千葉の最先端を行く柏の観光スポット20選。実は都心より便利かも?!

画像出典:CLOVER/PIXTA(ピクスタ)

千葉県の北西部に位置する柏市。別名「千葉の渋谷」とも呼ばれ、若者が集まる街として知られています。駅前にはデパートや商店街が充実。わざわざ都心へ出なくとも、流行のショッピングやグルメを楽しむことができる、まさに千葉県の穴場観光スポットなのです。

一方で、公園や自然も多く、子育てしやすい街としても注目を浴びているんですよ。なんと2012年には、千葉県内で住みたい街ナンバー1にも選ばれました。今回は、そんな素敵な柏市の魅力をぎゅっとまとめてご紹介していきます。

[x] 閉じる

千葉の最先端を行く柏の観光スポット20選。実は都心より便利かも?!:目次

1.あけぼの山農業公園

出典: genki/PIXTA(ピクスタ)

四季折々の草花に囲まれながら、様々な体験を楽しめる「あけぼの山農業公園」。柏市のシンボルでもある、風車で有名な観光スポットです。園内は、小さなお子様でも楽しめる屋内キッズスペースや芝生の広場、夏季限定のプールなど施設が充実。最近流行りの、手ぶらでバーベキューも体験できちゃいます。

加工実習館では、ちょっと珍しい体験イベントが目白押し!みそ作りや椎茸栽培など、他ではなかなかできない食育講座は特におすすめです。隣接するあけぼの山公園には、県内で唯一、本格的な茶室を備える柏泉亭があります。柏泉亭とその隣にある日本庭園は、紅葉の名所としても有名。

柏の自然を満喫できる、定番の観光スポット・あけぼの山農業公園。柏観光はここからいかがでしょうか?

2.手賀沼フィッシングセンター

千葉県の柏市と我孫子市にまたがる手賀沼。その柏市側にある観光スポットが、「手賀沼フィッシングセンター」です。レンタルの竿やエサの販売もあるので、初心者にもおすすめ。休日にもなると、柏市内外から訪れる観光客で賑わいます。

ここで釣れるのは、ニジマスやコイなどの淡水魚。釣った魚はすべて買い取りとなります。敷地内にはバーベキューエリアが完備されており、なんと、その場で焼いて頂くことができるんですよ!魚を捌くのはちょっと…という方も、有料でワタ抜きをしてもらえるのでご安心くださいね。

すぐ近くには、大型犬と小型犬用にそれぞれ分けられたドッグランも完備。わんちゃんと一緒の柏観光にはおすすめです。2017年には新しい施設もオープンし、ますます盛り上がりを見せています。

3.柏神社

JR柏駅から5分ほど歩くと、京都の八坂神社と山形の羽黒山神社の両神を祀る「柏神社」があります。創建は1688年。江戸時代に柏周辺で疫病が流行った際、スサノオノミコトを祀ったことから、厄除けの神様としても親しまれています。初詣や節分、七五三にもなると、たくさんの観光客で賑わうそうですよ。

特に節分は、周辺の商店街や町会をあげての一大イベント。ゲストを招いての豆まきは大盛りです。毎月行われる「手づくり ての市」では、地元・柏産の新鮮な野菜や果物、加工食品、アクセサリー、木工品などの手づくりグッズが並び、訪れる観光客を楽しませてくれます。

柏の人々を見守り、柏の人々に愛されてきた柏神社。駅からもすぐなので、ショッピングの合間の観光にもおすすめです。

4.柏の葉公園

出典: upload.wikimedia.org

大きな公園が多く、自然豊かな柏市。そんな柏市の中で、最大規模を誇るのが「柏の葉公園」です。敷地面積は、なんと東京ドーム約10個分!ありとあらゆる施設が充実しており、管理も行き届いていることからファミリーやカップル、わんちゃん連れなど、幅広い年齢層に人気があります。

Jリーグ柏レイソルのホームスタジオでもある「柏の葉総合競技場」や野球場、テニス場のほか、アスレチック、バーベキュー場、日本庭園、野外ステージと、とにかく何でも揃っていますよ。
園内には、授乳室やおむつ替えシートもいくつかあるので、赤ちゃんと一緒の観光でも安心ですね。

太陽を浴びながらのんびり過ごすも良し。お抹茶と和菓子を頂きながら日本庭園を眺めるも良し。家族みんなでリフレッシュしたい休日は、柏の葉公園で決まり!

