探検がおすすめ。洞窟探検は、思い出に残る体験です。

シーカヤックで洞窟へと向かいますが、シーカヤックは意外と安定性が高く操作も簡単。パドルを使用して自由にこいでいくことができます。通常の船などでは近づけない岸壁や狭い岩場の間も通り抜けられるので、洞窟の中も楽々入ることができますよ。5才以上で参加可能。3日前までの予約が必要ですので、ご注意ください。

14. 体験コーナーからイルミネーションまで「国営讃岐まんのう公園」

出典:ja.wikipedia.org

香川県仲多度郡にある「国営讃岐まんのう公園」はアスレチック、ふわふわドームなど子供が喜ぶ遊具やサイクリングコース、芝生広場などがあり、体を思いっきり動かして遊ぶことができる国営の公園です。

健康ゾーンにある「ドラ夢ドーム」は屋根が付いているので雨の日も快適に楽しく遊べますよ。また、公園敷地内にドッグランがあるのでワンちゃんと一緒に旅行される方は嬉しいですね。そして広大な敷地の中には「まんのう竹風庵」という工房があり、そこでは陶芸教室やハーブ教室、他にも多くの工房があり、気分に合わせて様々な体験ができます。

冬であれば、まんのう公園のウインターイルミネーションが一見の価値あり。色とりどりのイルミネーションが幻想的でロマンティックな気分にさせてくれます。

15. 佃煮の工場見学「京宝亭」

佃煮販売処(有)京宝亭は、香川県小豆島にある佃煮製造のお店。小豆島の特産醤油を使い、北海道産の昆布や帆立、高知四万十川・伊勢志摩の瀬戸内ちりめん、海苔など、国内全土から質の良い原料を集め佃煮を作っています。

昔ながらの製法でじっくり炊き上げた佃煮は絶品。佃煮の他にもオリーブカレーや佃煮アイスクリームなど、一風変わったメニューもあり、メディアに何度も取り上げられています。アイスクリームは、昆布の煮汁とアイスの相性が抜群でビックリすることでしょう。

ここでは工場見学も行っており、工場内で佃煮作りの工程を見ることができます。工場見学の後は蔵売店では約30種類もの様々な佃煮の試食。お茶も無料でいただけますよ。

なお、工場見学体験は平日のみ。予約が必要ですのでご注意ください。

◎まとめ

うどんばかりがフューチャーされがちな香川県ですが、うどんグルメ以外にもいろいろな体験ができる観光スポットがいっぱいあります。うどんを食べて元気を蓄えたら、ここでしか得られない経験をしに四方八方へ足を伸ばして、最高の思い出を手に入れましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の香川行き格安航空券

香川でおすすめの記事

香川のアクセスランキング