セレブ気分で芦屋観光を楽しんじゃおう!芦屋探索14のポイントをご紹介

画像出典:M.F.S. / PIXTA(ピクスタ)

セレブ気分で芦屋観光を楽しんじゃおう!芦屋探索14のポイントをご紹介

「芦屋」といえば、兵庫きっての高級住宅街。誰もがテレビ等で耳にしたことがあるセレブの街としても知られています。兵庫県民からも「いつかこんな場所に住んでみたい」という憧れの場所。豪邸があるのはもちろん、街並みがハイソで日本にもこんな場所があったなんて!と驚く人が多い芦屋。そんな芦屋を観光で訪れて、優雅な気分を楽しんでみませんか。イメージ通りの素敵なレストランやカフェ、スイーツ店で美味しいグルメを満喫してみましょう。

また、芦屋は意外にも祭りやイベントが盛んで、花火大会も開催。川や滝、山登りなど自然にふれ、景観や絶景を楽しる観光スポットもあるんですよ。そんな芦屋を探索する14ポイントをご紹介したいと思います。

目次

[x] 閉じる

セレブ気分で芦屋観光を楽しんじゃおう!芦屋探索14のポイントをご紹介

1.ヨドコウ迎賓館

出典: ja.wikipedia.org

「ヨドコウ迎賓館」は、20世紀最高の建築家といわれるフランク・ロイド・ライト氏が設計した建物で、大正時代に建てられた国指定重要文化財。もともとは灘の酒造家である山邑(やまむら)家の別邸として建築され、戦後は進駐軍の社交場としても活用されました。その後、情勢が落ち着いてからは淀川製鋼所が所有し、1989年から一般公開。2016年11月から約2年の予定で工事が行われており、現在は閉館しています。

コンクリートと大谷石(おおやいし)を中心に、木目が気にならないマホガニーを使用するというこだわりと、重厚で落ち着いたデザインが特徴。。奥まったところにある玄関、暖炉、和室をはじめ、随所に散りばめられた凝った設計が見どころです。

1992年にフランク・ロイド・ライトがアメリカに帰国したため、実際の建築は遠藤新と南信が携わっていたといわれています。遠藤新と南信といえば、帝国ホテルの建設でもなじみの2人。一般公開が再開されるのが待ち遠しいですが、外観は見られるので散策がてらぜひ立ち寄ってみてください。

※2017年8月の情報です。

2.芦屋川河畔

出典: M.F.S. / PIXTA(ピクスタ)

「芦屋川河畔」は、時間があればぜひ立ち寄ってほしい芦屋の観光スポット。ここはなんといっても四季を楽しむのに最適で、芦屋の人にも馴染み深い場所です。河畔の桜がとても綺麗で、芦屋さくらまつりの開催に合わせて芦屋入りするのもおすすめ。

周辺にはおしゃれなカフェやスイーツのお店、雑貨店などが点在しています。このあたりはレトロな建物が多いことでも有名であり、芦屋の中でも美しい街並みです。阪急芦屋川・JR芦屋・阪神芦屋の3線が利用できてアクセスも抜群。川沿いには、旧芦屋警察やカトリック芦屋教会もあります。

3.高座の滝

出典: www.flickr.com

阪急芦屋川駅から歩いて30分ほどの場所にある「高座の滝」は、芦屋川の支流にある落差約10mの滝。昔は修行場だったことから、すぐそばに護摩堂が建っています。六甲山や芦屋ロックガーデンに行く人の通り道で、ハイキングを楽しむ観光客の憩いの場。売店や自動販売機もあります。

紅葉の見頃は例年11月末頃。普段ウォーキングする機会がない人でも、紅葉シーズンに高座の滝を見つつロックガーデンを目指すのも良いですね。高座の滝は立派というイメージではありませんが、人々を癒してくれる滝です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

芦屋でおすすめの記事

芦屋のアクセスランキング