5.セブンパークアリオ柏

2016年4月にオープンした「セブンパークアリオ柏」。ショッピングモール激戦区である柏市内で、今最も注目浴びているホットな観光スポットです。広大な敷地内には、最新の設備を備えた映画館や、子供が遊べる公園、人気の飲食店など約200店舗が集まっています。

晴れた日は野外にあるスマイルパークで遊んで、バーベキューを楽しみましょう。機材や道具、食材はすべてその場で調達できるのでとても便利。アリオ内で購入した食材を持ち込むこともできます。雨の日はラウンドワンスタジアムがおすすめ。小さいお子様向けのキッズスポッチャもあり親子3世代で楽しめちゃいます。

6.道の駅しょうなん

柏の魅力がぎゅっと詰まった「道の駅しょうなん」。手賀沼にかかる手賀大橋のたもと(柏市側)にあります。地元・柏で採れた新鮮な野菜や果物、お花などを購入することができる、農産物直売所が大人気。
手賀沼を眺めながら柏名物を頂けるレストラン「ヴィアッチオ」は外せませんよ!

数あるメニューの中でも観光客に人気なのが、ネギとほうれん草とカブを使ったソフトクリーム。どれも柏市を代表する農産物として知られていますが、ソフトクリームとなると全く味が想像ができませんよね。
販売時期は野菜の収穫状況によって異なるので、事前にホームページをチェックしておくと良いですよ。

7.手賀の丘公園

大きな恐竜の滑り台がシンボルの「手賀の丘公園」。自然林を活かしたこの公園の一番人気は、夏場のじゃぶじゃぶ池です。とにかく園内には自然がいっぱい!アスレチックをするにも、水遊びをするにも、まるで地方の山奥に観光に来ているかのような解放感が味わえちゃます。

木々が生い茂る敷地内は、森林浴にもおすすめですよ。親子3代揃っての柏観光にはもってこい!総合案内所である「どんぐりの家」は、図書コーナーや展示室、集会所も完備されているので、小さなお子様が一緒の方でも安心。家族みんなで柏の自然をお楽しみくださいね。

8.紅龍山東海寺

関東三大弁天の一つ「紅龍山東海寺(こうりゅうさんとうかいじ)」。地元・柏では「布施の弁天さま」と呼ばれ、たくさんの参拝客が訪れるパワースポットでもあります。

本尊は、弘法大師が作ったといわれる大弁財天。境内には、千葉県の有形文化財にしてされた建造物や、北極星の御化身とされている「妙見大菩薩」など、見どころたっぷりなんです。

ここでは御札代わりにゆで卵を頂けるんですよ。元々は、参拝客がお供えとして置いていったものだそうですが、その卵を祈祷したあとに茹でて、ご利益があるようにと配るそうです。頂けるのは毎月1日、15日、巳の日のみで108個限定。観光予定の方は日にちをお間違えなく!

9.エナジークライミングジム

近年人気のフリークライミング。最近では、屋内で手軽にできるボルダリングが人気ですよね。「エナジークライミングジム」では、初心者でも簡単にチャレンジできるスクールを完備。ボルダリングに必要なグッズもレンタルできるので、観光途中に飛び入り参加なんていうことも出来ちゃいます。

レッスンは10歳以上のお子様で、保護者の同伴があればどなたでも受講可能。経験者は、7歳から受け入れているそうです。バランス感覚や柔軟性、体幹、集中力を鍛えられるので、観光だけではなく習い事としてもおすすめですよ。

10.天然温泉みのりの湯

疲れた体を癒やすには温泉が一番!「天然温泉みのりの湯」は、温泉はもちろんのこと、岩盤浴やサウナ、ゲルマニウム温浴やエステといった、美容に良いサービスが充実した入浴施設です。

