長野県蓼科のおすすめ観光スポット20選!オールシーズン楽しもう

画像出典:wakamori / PIXTA(ピクスタ)

長野県蓼科のおすすめ観光スポット20選!オールシーズン楽しもう

GoToキャンペーンバナー

蓼科高原は長野県の中でも群を抜く観光スポットがいっぱいの観光エリア。蓼科高原の爽やかな気候で空気は清々しく、見渡せば八ヶ岳をはじめ日本アルプスの眺めが壮大です。多くの池や湖、滝などの観光スポットがあり、季節ごとに異なる趣の観光ができる場所。散策にアクティビティ、イベント、食、温泉に歴史、芸術と様々なジャンルの観光スポットが蓼科高原にはあります。長野県へ観光に行くなら蓼科高原へ行き、オールシーズンとことん観光が楽しめる蓼科を存分に遊びつくしましょう!

長野の人気ホテルはこちら

ストーリーズで見る蓼科のスポット

目次

長野県蓼科のおすすめ観光スポット20選!オールシーズン楽しもう

目次を閉じる

1.ビーナスライン

蓼科の高原ドライブに欠かせないのがビーナスライン。蓼科高原の玄関口・茅野市から上田市の美ヶ原まで、高原の素晴らしい絶景が連続します。とくに6月のレンゲツツジや7月から8月にかけて一斉に咲くニッコウキスゲの群落は見事!もちろん秋の紅葉もオススメです。蓼科高原の観光でドライブするのに絶好のルートですよ。

蓼科高原から白樺湖や車山高原、霧ヶ峰というまさに信州の最も美しい観光の風景が広がっています。また、霧ヶ峰と和田峠の間にある八島が原湿原も観光に良いですよ。八島が原湿原を通り過ぎて鷲が峰を越えると三峰茶屋のある展望台。ここで一休みして、車山や八ヶ岳、美ヶ原や浅間山の風景を堪能しましょう。蓼科を訪れたら、まずはビーナスラインのドライブからスタートです!

2.北八ヶ岳ロープウェイ

出典: Fuchsia / PIXTA(ピクスタ)

北八ヶ岳ロープウェイは蓼科高原の北部、八ヶ岳連峰の北横岳と縞枯山の間に架かる観光ロープウェイです。標高1771mの山麓駅から標高2237mの山頂駅まで、標高差466mを100人乗りのゴンドラで約7分。ぐんぐん上がりながら眺める景色は高度感もあってすばらしい大パノラマです。北アルプスや南アルプス、中央アルプスまで見渡せ、日本アルプスが全て見られるポイントとして蓼科高原の観光では外せません。

山頂には「坪庭自然園」という自然地形の庭園風の散策路があり、季節ごとの高山植物蓼科高原を訪れる観光の人々の目を楽しませてくれます。通年運行されているので、登山やハイキング、スキー・スノーボードで利用する人も多く、蓼科の観光の一番のオススメポイントです。

3.坪庭自然園

出典: sun / PIXTA(ピクスタ)

「坪庭自然園」は蓼科高原観光の中心である北八ヶ岳ロープウェイの山頂駅を降りた高所に広がり、自然地形を巡る観光の散策路です。

一周約30分でゆっくりと散策ができるので、蓼科高原の観光にオススメです。標高が2200m以上もあるので、坪庭自然園で見られる高山植物はどれも自然そのままの姿。八ヶ岳の噴火でできた溶岩がごろごろしているすり鉢状の地形に可憐な花が咲いています。

高山植物の咲く時期は5月から8月にかけて。種類ごとに咲く時期が異なるので、シーズン中に何度か観光で訪れても種類が異なる花たちが迎えてくれます。一番多くの花が咲くのは6月下旬から7月上旬。坪庭自然園を観光するなら、高山植物たちが最も生き生きと咲き誇るこの時期がおすすめです。 

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

茅野市でおすすめの記事

茅野市のアクセスランキング