中でも、人工雪を利用して筋肉や血管を少しずつ冷やし、皮膚細胞を活性化させるという「スノースパ」は必見!スノーマシーンはまだ日本に数台しかないそうなので、試したことがない方はこの機会にぜひ。

館内にあるお食事処「かしわ亭」では、ほぼ毎日イベントやショーが行われています。劇団による本格的な演劇が人気で、これ目当てで訪れる観光客も多いそうですよ!団体での利用や、観覧席の事前予約も可能なので、仲間内との宴会にいかがですか?

11.廣幡八幡宮

柏市郊外にひっそりと佇む「廣幡八幡宮(ひろはたはちまんぐう)」。鳥居をくぐって、木々が生い茂る長い参道を抜けると、荘厳な社殿が姿を現します。ここには五柱の神様が祀られているため、それぞれのご利益にあやかろうと、毎日たくさんの観光客が訪れているんですよ。

聖母神である息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)は、子孫繁栄や安産・子宝にご利益があるとされています。そのため、安産祈願やお宮参り、七五三の参拝に来るファミリーが多いのだとか。長年の間、柏の女性や子供を見守り続けてきた廣幡八幡宮。初詣にもおすすめです。

12.ららぽーと柏の葉

柏の葉キャンパス駅直結のショッピングモール「ららぽーと柏の葉」。車でのアクセスも良いことから、休日には柏市内外からもたくさんの観光客が訪れ賑わいます。

2014年にオープンした北館は、お子様連れのファミリーに大人気!ベビー用品を扱う大型店舗や、遊び場完備のキッズカフェ、そして映画館や家電量販店など、大人も子供も喜ぶ施設が目白押しです。

休日にショッピングを楽しむのも良いですが、平日に開催されるカルチャーセンターの教室に参加してみるのもおすすめですよ!子供向けの絵画教室やから、プロジャズシンガーによるレッスンまで、幅広い年代にあった教室が揃っているのも魅力。新たな自分を発見できるかもしれませんね。

13.旧吉田家住宅歴史公園

柏市の歴史を学びたい方は、「旧吉田家住宅歴史公園」へどうぞ!ここは、江戸時代の豪農・吉田家が建てた、茅葺屋根のお屋敷です。広い敷地内には、主屋のほか、書院や蔵、庭園などがとてもきれいな状態で保存されており、それらは国の重要文化財にも指定されています。

当時の生活ぶりを思わせる展示物や建造物も良いですが、趣ある庭園は外せませんよ。桜の季節は特に美しく、歴史的建造物とのコラボは必見です!

敷地内にあるカフェでは、かつて吉田家が製造していた醤油にちなんで、醤油蜜がかかったかき氷が頂けるんだとか。いつもとはちょっと違った、柏市の歴史を巡る観光。
たまには、こんなのもいかがですか?

14.柏しょうなんゆめファーム

アウトドア施設が充実している柏市。「柏しょうなんゆめファーム」も忘れてはいけません。ここには、どこよりもスリリングなアスレチック「スカイアドベンチャー」がありますよ。参加資格は小学生以上で、かつ身長110cm以上(小学生は保護者の同伴必須)。安全確保のためハーネスを装着します

。コースの最後に待ち構えているのは、大人でも足がすくんでしまいそうな谷越え「スカイスライダー」!とにかくスリル満点のアトラクションは、誰もが童心に帰ってワクワク体験ができちゃいます。施設内には、スケートボード専用エリアやバーベキュー場も完備していますよ。

15.リフレッシュプラザ柏

出典: upload.wikimedia.org

2006年に誕生した柏の憩いの場「リフレッシュプラザ柏」。温水プールやスパ、トレーニングジムを一年中リーズナブルなお値段で楽しめる、観光スポットです。スタジオやプールを利用した各種教室が充実!アクアビクスやヨガなど、どれも本格的なものばかりです。

体力の衰えが気になる方は、パーソナルトレーニングなんていかがでしょうか?カウンセリングをしっかり行った上で、体調や体力を考慮してプログラムを組んでもらえるので、きっと自分のぴったりのトレーニング方法が見つかりますよ。サウナやスパで汗を流せば、リフレッシュ効果はバッチリでしょう。

16.南増尾小鳥の森緑地

住宅街の中でバードウォッチング!これぞ自然豊かな柏ならではの観光ですよね。「南増尾小鳥の森緑地」は、住宅街に広がる約7500平米の雑木林。この敷地内で、オナガやメジロ、モズなど、柏に生息する野鳥を観察することができるのです。

歩道や観察塀もしっかり整備されているので、小さなお子様と一緒の観光でも安心!どなたでも気軽に利用できるのもうれしいですね。ただ一つ難点が。住宅街にあるため、駅からのアクセスが不便です。公共交通機関をご利用の場合は、南柏駅から東武バスを利用しましょう。

17.かしわインフォメーションセンター

柏のことなら、「かしわインフォメーションセンター」にお任せください!生活に関することから観光のこと、困ったことなど、柏市民スタッフが何でも対応してくれます。とにかく柏観光初心者は、まずここに立ち寄れば間違いないでしょう。

おすすめのランチスポットを紹介したマップや、柏市内で開催されるイベントカレンダーなんかもありますよ。雨の日には、柏市のご当地キャラ「カシワニ」がプリントされた、可愛い傘の貸し出しサービスもあるんだとか。まさに至れり尽くせりですね。

18.柏プラネタリウム

地元・柏の方にもあまり知られていない、素敵な観光スポット「柏プラネタリウム」。関東一小さなプラネタリウムは、柏市立図書館の2階にあります。アットホームな雰囲気は、小さなお子様のプラネタリウムデビューにもおすすめですよ。

ボランティアスタッフが作り上げた投影番組は、どれも温かく、子供も大人も楽しめるようにとの工夫が凝らされています。宇宙に関するアート作品の展示や音楽ライブとのコラボなど、珍しいイベントが目白押し!投影内容は月毎に変わるので、何度来ても楽しめるのも魅力です。

19.手賀沼花火大会

柏市の夏の一大イベントといえば「手賀沼花火大会」。柏市と我孫子市が合同で開催する、千葉県最大級の花火大会です。手賀沼の湖上に咲く水中花火や、子供も大好きキャラクター花火は、見応え充分。市をまたいでいるので、それぞれ異なる会場で異なる楽しみ方ができるのも魅力です。

花火大会ならではの屋台を楽しみたい方は、我孫子市側にある「手賀沼公園会場」がおすすめですよ。ここは最も混雑する会場なので覚悟必須。お子様連れは特に注意しましょう。

のんびり鑑賞したい方は、ショッピングモールの屋上駐車場が良いですよ。トイレに行きたい!お腹が空いた!そんなことにも即対応できちゃうので、ファミリーにはぴったりですね。

20.キャンドルスタジオ花織工房

「キャンドルスタジオ花織工房」は、柏を拠点に展開するキャンドル教室。初心者向けのワークショップから、インストラクターを目指す方向けの育成コース、出張講座と幅広く活動しています。ワークショップは、小学生以上であれば誰でも参加できるので、お子様と一緒の観光にはぴったりですね。

中でも、スイーツモチーフの可愛いキャンドルは、子供たちにとても人気があるそうですよ。アロマが香る癒し系キャンドルや、季節のイベントにちなんだ限定キャンドルなど、あなた好みの一品が見つかること間違いなし!柏で、オリジナルキャンドル作りを体験しませんか?

◎まとめ

駅前の繁華街や自然豊かな公園、ショッピングモールはわりと有名なので、すでにご存知の方も多かったのではないでしょうか。とても便利で住みやすい街だということは、言うまでもありませんよね。一方で、あまり知られていなかった歴史ある社寺や史跡もあり、柏に対するイメージが変わったという方も多いはず。これを機に、柏の歴史をちょっと覗いてみるのも良いかもしれませんね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

柏でおすすめの記事

柏のアクセスランキング